連載小説 須佐の杜ラプソディ|第十九話「牛魔王」

第十九話「牛魔王」

神殿の中にある広い部屋に通された津上は、安倍晴明とともに弁財天と呼ばれる女性と会話中、騒動に巻き込まれてしまう。

突然、四天王と呼ばれる大男四人が、部屋に入ってきたのだ。

津上は多聞天に恵岸と呼ばれ困惑な表情を浮かべる。

その瞬間、四天王が晴明の周りを取り囲んだ。

「これは、これは。この晴明に、なにか御用でもおありですか」

声明は真っ赤な唇を斜め上に吊り上げる。

二人を神殿まで案内してくれた増長天が、髪を逆立てながら声を荒げた。

「よくもこの俺を騙してくれたな。貴様の正体は、すでにバレておるわ」

「ほう。左様でございますか。では、仕方ありませんね」

晴明は微笑んだまま、大きく息を吸いこみながら口もとに手を添える。

晴明の奇麗に整った顔やスマートな体形が、みるみる風船のように膨らみ始めた。

津上は驚き、思わず目を丸くして息をのみこむ。

対面に座っていたはずの弁財天が、いつの間にか、津上を守るよかのように隣に移動していた。

「やっと姿を現したな、牛魔王」

多聞天の声に、びっしりと顎に立派な髭を生やした男が、大声を出して笑いだす。

その姿は、先ほどまでの美しい男性とはほど遠い、水牛のような大男だった。

「上手いこと神殿まで乗り込んできたものを。もはや、ここまでか」

牛魔王と呼ばれた大男は、大声で笑いだす。

弁財天が落ち着きはらった声で、牛魔王に話しかけた。

「あら、上手いことですって? 私、初めから気がついておりましたけど。本物の安倍晴明は、こんな牛臭い体臭はしておりませんから」

「貴様、言わせておけば」

牛魔王の顔が、怒りの表情に変わっていく。

弁財天は、面白そうにくすくすと笑いながら、右手を差し出した。

「あなたが探していたのは、この指輪でしょう」

「あっ、それは・・・」

牛魔王の目が光る。

弁財天は、金色に輝くハート形の指輪を白い指でつまみ上げた。

「この指は多聞天の娘、貞英が、天帝の命を受け下界にて守っておりました。我々は、そなたら孫悟空の一味がこの指輪を狙っているとの情報を察知し、事前に貞英からこの指輪を回収していたのです。貴方たちは、いったい何を企んでいるのです?」

弁財天の声色が変わる。

その顔は、鬼の形相に変わっていた。

つづく

 

次回のお話

連載小説 須佐の杜ラプソディ|第二十話「知佳と貞英」

2019.07.28
 

五月のマリア Kindle版
西洋文化の漂う、坂の街、長崎市。余命三ヶ月と宣告された秋山は、偶然訪れた神社で、「龍神の姿を見た」と語る女性と出会う。
片や1980年代、高度成長著しいバブル絶頂の大分市。中学二年生の卓也は、仲間たちに囲まれ、楽しい学校生活を過ごしていた。そんなある日、彼は幼馴染の部屋で衝撃的な場面を覗き見ることになる。
二つの物語が重なり合う時、この物語は驚愕のラストを迎える。

やまの みき (著)