2

【大人の休日】カワハギの肝醤油を食べたい!だから釣りにいく!

カワハギタイトル

数々の刺身愛好家たち・美食家を唸らせたカワハギの肝醤油。

ひろたっきも食べたい!ということで釣りに行ってきましたヨ!

カワハギの肝醤油

みなさん、こんにちは!させぼ通信の釣りの人・ひろたっきです!

突然ですが、みなさんはカワハギの肝醤油をご存知ですか?

カワハギは「身はフグ」と言われるほど美味しくて、その身を「肝はあん肝」と言われるほど濃厚なカワハギの肝を溶かした醤油で食べるアレです。

某釣りYouTuberを見ていたら、そのあまりの美味さに泣きながら食べていました。

ひろたっき、肝醤油は未体験です。でも泣くほど美味いなら食べてみたい。

ただお店で食べるとやっぱり高価。というかなかなかお店でもお目にかかれないほどレアです。

じゃあどうするの。そう、自分で釣ればいいんです!天才かよ。

ということで、ある休日に釣り道具を持って家を飛び出して釣りに行ってきました。

記憶を頼りに松浦へ

カワハギは狙って釣ったことはありませんが、何度か偶然釣れたことがあります。

その記憶を頼りに以前釣れた松浦市の波止場まで来ました。

道中でエサと仕掛けを買った釣具屋で情報収集したところ、「ここなら釣れる」とのことで期待に胸をふくらませて釣り始めます。

esaasari

今回のエサはアサリ

カワハギ用の仕掛けにエサのアサリをつけて足元へ落とします。
そして底まで沈めるやいなや魚たちがちゅんちゅんエサをついばむ感触が伝わります。

そのちゅんちゅんの中、強めのアタリを待ちます。しかししばらく待つとピタッと反応が無くなります。

「?」と思い上げてみるとエサがない。すべて取られたようです。
エサが無くなると、その瞬間からまったく反応がなくなります。わかりやすいですね。

カワハギは「エサ取り名人」と言われるほど、針にかからずにエサだけを持っていくのが上手い魚です。
あのカワハギ特有のおちょぼ口でエサを針から取っていくわけです。

なかなか針に魚がかからず、たまに何かが釣れても上げてみると狙いと違う魚のオンパレード。

nenbutsudai

ハズレその1。ネンブツダイ。通称キンギョ。10cmくらい。

hazurenobera

ハズレその2。ベラ。この日ベラだけで10匹以上釣れました。

arakabuchan

ハズレその3。あらかぶ。みそ汁に唐揚げに、美味しいんですけどね。小さかったので全部逃がしました。

beraarakabutag

ベラとあらかぶダブルで釣れたり。仲良しかよ

エサを落とせばすぐに反応があるのはいいのですが、あまりにもすぐに食われるので、ひっきりなしにエサをつける作業をしている感覚になってきます。

だいぶ心が折れかけてきました。

あまりの美味さに涙するはずが、絶望の涙が出そうです。

ついに釣れた

釣り始めて2時間超。釣れない時間とエサの臭いがついた自分の手にイヤになりながら、もはやエサを使いきる為だけに釣りを続けているような状態。魚にエサ配りおじさん。

するとエサも残り少なくなってきたときに強いアタリが!

「どうせまたベラかあらかぶだろ」とイジケながら上げてみると、なんと上がってきたのはカワハギ!

umazurhagi

あまりの嬉しさにピントが背景に。

狙ってた本カワハギとは違う種類のウマヅラハギという種類ですが、いい!全然いい!

そして続けざまにヒット!上がったのは大本命・本カワハギ!

kawahagi

大本命・カワハギ。ツノがかわいい。

すこし小ぶりで肝もそこまで大きくなさそうですが構うもんかっ!離さないっ!

その後はまたぱったりと釣れなくなりエサも尽きて終了。この2匹で肝醤油を作ります!

憧れの肝醤油く

さっそく帰ってカワハギを捌きます。

カワハギは名前の通り簡単に皮が剥げるので、べりべりと手で皮を剥ぎ、肝を取り出します。

kawahagikimo

肝。ピンク色した茶碗蒸しのような見た目。

肝は熱湯に10秒ほどくぐらせ、お湯から出したら火が通りすぎないように氷水へドボン。
水気を切って、摺り鉢で摺ります。
そこに醤油としょうがを摺って入れれば肝醤油の完成でーす。

kimojouyu

すでにしょうがのいい匂いが。

さすがに2匹分の肝だと少量しか出来ませんでしたが、身も少量なのでヨシ!

あとは身を刺身にして、ついでにカワハギ釣りと同時にしていた釣りのエサ用に仕入れたアジも刺身にしていただきます。

sasimimori

左がカワハギ、右がアジ。刺身の切り方のクオリティはちょっとそっとしておいてください。伸びしろですね。

ちなみに捌く際に胃袋を確認するとアサリでいっぱいでした。やっぱりエサ取ってたのはおまえやったんか!

ではでは、さっそくカワハギの刺身に、肝醤油をつけてパクっと。

うわー!うまーーい!!

なんてこった。美味すぎる。
おもわず第3のビールを開けるひろたっき。こりゃたまらん。

肝って要は内臓なので多少生臭いのかなとも思ってましたが全然臭くありません。
味のクセや苦みもなく、濃厚でクリーミーな味わい。

身をよじるほど、そして思わず唸るほど美味い。

ついでのアジも美味いし、なんなんだ。幸せかよ。ビールぐびぐび。

アジも肝醤油つけたりして。

なんて存分に楽しんでいるとアッという間にすべて平らげ、ビールも空け、ほろ酔いの頭で思ったことは「また食べたい」ということ。

カワハギは本来は夏が旬ですが、寒くなる冬は肝が大きくなるそうで、これからカワハギ狙い、いや「肝狙い」のベストシーズンです。

この冬もう1回くらい狙いに行ってみようかな、と思うひろたっきなのでした。

関連記事

▼これがプロの技

下京町の『雑魚屋』ランチで九州の地魚を食べる!

2020.11.08

海鮮居酒屋こじろうの海鮮丼ランチ!

2020.09.14
▼これがわしの釣り

釣り好きライターがいく!~タコ釣りin大村湾編

2020.10.28

釣り好きライターがいく!~親子フィッシングin相浦川編~

2020.08.27


WRITERこの記事をかいた人

趣味は釣り。苦手なことは釣り。釣りを愛し釣りに愛されない男。釣りの帰りに魚を買う買い物上手。