させぼ弁de名セリフ♡ 「鬼滅の刃」編

させぼ弁de名セリフ♡「鬼滅の刃」

数々のドラマや映画が生まれてくるこの世界。

泣ける恋愛ストーリーもあれば笑えるコメディーなど多種多様。

時代によって背景も変わってくる物語たち、素晴らしいと思いませんか!

くぅ~!

ということで、私たちの生活を彩ってくれるようなあんなドラマやそんな映画たちの名シーン、名セリフを集めて「させぼ弁にしてみようで」というコーナーを作ってみました!

あの名シーンがさせぼ弁で今、蘇る・・・

鬼滅の刃

この作品名を聞かない日はないんじゃないでしょうか?

そんな大人気アニメ「鬼滅の刃」をさせぼ弁に変換したいと思います!

・・・といっても実は詳しくない私。だけどそんな詳しくない私でも「あ!知ってる!」というセリフがたくさんありました!

今回はネットで勉強をしつつ、私の心に響いたセリフをご紹介。

絞り切れず2つになっちゃいました・・・えへ

1つ目はTVアニメ26話「新たなる任務」に出てくるセリフ。自分で物事を決められない“カナヲ”がコイントスで物事を決めていることを知った主人公“炭治郎”がとある賭けをしたシーン。

まずは元のセリフをどうぞ♡

 

「頑張れ!!人は心が原動力だから心はどこまでも強くなれる!!」

 

まっすぐで熱い言葉が胸に来ますよね・・・。心が原動力ということをストレートに言えるなんてさすが炭治郎!

この熱くてまっすぐなセリフをさせぼ弁にしてみると・・・

 

変換中…

 

「頑張れ!!人は心が原動力やけん心はどこまでも強ぉなれる!!」

 

この時炭治郎は、コイントスで表が出ればカナヲが心のままに生きるという賭けをしていたんです。そして見事表が出た!!

させぼ弁でまっすぐ笑顔でこう言われたら強くなろう!と思っちゃいますよね。

2つ目はTVアニメ11話「鼓の屋敷」に出てくるセリフ。鬼と対峙してるものの、炭治郎は負っていた怪我が完治していません。痛い。

そんなときの炭治郎の心の中のセリフがこちら。

 

「俺は長男だから我慢できたけど 次男だったら我慢できなかった。」

 

これは聞いたことがあるセリフでした。アニメではシリアスなシーンですがマンガでは少しかわいく描かれているそう。

そんなセリフをさせぼ弁にしてみると・・・

 

変換中…

 

「俺は長男やけん我慢できたけど、次男やったら我慢できんかった。」

 

不思議と「分かる~!」と共感するセリフがさせぼ弁に変わることでさらに「分かる~!!!」となります。

なんでしょうか、長男、長女っていう立場がなかったら簡単にくじけそうになるだろうな・・・ってなるのが共感できるといいますか・・・

これさせぼ弁に変換したらほぼほぼ自分の気持ちがそのまま形になったような錯覚に陥りますね!

さて、7回目の「させぼ弁de名セリフ♡」、いかがでしたでしょうか?

私はやっぱりセリフをさせぼ弁に変えるのは楽しいなあと改めて思いました。距離感が変わって楽しいですね!
アニメの主人公もこんなに近く感じるんですね~

ここまで読んでくださってありがとうございました!
次回もお楽しみに~♡

教えてくださいな!

このドラマ、映画のシーンもさせぼ弁に変えてほしい~って人はぜひぜひぜひぜひ教えてください!!

「このドラマ映画のセリフもさせぼ弁に変えて紹介して~」ってのがあったら、こちらから教えてね〜!

いろいろやってるよ!

もはや皆さんにお届けするというよりさせぼ通信が楽しくなっているさせぼ弁記事。
暇つぶしにでも読んでみてね~!

クスッと笑えるさせぼ弁講座!この言葉、分かるかな?【きびる】

2021.02.10

させぼ弁de名セリフ♡ 「時をかける少女」編

2021.01.31

させぼ弁de名セリフ♡ 「崖の上のポニョ」編

2020.11.09

させぼ弁de名セリフ♡ 「逃げるは恥だが役に立つ」編

2020.09.19

WRITERこの記事をかいた人

あいか

音楽とライブと文章を書くことが好きです。いつでも好きなものを探すセンサーを張ってる人間です。