MENU

\取材依頼・広告掲載はお気軽にお電話ください/

↓メールでのお問い合わせはこちら↓

↓掲載料金はこちらをご覧ください↓

\集客についてのお悩みはここで解決できるかも!/

烏帽子岳の孫悟空「第三十八話」

捜査四日目
平成二十九年九月二十三日、AM7時20分

秋山警部補は、大島署長から「明日の朝、柚原慶子と封印の祠の前で落ち合う約束をしている」との情報を得る。
場所は、烏帽子岳の猿岩の先に広がる森の中。
森の奥深くに、孫悟空を封印している祠があるという。
その場所で、秋山は柚原慶子と対峙した。
秋山に追い詰められた慶子は、手にしていた金の指輪に吸い込まれ、一瞬にして姿を消してしまう。
その直後、地面が割れるように大きく揺れだした。
三人の刑事は、大きな揺れに耐えきれず、地面に倒れ込む。
その瞬間、この世のすべての音をかき消すような、物凄い爆音が響きわたった。
爆音と共に烏帽子岳の地面の底から、さらに大きな振動が沸き上がる。
あまりの揺れの大きさに耐え切れず、巨大な猿岩の表面に次々と亀裂が入っていく。
猿岩の表面が、ボロボロと崩れだした。

「五反田ちゃん、大丈夫か?」

秋山は目の前に倒れていた、部下の五反田刑事に声をかける。
五反田は倒れたまま、上を見上げて口をパクパクさせていた。
どうやら声が出ないようだ。
何をそんなに驚いているんだ?
秋山は慌てて五反田の視線の先を追う。

「あれは・・・」

秋山自身も、一瞬にして言葉を失ってしまった。
表面の岩が剥がれ落ちた猿岩は、秋山が今までに目にした事がないような、有り得ない姿に変わり果てていた。
秋山の視線の先には、この世の物とは思えない程の大きい熊の様な猿が、森の木をなぎ倒す様にそびえ立っていたのだ。
体長四十メートル以上あるだろう。
秋山はこんな大きな生き物を今まで見たことが無い。
焦げ茶色の毛並みは、朝日を浴びた部分だけ美しく金色に輝いていた。

「あ、あ、あれ何ですか。キングコングですか?」

口をパクパクさせていた五反田が、やっとの思いで声を振り絞る。
秋山は五反田の問いかけに反応して、ハッと我に返るとすぐに立ち上がった。

「いや、キングコングじゃない。あれが噂の孫悟空だろ。ついに孫悟空を封印していた結界が破られたんだ」

秋山は、突然現れた巨大な猿に背を向けると、腰を抜かし動けなくなっている五反田の首根っこを掴んだ。

「おい、しっかりしろ。ちゃんと起きれるか? ここから脱出するぞ」

秋山の問いに、五反田は必死に立ち上がる。
五反田はキョロキョロと周りを見渡しながら、一緒にいたはずの守口の姿を探しだした。

「あっ、守口さん!」

五反田は、慌てて声をかける。
あまりの大きな揺れに耐え切れず、守口は祠の前まで転がり込んでいた。

「秋山さん、あんなの反則ですよ。あれは、大きすぎますって」

守口が文句を言いながら、秋山達の方へ駆け寄ってくる。
三人は、一目散に森の出入り口に向かって走りだした。
動物たちも、秋山たちを追うように、森から一斉に逃げだして行く。
その瞬間、森の中にとてつもなく大きな野獣の雄叫びが響き渡った。

巨大な猿が動きだした。
身体中を覆っていた岩が剥がれ落ち、自由の身となった孫悟空は、地面を噛みしめるようにゆっくりと足を一歩踏み出す。
全長四十メールの怪物の重みに耐えきれず、大地が悲鳴をあげるように、大きな地響きを撒き散らした。
巨大な猿は何かを探すように、キョロキョロと顔を動かしながら周囲を見渡している。
烏帽子岳の8合目付近から佐世保市内を見下ろすと、海に向かって大きな雄叫びをあげた。
命からがら逃げだした秋山たちは、森の外で待機していた山内巡査のジープに乗り込む。
秋山は、車内から巨大な猿の姿を追った。
猿の化け物は、烏帽子岳の森林を踏み潰しながら、下界に向かってゆっくりと歩き出した。
どうやら、小佐世保町の方向に向かって南下し始めたようだ。
秋山は運転席の山内に、巨大な猿とは逆方向の、佐世保烏帽子岳署に向かって車を走らせるように指示を出した。
山内のハンドルを握る手が、恐怖で震えている。
助手席に座っていた秋山は、山内を気遣うように声をかけた。

「山内君、何も焦らなくて良い。いつも通り冷静に行動するんだ。山頂まで逃げれば、問題ない。地響きが酷いから、運転は慎重に」

「解りました。任せて下さい」

山内は声を震わせながら、秋山の問いに答える。
後部座席に座っていた守口と五反田は、地震のような揺れの中で何度も体が跳ね上がり悪戦苦闘していた。
突然、五反田が思い出したように、隣に座っていた守口に確認を取った。

「守口さん、柚原先生って結局どうなっちゃったんですかね? 金の指輪に吸い込まれたって事で良いんですか?」

「多分そういう事になるよね。行方不明の女子高生たちも、同じようにあの指輪に吸い込まれちゃたんだろうな。いや、五反田ちゃん。突然どうしたの?」

守口は、跳ね馬のごとく揺れまくる車の中で、手すりにしがみつきながら不思議そうに問いかける。
五反田は、当たり前のように守口の問いに答えた。

「いや、報告書に何て書けば良いのかなと思って」

「えっ、この状況で報告書の心配してるの?」

守口は驚きながら、呆れたようにため息をつく。
秋山は、二人の会話に耳を傾けながら、夢の中で観音菩薩から授かったヒントを思い出していた。
もし指輪を見つけても、絶対に指にはめてはいけない。
秋山は、観音菩薩からこのような忠告を受けていた。
多分、自分もこの指輪をはめようとしたら、その瞬間に吸い込まれてしまうだろう。
吸い込まれた人たちは、みんな無事なのだろうか・・・。
あの指輪の中は、いったいどうなっているのだろう?
もしかしたら、何処かに囲われているのかもしれない。
指輪の中に吸い込まれて、失踪者の安否を確認してみたいが、こちらの世界に帰ってこられなくなる可能性が高い。
だから、観音菩薩は指輪をはめるなと忠告したのだ。
観音菩薩の言う通り、金の指輪は手に入れた。
ここから、どうすれば良いのか?
秋山はスーツのポケットに手を伸ばす。
秋山は思わず、金の指輪をギュッと握りしめた。
猿の巨体が動く度に、大地震のような地響きが、佐世保市の街を襲った。
朝の七時半を過ぎ、市内の道路は通勤ラッシュの車で立ち往生していた。
波ように連続で押し寄せる大きな揺れに、ドライバーたちは異変を感じ取る。
烏帽子岳に巨大な猿の姿を確認した人々は、慌てて車を乗り捨て逃げ始めた。
国道35号線の片道三車線の道路には、乗り捨てられた車と、そのせいで前に進めぬ車が混合し長い列をなしている。
路上では、クラクションを鳴らす音が響き渡っていた。
歩行者たちは大きな揺れに足を取られ、倒れこむ者が続出していた。
人々は、巨大な猿を興味津々に見上げながら、危険から逃れようと思い思いに逃げ回る。
佐世保の街は、一気に大混乱の渦に飲み込まれた。
巨大な猿は、小佐世保町を通過し、平地の高天町に足を踏み入れる。
小佐世保町の街並みは、粉々に踏み壊され瓦礫の山と化していた。
巨大な猿は、自由気ままに道沿いのマンションやビルを次々となぎ倒していく。
猿の化け物が前へ進むたびに、家々の瓦屋根が振動で波のように揺れ動いていた。

https://sasebo2.com/contributio/106725

<<最初から見る

五月のマリア Kindle版

西洋文化の漂う、坂の街、長崎市。余命三ヶ月と宣告された秋山は、偶然訪れた神社で、「龍神の姿を見た」と語る女性と出会う。
片や1980年代、高度成長著しいバブル絶頂の大分市。中学二年生の卓也は、仲間たちに囲まれ、楽しい学校生活を過ごしていた。そんなある日、彼は幼馴染の部屋で衝撃的な場面を覗き見ることになる。
二つの物語が重なり合う時、この物語は驚愕のラストを迎える。

お知らせ

趣味から起業副業に役立つフォトライティングというスキルの入門講座を開催します!興味ある方は覗いて見てくださいね〜
フォトライター入門講座▶▶

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる