連載小説 須佐の杜ラプソディ|第二十一話「助っ人あらわる」

第二十一話「助っ人あらわる」

アルバカーキ橋から駐車場に移動した町田探偵と古賀警部補の二人は、須佐神社へと車を走らせていた。

須佐神社には、女子高生神隠し事件を担当している秋山警部補が待っている。

先ほどまで晴れわたっていた青い空に、真黒な雲が覆いかぶさるように姿を現していた。

「秋山警部補、よく向こうの事件の捜査から抜け出して、こっちに来る時間を作ってくれましたね」

「秋山君は、こういうオカルト的な話は大好きだから。まぁ、彼も話したいことがあるって言ってたから、また直感でも閃いてるんじゃないんですか」

「まさか、自分が秋山警部補の直感を頼りにする日が来るとは、思ってもいませんでしたよ」

古賀は、日に焼けた顔をゆがめながら、苦笑いを浮かべる。

町田は整った端正な顔をそのままに、無表情のまま相槌を打った。

須佐神社の駐車場には、一台の白いセダン車が停まっている。

白いマツダアテンザの前に女性を連れた秋山警部補が立っていた。

「秋山君、忙しいところ申し訳ない」

町田が軽く頭を下げる。

秋山は、人懐っこそうに白い歯をみせた。

「ヒロさん、何、言ってるんですか。指輪が消えたって話を聞いて、いてもたってもいられなくなりましたよ」

「こっちに来たのがバレたら、杉本課長に怒られますよ」

横から古賀が話に割って入る。

秋山は、古賀の方に目を向けた。

「古賀先輩、情報回していただいて、有難うございました。課長にバレた時はバレた時ですよ。その時は、確実にカミナリ落とされるでしょうけどね。あっ、ついでに僕の部下を紹介します」

秋山は、涼しそうな顔で古賀の問いに答えると、隣に立っていたふくよかな色白の女性の肩をたたいた。

「初めまして、長崎県警本部捜査一課の五反田です。よろしくお願いします」

五反田は、緊張した面持ちで直立不動に敬礼する。

その愛嬌のある顔に、町田と古賀は思わず笑みを漏らした。

「いや、僕がこっちに顔を出したのは、実はちょっと話しておきたいことがあったからなんです」

秋山は、真剣な表情で二人の顔を見比べると、スーツの内ポケットから一枚の紙を取り出した。

「これ、長崎県警の公式な報告書のコピーなんですけどね。この日付の部分を見てみてください」

報告書を手渡された古賀は、町田と交互に目を通す。

五反田は、秋山の隣で目をパチクリさせながら、二人の姿を見つめていた。

つづく
 

次回のお話

連載小説 須佐の杜ラプソディ|第二十二話「九月三十一日」

2019.09.15
 

五月のマリア Kindle版
西洋文化の漂う、坂の街、長崎市。余命三ヶ月と宣告された秋山は、偶然訪れた神社で、「龍神の姿を見た」と語る女性と出会う。
片や1980年代、高度成長著しいバブル絶頂の大分市。中学二年生の卓也は、仲間たちに囲まれ、楽しい学校生活を過ごしていた。そんなある日、彼は幼馴染の部屋で衝撃的な場面を覗き見ることになる。
二つの物語が重なり合う時、この物語は驚愕のラストを迎える。

やまの みき (著)