MENU

\取材依頼・広告掲載はお気軽にお電話ください/

↓メールでのお問い合わせはこちら↓

↓掲載料金はこちらをご覧ください↓

\集客についてのお悩みはここで解決できるかも!/

釣り好きライターが行く!ヒラメ釣ったバイ!編

ヒラメ釣ったバイ

みなさん、こんにちは!いかがお過ごしでしょうか、ひろたっきです!

11月某日、某相浦地区の地磯(歩いて行ける磯)で釣りをしていたところ、なんと!ヒラメが釣れました~!

今回はその一部始終をお伝えしたいと思います。

目次

高級魚ヒラメ

この日の当初の狙いはサゴシ(サワラの小さいもの)。
サゴシは佐世保近郊で秋頃によく釣れる魚で、釣って楽しい、食べて美味しい、というルアー釣り初心者にもオススメの、わりと簡単に釣れる魚なんです。

が。

この日はハズレ。大ハズレ。いつも海面をぴょんぴょん跳ねているサゴシの姿はなく、サゴシどころか魚の気配がない。
当然投げども投げどもまったくもって反応なし。

『はっは~ん。こりゃ今日はボウズやな・・・。』(ボウズ=何も釣れないこと)

ボウズ自体は慣れっこで、海を見ながら釣り出来るだけでも楽しいのですが、出来れば、出来れば!何か釣りたい!

時間いっぱいまで、もしくは心が折れるまで、ルアーを投げます。

突然の違和感

しばらく投げ続けると、ある時竿に違和感が。何か重みを感じます。

ゴミ?海草?そういったものが引っかかったのかと思いました。魚のような生き物が付いてる感じではなく、ただただ重い。

ただただ重い「何か」を回収すべくリールを巻いていると、その「何か」が急に動きます!!

「魚かい!」

釣られたことに魚が気付いたのか、突然逃げようと暴れ始めました。
釣り糸が出され、ぐんぐん引っ張られます。しかしそんな急な展開にも動じないひろたっき。
「デデデデカイぞ。おおおおおおちつけ俺」

まだこの時点では何の魚が釣れているのかわかりません。
とにかく海面まで浮かせて、魚に空気を吸わせれば釣り人の勝ち、それまでに逃げれば魚の勝ちです。

魚との数分のやりとりののち、どうにかこうにか海面に上がってきた魚の姿を確認すると。
「ヒラメだ!!!」

突然の予期せぬ大物に震える手足を抑えながら、慎重に網ですくい上げ、ひろたっきの勝ち!
「Foooooo!うれしーーーー!!」

hirame

そこまで大きくはないですが食べるには十分です。

urahirame

裏が真っ白なのは天然の証拠

いやー、震えました。
給料日前なんかに口座残高見て震えることはよくありますが、嬉しくて興奮して震えるのは久しぶりです。

korejidori

おじさん一人で自撮り

この興奮を味わうと、もう釣り辞められませんよね!

hirametowatasi

マジでヒラメとの自撮りが10枚以上ありました

ヒラメを食べるよ

ということでヒラメ食べ尽しますよ~。
家に帰って計測したところ今回のヒラメは33cmでした。

hiramekeisoku

下世話な話これで3000円くらいしますよ(ニヤリ)

さ、まずヒラメは5枚おろしにします。

engawa

上がエンガワ、下は身の部分。白身が美しか!

まずはやっぱり刺身でしょ!

sashimi

刺身の切り方もう少しどうにかならんか、と思いましたか?ぼくも同感です。

ヒラメは淡白で繊細な味わいなので、実は釣ってすぐ食べるより数日置いて熟成させるのが良いとされてますが、釣ったその日でもめちゃくちゃ美味い!

釣ったその日は身が締まって弾力があります。コリコリしていて、そして甘い!
「自分で釣った」「釣ったその日」というプレミアム感を抜きにしても十分美味しいです。

そしてみんな大好きエンガワ

engawasukune

みんな大好きエンガワ。

回転寿司などで出てくるエンガワはほとんどが大型のカレイのものだと言われてます。
ヒラメのエンガワはその魚体のサイズや捌く人の技量にもよりますが、1匹から取れるのはスプーン1杯分くらいです。

エンガワ超貴重。当然美味い!

そして我が家の子どもたちは刺身が食べられないのでムニエルで!

munieru

バター多めで焼いてください。思ってる量の2倍のバターです。

火を入れると身が縮まって、なんだか磯辺焼きみたいになりましたが、これがまた絶品!!

こんなに薄くて小さい身なのに、食べるともうふわふわ!それにバター多めで焼いた皮面がまた香ばしくてこれまた最高です!

そして最後、頭や背骨、刺身用に剥いだ皮を使ってダシをとります。

hiramedashi

ついでにこの日釣れた「オオモンハタ」もブチ込みます

ajimi

味見します。ズズズ。

umai

うまっ

その取れたダシで作るみそ汁がまた美味いんですよ・・・!

そのホッとする美味さにみそ汁の写真を撮り忘れたのは誤算でしたが、美味しかったですよー。
3歳の息子がゴクゴク飲んでました(^^;

   

結論:ヒラメは美味い

実はヒラメを釣ったのは1年ぶり2回目なんですが、やっぱり美味しい!

他にも美味しい魚はありますが、こんなに上品で、味以外の食感なんかも含めて美味しい魚はそうそうないですね。

「魚って美味しいんだな」と、改めて思わせてくれる魚でした。

また釣りたいなあ。
でも釣りが上手いから釣れるんじゃないですよ。釣りに行くから釣れるんです!

そうしてわたしは今日も釣りに行くわけです。

みなさんも年末年始お刺身を食べる機会があるかと思いますが、ヒラメを見たらぜひこの記事を思い出してください。

「させぼ通信のやつが下手くそな刺身つくって食ってたな」とでも思い出していただければ本望です。
下手くそな刺身も浮かばれます。

とうことで、またお会いしましょう!ではみなさん、素敵な釣りライフを!

関連記事

▼カワハギも美味いよなあ

▼でも店で食う方が美味いかもなあ
あわせて読みたい
刺身おかわり無制限!平戸の人気店 萬福(まんぷく) 9月7日オモウマい店で放送 【お食事の店 萬福(まんぷく)】 長崎県平戸市にある、お刺身定食おかわり無制限の店『萬福(まんぷく)』の紹介です。 日本テレビ系列『ヒューマングルメンタリー オ...
させぼ通信をフォローして
佐世保の情報をゲット!
  掲載や情報発信に関する
↓お仕事のご依頼はこちら↓
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

趣味は釣り。苦手なことは釣り。釣りを愛し釣りに愛されない男。釣りの帰りに魚を買う買い物上手。

お仕事のご依頼

させぼ通信は、ホームページ全般のサポート、SNS運用サポート、デジタルマーケティング、ITツール導入、求人採用マーケティング、写真撮影、広告用取材ライティングなど、情報発信コンテンツ作成を得意としています。また、メディア内広告も承っています。お気軽にお問い合わせください。

Pick Up!

Sponsored
   
目次
閉じる