3

佐世保のプラネタリウム「星きらり」がリニューアルオープン!

星きらりリニューアル

佐世保市少年科学館のプラネタリウム「星きらり」が2021年3月28日にリニューアルオープンしました。

最新式の投映機を導入することによって、映像が美しくなったことはもちろん、より多角的に活用できる教育施設に生まれ変わりました。

宇宙好きのライターが一足先に最新プラネを体験してまいりましたよ~。

春のおでかけにいかがでしょうか~?

星きらりがリニューアル

みなさまこんにちは!コスモ婦人望月アーモンドです。

「星きらり」の名称で親しまれている佐世保市少年科学館のプラネタリウムが、2021年3月28日にリニューアルオープンしました。

前日にリニューアルオープン式典が開催され、試写会に参加して参りました。えへへ。

星きらりリニューアル

式典潜入!(許可あり)

試写会では、最新式のプロジェクター(投映機)の導入によって、映像がよりリアルになっただけでなく、膨大なデータベースを使った星空解説の実現、STEM教育の教材利用、ネットワークを使ったライブ配信など、多角的な活用が可能になったことが明らかになりました。

新しくなったところや、今後どんな楽しみ方ができるかなど、皆様に詳しくご紹介いたします!

少しでも興味を持ってくれたら嬉しいです!

座席もひろびろ

まず、中に入って感じたのは入口にあった機材が移動したことにより、空間が広くなったこと。

星きらりリニューアル

星きらり内。前一列はイベント用に外してあります。

新しい機材は施設内のすみにあり、高さも抑えられていてすっきりした印象です。

出入りもしやすくなりました。

以前の機材があった場所には新しくペアシートが2席設置されていました。

ペアシート

小さいお子さん連れの親子はもちろん、カップルで利用してもOK♡。
残念ながらペアシートの背もたれは倒れませんが、一番後ろの席なので全体の映像は見えます。

前方はステージとして利用できるようになっています。

星きらりリニューアル

なんちゃってステージ。

現在はコロナ感染症対策のため、30席に減らし予約制で観覧していただくようにしています(電話予約)。

空調はもちろん稼働しておりますが、毎回空気の入れ替えをし、座席も消毒作業をおこなっています。

最新鋭のプロジェクター(投映機)を導入

一番大きく変わったのは、星や映像を映し出すプロジェクター(投映機)。

星きらりリニューアル

導入されたプロジェクター。上に特注の魚眼レンズが搭載されています。

コニカミノルタプラネタリウム㈱のMedia Globe Σ(シグマ) SEという最新鋭のレーザー光源式4Kプロジェクターを導入しています。

Media Global Σ SE単体で映像を映し出すのは、佐世保が世界で初めてだそうです。

コニカミノルタ㈱が独自に開発したフィッシュアイレンズ(魚眼レンズ)を使うことで、プロジェクター1台だけで全天に歪みのない映像を映し出すことを可能にしています。

大きなプラネタリウムでは光学式レンズとレーザー光源式を両方使いながら投影することが多いそうですが、星きらりのプラネタリウムのドームの大きさは半径8メートルで小規模のドーム。一台で十分な映像美を実現できます。

リアルで臨場感たっぷりな映像

試写会では星空解説、翌日から上映される「ポケットモンスター オーロラからのメッセージ」の冒頭部、そして新しい機能の紹介、さらに、プラネタリウムファンが愛してやまない「銀河鉄道の夜」が上映されました。

星きらりリニューアル

弓張岳第2展望台からの景色

いやはや、美しい。映像がすみからすみまで鮮明でした。そして臨場感たっぷり。(写真は鮮明じゃなくてすいません…)

星きらりリニューアル

佐世保市街地の夜景と星空の共演

「銀河鉄道の夜」を見ていた時、不思議な体験をしました。

見ているうちに、丸い天井が感じられなくなり、しだいに自分の体の平衡感覚がおかしくなり、前方の映像が沈み込んでいきました。

気が付くと、完全に自分が映像の中にはいりこんでいました。VRのような没入感。

映像にゆがみなどがあれば「プラネタリウムを見ている」感が消えないのですが、歪みがない分、臨場感があって、完全に世界に入っていました。(もちろん作品の力もあったと思います。)

星空解説、学習投映が充実

映像が鮮明になっただけでなく、地球や星空の姿も様々な角度から見れるものとなりました。

これにより、番組上映後に行われる星空解説、10時10分の学習投映、16時の季節の星座の投映がさらに充実したものになります。

新しいプロジェクターには、1590億以上の恒星、4万個の散開星団など、膨大な数の星のデータが搭載されています。

実際の星と同じように星が分布されており、星のまたたきも表現され、よりリアルです。

星きらりリニューアル

ドーム一面に映し出された春の星座。

また、100万年前と100万年後の星の姿も見られ、日食、月食、彗星接近など、天体現象も再現することができます。

星きらりリニューアル

取材日のお月さまを投映。

そして、月や惑星さらに銀河を抜けて、星雲の中など自由自在に飛び回ることができます。

私たちの住んでいる天の川銀河です

ISS(国際宇宙ステーション)にも近づいてISSの中にも入り込むこともできます。

星きらりリニューアル

ISS。近づいたり、中に入ったり、いろんな方向から見ることができます。

地球の3D映像もとても鮮明です。

地形が忠実に再現されているだけでなく、大気の散乱の様子や、時間や季節、天候による変化も表現することができます。

星きらりリニューアル

地球。

こういったデータベースを用いて、子供たちが映し出したい内容をパソコンでプログラムし、投映することも可能です。

STEM教育アプリの投映

現在注目されているSTEM教育の教材として利用することもできます。

※STEM教育:科学(science)、技術(Technology)、工学(Engineering)数学( Mathematics)の教育の総称

アプリケーションには、人体図や細胞など視覚的な理解をたすける教材があり、学習支援の教材として活用することが期待されています。

星きらりリニューアル

人体図

星きらりリニューアル

配信コンテンツサービスで様々な番組を上映

この投映機と同時に導入したのがConnected Dome Libraryというコニカミノルタプラネタリウム(株)のコンテンツ配信サービス。このサービス内で提供されている番組から選択し投映していきます。

星きらりリニューアル

上映中の番組の一部

子供向け番組も多くありますが、大人向けの番組もあります。
ナイトプラネタリウムではヒーリング番組を上映します。めちゃくちゃ癒されますよ。

スタッフも研究中

とにかく、様々なサービスが提供できるようになるので、少年科学館のスタッフ(理科の先生たち)もどのように活用できるか研究中とのことです。

他にもネットワークを利用したライブ配信や、星空を映しながら行うミニコンサートを開催するなども可能とのこと。

星きらりリニューアル

式典では、佐世保ジュニアオーケストラが星に願いをなどを演奏してくれました。

せっかく導入したので色々やってもらえたらいいですね。

まずは、5月の月食の展望会があるので、プログラムを組み立てているそうです。

ということで、新しくなった星きらりについて紹介しましたが、下に要点をまとめました。

まとめ
☆ペアシート2席導入 全席67席に(現在は30席に減らして運用)
☆最新鋭の投映機を搭載し、鮮明な星空、映像を実現
☆膨大な星のデータを利用し、星空解説や学習投映を充実化
☆STEM教育の教材の活用
☆コニカミノルタプラネタリウム(株)のコンテンツ配信サービスで様々な番組を投映
☆ネットワークを利用したイベントの開催
☆ステージでミニコンサートや講演会の実施

どうですか?興味を持っていただけたでしょうか?

色々バージョンアップしましたが、変わらないのは観覧料
大人320円、こども(4歳~中学生)150円。
学習投映に関しては市民は無料です!

星きらりリニューアル

プログラム

小さいお子さんから大人まできっと楽しめると思います。
ご家族で、カップルで、是非楽しんでください。
私のように「お一人様」で宇宙に浸るのもいいですね。

現在はコロナ感染症対策のため、座席数を減らし、電話での予約制をとっています。

新しくなった星きらりで宇宙を疑似体験してくださいね!

関連記事

佐世保から国際宇宙ステーション(日本実験棟きぼう)を見よう

2021.03.10

【佐世保の公園めぐり】惑星が並ぶ公園ー相生児童公園編

2020.07.07
佐世保市少年科学館
住所長崎県佐世保市保立町12−31 [地図]
時間9:00〜17:00
休館日火曜日
電話(予約)0956-23-1517
駐車場あり
星きらり観覧料大人320円/子供(4歳~中学生)150円
禁煙・喫煙禁煙
web 少年科学館『星きらり』
佐世保市少年科学館「星きらり」

WRITERこの記事をかいた人

望月アーモンド

こんにちは!丸顔主婦、望月アーモンドです。好きなものは、宇宙、音楽、映画、読書、絵本、エコなど。マイブームはピアノ。