14

釣り好きライターがいく!~スキマ時間90分で鯛が釣れる?!編

chinu01

皆さんこんにちは。釣り天使・ひろたっきです!

日々の生活の中で、「気軽に」「ライトに」釣りを楽しみたい!

そんな皆さんにひろたっきが空いた時間を10倍楽しくする方法をお伝えしますよ!

スキマ時間を使って釣りをしよう!

突然ですが皆さんは微妙な空き時間、どう過ごされてますか?

待つには長く、何かをするには短い。そんなスキマ時間。

たとえばお子さんを習い事に連れて行って、終わるまでの1~2時間どうしますか??どうしたらいいと思いますか??

そうですね。釣りですね(ニッコリ)

出先のすぐ隣とかで釣りができることは少ないかと思いますが、この佐世保という街は車ですこし走ればすぐに海や川に行けるんです。

そうですね。幸せですね(ニッコリ)

ひろたっきの場合…

我が家は長男がサッカーをしていて、練習の送迎は基本的にひろたっきの係です。

練習は2時間。練習が終わる30分前くらいには戻りたいので、移動・準備・片付けも入れて約1時間半で釣りしたろ!という魂胆です。

この日の練習は江上地区であったので、移動時間をおさえるべく早岐瀬戸の針尾橋近辺で釣りをしました!

とにかく気持ちがいい

時間は夕方5時過ぎ。日が傾き日中の暑さも和らいで、時折吹く風も気持ちが良い。眼前の川は静かに流れ、穏やかに一日が過ぎていこうとしています。

準備を済ませ川辺に立ち第1投。今回はルアー(疑似餌)釣りです。

ルアーをキャスト(投げて)し、水中へと沈めます。

それを巻き取ることでルアーが泳いでいるように見え魚が食いついてくるわけです。

1投目は何事もなく戻ってきました。異常なしです。静かなもんです。

聞こえるのは、川の音、帰宅する車の走る音、遠くから聞こえる子どもたちの笑い声。そしてルアーを投げるたびに鳴る竿のビシッという音。

夕方特有の長閑な雰囲気の中、2投、3投と投げ続けます。

風景に溶け込むような無心になれる時間です。

haikiseto

美しい佐世保の風景

突然始まるファイト

そんな穏やかな時間は唐突に終わります。

巻いていたルアーが突然重たくなりました。魚です!!

とっさにフッキング!竿を引っ張るような動きで針を魚に食い込ませます!

ルアーが暴れる!魚がルアーを咥えこんだまま逃げようと右へ左と激しく泳ぎもがいています。

それを竿の操作でいなしながら、糸を巻き魚を水面へ浮かせようと試みます。

魚はバシャバシャと音を立てて暴れまわり先ほどまでの長閑な雰囲気は一転、魚vsひろたっきのファイトで緊迫した雰囲気に。

そして数分の格闘ののち魚が水面へ浮かび勝負アリ。

釣れたのは40cmくらいのチヌ(黒鯛)でした!chinu01

釣れたチヌを記念撮影したあとはゆっくりと川に戻します。

川の水にチヌをつけてやり、すこし馴染ませるように時間をおくと元気に泳いでいきました。

「アバヨ」もしくは「フッ、こんなもんかな」

なーんてスカす余裕もなく、心の中では「うひー!うれぴー!!」と小躍りしてます。あはは。

もう1匹釣りたい

よし、もう1匹。ということで今度は少し橋の方へと移動します。

hariohasi

橋の真下。川面が美しい

ルアーをキャストし、夕焼け空を眺め、再び訪れた長閑な雰囲気に….ってひたるヒマなくすぐキタ!!
また魚だ!!

再度暴れる魚と格闘し上がってきたのはシーバス(スズキ)です!

seabass

上の写真は「アロハ~」なんつってイキってるわけじゃありません。

指の間隔で魚の長さを計測しているところです。

わたしの親指から小指まででだいたい20cmなのでこのスズキは30㎝ないくらいでしょうか。

再度ハイチーズって撮影した後にまたリリースします。

チヌもスズキも食べられるのですが(特にスズキはおいしい)、川に住む個体はニオイががあるものがあるので今回は食べずにリリースです。

そしてここでタイムアップ!

できすぎ

はっきり言って今回は出来すぎですね。

場所がいいのかわたしの腕がいいのか(!)、こんなに釣れるとは驚きです。

短時間勝負なのでいつもは釣れないどころか生き物の反応すらないようなことも珍しくありません。

それでもこの佐世保の夕焼けを感じながらルアーを投げていると日頃のストレスもすーっと消えていく気がしませんか??

とにかく一度騙されたと思ってスキマ時間での釣り、いかがですか?!おすすめですよ!

さいごに今回の場所もそうですが、川は特に住宅地など生活圏にあることが多いです。

近隣の方のご迷惑にならないようマナーやルールを守って楽しみましょうね!

ではみなさん、素敵で安全な釣りライフを―!!

ひろたっきがご案内!佐世保の釣り

釣り好きライターがいく!~親子フィッシングin相浦川編~

2020.08.27


WRITERこの記事をかいた人

趣味は釣り。苦手なことは釣り。釣りを愛し釣りに愛されない男。釣りの帰りに魚を買う買い物上手。