烏帽子岳の孫悟空「第四十二話」

烏帽子岳の孫悟空

新型コロナウィルス感染症の影響で営業時間等が変更になっている場合があります。お出かけの際は感染対策をお願いいたします。

捜査四日目
平成二十九年九月二十三日、AM8時28分

巨大な猿は、佐世保駅を粉々に壊した後、四ヶ街アーケードに向けて進路を変える。
予測不能な怪物の動きに、逃げ惑う市民はもちろん、避難を誘導する警察官や消防局の隊員達も大混乱に陥っていた。
移動を始めた巨大な猿は、多目的ホールのアルカス佐世保に興味を示す。
ゆっくりと建物に近づいた怪物は、面白がるようにストンピングの蹴りを入れ始めた。
総事業費150億をかけて建てられたアルカスのガラス張りの壁面が、ボロボロに崩れ去っていく。
舟をイメージして建築されという芸術的な建築物は、見るも無残な姿に変わり果ててしまった。
巨大な猿は、嬉しそうに手を叩く。
その時、佐世保市の上空に三機の戦闘機が姿を現した。
戦闘機はもの凄いスピードで、真っ青な佐世保の空を駆け抜けていく。
ボーイング社が短距離離陸垂直着陸機ホーカー・シドレーハリアーを基に、スーパーテクニカル翼や揚力強化装置を組み合わせて開発した、AV‐8BハリアーⅡだ。
米国は巨大な猿の怪物が佐世保市に出現した直後から、ホワイトハウスで緊急会議を開いていた。
ペンタゴンはレッドライン設定して、緊急事態に対応すべく、アメリカ海軍第七艦隊に戦闘準備を整えさせる。
巨大な猿がレッドラインを超えた瞬間、大統領の指示のもと、米海軍は直ちに攻撃を開始した。
佐世保の街は大混乱に陥っている。
出撃命令を受けたパイロット達は、米海軍佐世保基地を守るため、決死の覚悟で佐世保市の上空へ飛びたっていた。
三機の戦闘機は上空を旋回しながら巨大な猿の姿を捉える。
アメリカ海軍第七艦隊のアイスマン大尉は、斜め後ろを飛行する部下へ檄を飛ばした。

「マーベリック、暴走するなよ。今回の相手は、いつもと勝手が違うからな」

「大尉、なに言ってるんですか。こんな怪物相手に大暴れしなかったら、後で絶対に後悔しますよ。しかしホントに馬鹿でかいなぁ。まるで日本の怪獣映画を見てるみたいだ」

マーベリックは上司の忠告に、陽気な軽口を叩く。
アイスマンは、単独行動をとる癖があるマーベリックの行動を気にしながら、巨大な猿を射程距離に捉えた。

「いいか、相手は未知数だ。舐めてかかると、命を取られるぞ」

マーベリックは、上司の激に苦笑いを浮かべる。
佐世保の空は見事なまでの晴天で、マーベリックの得意なアクロバット飛行には、持ってこいの天気だった。
巨大な猿はあっと言う間にアルカス佐世保を破壊すると、四ヶ街アーケードの入り口に近づいて行く。
近隣の建物は、次々に巨大な猿に踏み潰されていた。
三機の戦闘機は一斉に射撃準備に入る。
巨大な猿が、上空に浮かんだ三機の戦闘機に気がついた。
猿の怪物の視線が、アイスマンの青い瞳に突き刺さる。
アイスマンは、臆する事なく部下達に射撃の指示を出した。
三機の戦闘機から、一斉に空対地ミサイルが発射される。
その瞬間、巨大な猿は、ニヤリと微笑んだ。
こいつ、笑ってるのか?
アイスマンは、驚き目を丸くする。
もしかしたら、敵は我々が思っているより、はるかにヤバい奴なのかもしれない。
アイスマンの脳裏に、嫌な予感が走った。
一斉に発射されたミサイルは、見事に怪物の顔面に直撃する。
真っ白な白煙が、巨大な猿の顔面を一気に包み込こんだ。

「やったぞ。糞食らえってんだ」

マーベリックは、ミサイルの命中にしてやったりの声を上げる。
巨大な猿は白煙を嫌がる様に、両手をバタバタさせながら白い煙をあおいだ。
白煙が、風に流されながら徐々に薄らいでいく。
ボヤけていた怪物の顔の輪郭が、ゆっくりと浮き出てきた。
上空にいたアイスマンの青い瞳に、巨大な猿の顔が映しだされる。
巨大な猿の顔には、傷一つない。
苦しむどころか、薄ら笑いを浮かべながら、こちらを挑発している。
我々のミサイル攻撃は、全く効き目が無かった。
アイスマンは、小さく舌打ちを打つ。
怪物は、胸を叩きながら、大きな雄叫びを上げた。
三機の戦闘機は、怪物を避けるように急上昇をかけた。

「何故だ。ミサイルはちゃんと命中したのに!」

マーベリックは、声を荒げる。
嫌な予感が的中したアイスマンは、急遽作戦を変更し、急いで部下達に指示を出した。

「撤退だ。ここから撤退するぞ。こんな相手と真正面からぶつかっても、敵う訳がない」

「大尉、ちょっと待ってください。まだ、撤退するのは早すぎます」

アイスマンの耳に、興奮したマーベリックの声が聞こえる。

「マーベリック、勝手な行動は許さんぞ。おい、待て。待つんだ!」

制止するアイスマンの声を無視し、マーベリックの機体が編隊から離脱する。
マーベリックは怪物めがけて、特攻を仕掛けた。

「お猿さん。申し訳ないけど、これ戦争なんだよね」

一機の戦闘機が、巨大な猿をめがけて突っ込んでいく。
巨大な猿は戦闘機を追い払おうと、めんどくさそうに両手を振り回した。
戦闘機に、巨大な猿の掌が襲いかかる。
マーベリックは愛機のハリアーⅡを巧みに操り、神がかりな操縦テクニックで、相手の攻撃を次々にかわしていった。

「まだだ、まだ終わらんよ。そう簡単に捕まってたまるか」

その曲芸のようなアクロバット飛行は、まるで芸術のように見ているものを魅了する。
華麗で、そして軽やかだ。
アイスマンは部下の大胆すぎる単独攻撃を、ただ呆然と上空から眺めていた。
巨大な猿は、邪魔な虫を捕らえるように、戦闘機に掴みかかる。
戦闘機は、大きな手の指と指の隙間を間一髪、衝突スレスレにすり抜けた。

「行くぞ、化け物め。その醜い顔を拝ませろ」

マーベリックの叫び声が、コックピットに響き渡る。
戦闘機は、巨大な猿の顔の目の前まで急接近する。
目の前に、巨大な猿の大きな顔が現れた。
おいおい、近くから見てみると意外と愛嬌のある顔をしてるじゃないか!
マーベリックは心の中でつぶやきながら、ミサイルの発射ボタンに指をかける。

「これでも食らえ」

マーベリックは至近距離から、空対地ミサイルを撃ち込んだ。
ミサイルが直撃する。
猿の顔の周りに、白い煙がまとわりつく。
攻撃に手応えを感じたマーベリックは、機体を急上昇させて、巨大な猿から距離をとった。
巨大な猿は、白煙を振り払う。

「くそっ!至近距離からでも駄目か」

マーベリックは、上空から悔しそな声を上げた。
至近距離からミサイルを打ち込んだのに、傷一つ追ってないじゃないか。
ミサイルが直撃する瞬間、猿の顔の表面が硬い岩の様に変化したように見えたが・・・気のせいだろうか?
こりゃ、やっぱり大尉の言う通りだ。
人間の力では、到底太刀打ちできない。
はやく逃げた方が、身のためだな。
無線機から上司の怒鳴り声が聞こえてくる。
巨大な猿は、何事もなかった様に右手で軽く頭をかいた。

<<最初から見る

あわせて読みたい
烏帽子岳の孫悟空「第四十三話」 捜査四日目平成二十九年九月二十三日、AM8時31分森吉祐子を護衛中の三村警部の目の前に、巨大な津波が現れた。高さ50メートルは軽く超えているだろう。三村は、テレビで...

五月のマリア Kindle版

西洋文化の漂う、坂の街、長崎市。余命三ヶ月と宣告された秋山は、偶然訪れた神社で、「龍神の姿を見た」と語る女性と出会う。
片や1980年代、高度成長著しいバブル絶頂の大分市。中学二年生の卓也は、仲間たちに囲まれ、楽しい学校生活を過ごしていた。そんなある日、彼は幼馴染の部屋で衝撃的な場面を覗き見ることになる。
二つの物語が重なり合う時、この物語は驚愕のラストを迎える。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる