地震が起きた際、やるべきコトや注意事項まとめ

佐世保で地震発生時の対処・注意として、参考までに!

 

水を貯める

なんでもいいですから出来る限り水を貯めましょう。
飲料用ではなく、こちらはトイレ用です。
トイレは大事ですからね!ホントに!

 

屋内でも靴を履く

今日のように、夜中に地震が起こるケースは1/2なわけです。
地震により、食器やガラスが落下した破片で、重要な足を怪我をしないためにも、室内でも靴は履いておいたがよさそうです。

 

メガネは必須

視力が悪い方は、メガネは必須です!
落下などによりメガネが割れたり使えなかったりで、苦労される方も多かったようです。
視界が悪くなると、避難する際もとても危険ですからね。
予備のメガネなどの準備もしておいてもよさそうですね!

 

通電火災を防ぐ

地震による停電で、電気が復旧したときに電気製品が再び作動し、これが火元となって起こるのが、通電火災です。
阪神淡路大震災(兵庫県南部地震)では、建物火災の6割が通電火災によるものだったので、家を離れる際はブレーカーを落とすということを忘れずに。

 

退避方法は状況による

地震が起きたらまず机の下に!三角スポットに!なんて言われていますが絶対大丈夫なんてコトありえませんからね!それしか方法がない場合、ほかに避難する余裕がない場合などは有効のようですが…。
重要なのは転倒落下物の少ない閉じ込められない場所に避難するコトです。
建物、場所、状況によって、退避方法は変わるってのを!

 

階段の利用は危険

階段利用はとても危険。
階段は建物とずれて揺れ、階段と建物の壁が何度もぶつかり合うような形になります。
そのため、大抵の場合、階段は倒壊するようですね!

 

激しい余震と緩んだ地盤に注意

この後も引き続き、激しい揺れを伴う余震が起こる可能性があるといいます。
特に揺れの強かった地域では、地盤が緩んで、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっています。
崩れたりしている家屋や斜面のそばには近づかないようにしましょうね。

 

不急な電話は避けましょう

災害時は、通話の集中や通信設備の被災により、電話がつながりにくくなります。
このようなときは、消防・警察などへの連絡を優先させるため、地震があった地域に対しては、なるべく電話は控えるようにしましょう。
災害用伝言ダイヤル (171)等の利用を。

 

佐世保市の避難所開設

4月16日(土) 避難所として開設。
4月17日(日) 閉鎖されています。
詳しくは下記、防災危機管理局へ。

大野地区公民館 [地図]

  • 住所:佐世保市田原町13-29
  • 電話:0956-49-6589

中部地区公民館 [地図]

  • 住所:佐世保市光月町6-17
  • 電話:0956-25-2360

早岐地区公民館 [地図]

  • 住所:佐世保市早岐1丁目6-38
  • 電話:0956-38-0336

 

佐世保市災害警戒本部:防災危機管理局

WRITERこの記事をかいた人

アンニュイの中に感じる鋭のほうです。 冬も半ズボンは僕か勝俣さんかとよく言われますが、どちらも正解です。 ちなみに勝俣さんは300本ほど所有しているとかいないとか。