連載小説 須佐の杜ラプソディ|第二十三話「指輪リターン」

第二十三話「指輪リターン」

「大島署長が失踪した?」

古賀警部補が驚きの声を上げる。

探偵の町田は、秋山の顔を見つめながら眉をひそめた。

「そうです。先ほど烏帽子岳署に連絡してみたんですが、この一か月間、彼は病気療養の理由で休暇をとっています」

「いや、しかしそれだけじゃ、失踪したことにはならないでしょう」

「本人と、この三週間連絡がついてないとのことです」

秋山の言葉に、古賀は口ごもる。町田が五反田刑事の方へ目を向けた。

「五反田さん、貴女はどう思います」

「えっ、私ですか?」

突然、話をふられた五反田は、驚いたように目を丸くする。

隣に立っていた秋山が、話に割って入った。

「ヒロさん、彼がキーマンでしょうね。何かしらこの事件の解決の鍵を握る人物だと思われます。でもね、多分この世にはもういませんよ」

「なぜ、そう思うの?すでに何者かに消されてるとでも?」「いや、そうではなくて、彼が自主的に姿を消したんじゃないかと思っています」

「自主的に姿を消した?」

町田は不思議そうに秋山に問いかける。

秋山の優しそうな目が、一瞬だけ鋭くなった。

「そうです。自主的に姿を消してますね。彼の住んでいたマンションはもぬけの殻でした」

「逃げたのか」

古賀警部補が、悔しそうに舌打ちを打つ。

秋山の隣で目を丸く見開いていた五反田が、突然、鳥居の方へ視線を向けた。

変な着物を着た老人が、朱色に塗られた鳥居をくぐり須佐神社の境内を歩いている。

老人は、四人が立ち話している、駐車場までゆっくりと歩を進めた。

「ここにおったか、秋山警部補」

老人は四人の前で立ち止まると、秋山に向かって声をかけた。

「どちら様です?」

秋山は、首をかしげる。老人は、微笑みながら右手を差し出した。

「警察が、これを探しとると耳にしてな」

四人の視線が、一斉に老人の手のひらに向けられる。

古賀警部補が、思わず割って入った。

「その指輪は・・・」

「そう、さっきあんたの目の前で消えてしまった指輪じゃよ」

「どうしてそれを?」

「あんた方二人には、この指輪はちと荷が重そうだったので、秋山警部補に託すことにした」

老人は人懐っこく笑みを浮かべ秋山に指輪を手渡す。

ハート形の指輪が、太陽の光を浴びて金色に光った。

「この指輪、もう消えたりしないでしょうね」

秋山は、面白そうに老人に話しかける。

老人は大きくうなずいた。

「あんたが持っていれば大丈夫じゃよ。消えるのはわしの方じゃ」

そう言うと、老人の姿が煙のように消えてしまった。

つづく
 

次回のお話

連載小説 須佐の杜ラプソディ|第二十四話「神獣」

2019.11.10
 

五月のマリア Kindle版
西洋文化の漂う、坂の街、長崎市。余命三ヶ月と宣告された秋山は、偶然訪れた神社で、「龍神の姿を見た」と語る女性と出会う。
片や1980年代、高度成長著しいバブル絶頂の大分市。中学二年生の卓也は、仲間たちに囲まれ、楽しい学校生活を過ごしていた。そんなある日、彼は幼馴染の部屋で衝撃的な場面を覗き見ることになる。
二つの物語が重なり合う時、この物語は驚愕のラストを迎える。

やまの みき (著)