今日は楽しいひなまつり~♪ところで、ひなまつりの雛人形っていつまで飾りますか?

ひな祭り

きょうはたのしい ひなまつり

あかりをつけましょぼんぼりに~♪
って歌でお馴染みなのが、みなさんご存知「ひなまつり」

まさに今日、3月3日はひなまつりですね!
女の子が居る家庭では、その子の幸福や成長を祈って雛人形が飾られますよね。

させぼ通信のママライターも、可愛い愛娘から「私のお雛様♡早くだして〜♡」と言われ飾ったそうです~。

最近の雛人形は昔と比べて顔も可愛くなって、りかちゃん人形の雛人形なんてのもありますよね!

 

さて、そんな雛人形…
果たして、いつまで飾ればよいのでしょうか?

 

ひなまつりの歴史

いろいろと意見があるようですが、ここでひなまつりの歴史をふわっと。

実のところ、歴史的には明確には分かっておらず、その起源も諸説存在するそうです。

記録として残っている範囲では、今から遡ること約1000年以上も前の平安時代ですって。
既に平安貴族の子女の「遊びごと」として存在していたというから、驚きですねー。

節句というイベントではなく、あくまで「遊び」だったようです。
ママゴトとかそんな感じのね。

現代のスタイルに近づいてきたのは、江戸時代

その後、女の子の人形遊びと節句の儀式が結びつき、全国に広がりはじめます。

ちなみに、「ひな遊び」が「ひなまつり」へと変化したのは、約400年以上も前の天正年間の頃だそうです。

この天正年間は、あの織田信長が生きていた時代ですから、「ひなまつり」の歴史がいかに古いかということが分かりますねー。

その後、紆余曲折を辿り、「ひなまつり」は現在まで受け継がれてきたんだそう。

片付ける日のはいつまで?

出したはいいけど、片付けるのは、いつまでに片付ければいいの〜?
って思っていませんか?

片付けるのが遅くなると、その子の婚期が遅れる〜とかもいいますよね〜。

調べてみると「啓蟄の日(けいちつのひ)」がベストだと言われているようですね。
「啓蟄の日」というのは、二十四節気のなかのひとつで、3月6日ごろのことを指すんだそう!

ってことは明後日!片付けの準備もしましょうかね。

地域によっては、旧暦(4月3日)まで続けて飾るってとこもあるみたいですけどね〜。

二十四節気とは?
二十四節気とは、太陽の運行を元につくられた季節を知る目安。
節分を基準に1年間を24等分して、約15日ごとで分けられています。

それぞれに季節を表す名前が付けられていて、たとえば「啓蟄」は「春の温かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出てくるころ」という意味を持っています。

結局のところ…

こうして見てみると、改めて、日本の歴史の奥深さを感じますね。
そして、昔も今も関係無く、そこに込められた願いは「健康や幸福」であることに間違いないようです。

てことは、結局のところ、いくつになっても飾ってよいんですよ!

 

ふわっといきましたが、今年も健康で幸福でありますようにー。



WRITERこの記事をかいた人

させぼ通信 編集部

佐世保のニュースやグルメ、開店情報、イベントをはじめ、佐世保市民にしかわからないような雑談ネタをお届けするよ。