連載小説 須佐の杜ラプソディ|第二十話「知佳と貞英」

第二十話「知佳と貞英」

鬼の形相の弁財天に問いかけられた牛魔王は、四天王に取り囲まれたまま、不気味な笑みを浮かべている。

津上は牛魔王のその牛のような姿を見つめながら、状況の把握に努めていた。

多聞天は自分のことを恵岸と呼んだ。

自分はいったい何者なんだ。

妹の知佳も、貞英という名で呼ばれていた。

妹はいったい何処にいるのだろう。

津上は混乱する頭の中を整理する。

牛魔王は、一瞬、弁財天を睨みつけると、大声で話し出した。

「もうすぐ、斉天大聖が目を覚ます。その時にその指輪がこちら側の手にあれば、ことがスムーズに進むと思ってな」

「孫悟空が目を覚ます?阿弥陀如来様の封印が、そう簡単に解けるとでも思っているのですか?」

弁財天は鬼の形相のまま、牛魔王に疑問を投げかける。

弁財天の迫力ある声に、津上は思わず唾液を飲み込んだ。

「我々は、斉天大聖の封印を解くための方法を人間界で手に入れた。今さら慌てても、もう手遅れだ」

牛魔王の笑い声が、部屋中に響き渡る。

その瞬間、四天王が一斉に腰に差していた刀を手に取った。

「ふん、もはやこの天界には用はない。その指輪は、いずれ我々が必ず手に入れてみせる」

牛魔王の姿があっという間に残像となり消えていく。

弁財天は四天王とそれぞれ目を合わせると、津上の方へと顔を向けた。

「これで、邪悪な侵入者は消え去りました。津上殿、ゆっくりとこの神殿で行われる式典をお楽しみ下され」

「あの、それよりも、妹はどうなりましたか?ちゃんと、無事に保護されているのでしょうか?」

津上の言葉に、多聞天が部屋の襖を指さす。

津上は、思わず襖の方へ視線を向けた。

す~っという襖の開く音とともに、女性の姿が現れる。

そこに、妹の津上知佳が立っていた。

「知佳、無事だったか?」

思わず駆け寄ろうとする津上を、多聞天が制するように両手を広げた。

「ならぬ。貞英は今から大切な用事がある」

「貞英って何ですか?そこにいるのは知佳でしょう」

津上は、思わず声を荒げる。

知佳は、にっこり微笑みながら、津上に話しかけた。

「お兄ちゃん、まだ思い出せないのね。私は先に行きます。お兄ちゃんも頑張ってね」

つづく

 

次回のお話

連載小説 須佐の杜ラプソディ|第二十一話「助っ人あらわる」

2019.08.18
 

五月のマリア Kindle版
西洋文化の漂う、坂の街、長崎市。余命三ヶ月と宣告された秋山は、偶然訪れた神社で、「龍神の姿を見た」と語る女性と出会う。
片や1980年代、高度成長著しいバブル絶頂の大分市。中学二年生の卓也は、仲間たちに囲まれ、楽しい学校生活を過ごしていた。そんなある日、彼は幼馴染の部屋で衝撃的な場面を覗き見ることになる。
二つの物語が重なり合う時、この物語は驚愕のラストを迎える。

やまの みき (著)