1

梅雨の時期も有意義に過ごそう!雨が印象的な映画集

雨の日 映画

雨の日は、外出するのも億劫でおうちで過ごす方も多いはず。
そんな時はおうち時間で、「雨」が印象的な映画でも観て梅雨の憂鬱になりがちな気分を上げて有意義な時間を過ごしませんか?

梅雨に観たい!雨が印象的な映画10選

先日15日、佐世保も梅雨入りしましたね!

平年より20日、昨年より27日早く、1954年5月13日に次ぐ過去2番目に早い梅雨入りだとか。

ただでさえ雨の日は外出するのも億劫なのに、梅雨となると期間が長く憂鬱な気分になりがちですよね‥。

そんな時はいっそのこと、雨を楽しむのもどうだろう?

お気に入りの雨具で出かけたり‥
しとしと雨の雨音が心地よかったり‥
色とりどりのアジサイが楽しめるのも梅雨ならでは。

そして雨で出掛けられない日はおうちでゆっくり映画を見ませんか?

映画鑑賞が好きなayakaがオススメする、『Amazon Prime Video』や『Netflix』で視聴可能な、印象的な雨のシーンが登場する映画をご紹介します。

言の葉の庭(2013年)

Prime Video視聴可能


あらすじ:現代の東京を舞台に描く恋の物語。

靴職人を目指す高校生タカオは、雨が降ると学校をさぼり、公園の日本庭園で靴のスケッチを描いていた。

そんなある日、タカオは謎めいた年上の女性ユキノと出会い、2人は雨の日だけの逢瀬を重ねて心を通わせていく。

居場所を見失ってしまったというユキノのために、タカオはもっと歩きたくなるような靴を作ろうとするが……。

雨が印象的なシーン
「彼らの頭上に降り注いでいるものは、ビジュアルとしては雨だけれども、象徴としては恋や社会的な問題なんです。

恋という状況を描く場合にも、雨がふたりの間を隔てるようなカーテンに見えることもあれば、ふたりの背中を押してくれる優しい手のように見えることもある」

と新海誠監督がインタビューで語っていたほど、雨が象徴的な存在で描かれています。

美しい日本庭園の新緑と劇中で象徴的な雨が、アニメーションで魅力的に表現されています。

ayaka
アニメーションなのに、リアルな映像美が現代と溶け込んでいるような不思議な感覚にもなりました。

秦基博さんが歌う作品の主題歌「言ノ葉」のミュージックビデオも、作品の映像と音楽が相まって今の時期にピッタリですよ!


恋は雨上がりのように(2018年)

PrimeVideo・Netflix視聴可能


あらすじ:怪我で陸上の夢を絶たれた高校2年生の橘あきらは、偶然入ったファミレスの店長・近藤正己の優しさに触れたことをきっかけに、その店でアルバイトをはじめる。

45歳の近藤はあきらより28歳も年上で子持ちのバツイチだったが、あきらは密かに近藤への恋心を募らせていく。

ついに思いを抑えきれなくなったあきらは告白するが、近藤は彼女の真っ直ぐな気持ちを受け止めることができず……。

雨が印象的なシーン
不器用でまっすぐな2人の“人生の雨宿り”を描いています。

まさに、雨上がりのように清々しい青春の物語が晴れやかな気分にさせてくれます。

ayaka
主演の大泉洋さんのクスッと笑えるコミカルなシーンもあり、年の差恋愛の重たさも感じさせない作品です。

いま、会いにゆきます(2004年)

PrimeViedo・Netflix視聴可能


あらすじ:妻に先立たれながらも6歳の息子・佑司と2人でなんとか幸せに暮らしている秋穂巧。

そんな巧たちの前に、彼らを残して1年前に逝ったはずの妻・澪が梅雨のはしりのある雨の日、森の中に現れる。

ただ彼女は一切の記憶を失っていた。しかし、巧と佑司はそんな澪をやさしく迎え入れ、三人のちょっと不思議な共同生活が再び始まる。

雨が印象的なシーン
雨の季節の奇跡を描いた作品です。当たり前だと思っていた何気ない日常が幸せなんだと気づかせてくれます。
ayaka
2004年公開の邦画作品として、多くの方の記憶に残っている名作ですよね。

6歳の佑司を演じた武井証くんの演技力には心奪われました。

悲しい別れだけど、最後には温かい気持ちにさせてくれるオレンジレンジのエンディング曲『花』も印象的に残っています。

マチネの終わりに(2019年)

PrimeVideo視聴可能


あらすじ:パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。

2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせていくが、洋子には婚約者である新藤の存在があった。

そのことを知りながらも、自身の思いを抑えきれない蒔野は洋子へ愛を告げる。

しかし、40代の2人をとりまくさまざまな現実を前に、蒔野と洋子の思いはすれ違っていく……。

雨が印象的なシーン
映画の中で最も大きな展開がある雨のシーン。

お互い想い合いながらも、あらがうことのできない運命に翻弄され2人のすれ違いが起きてしまいます。

【過去で未来は変わるけど、未来で過去も変わる。】

後から振り返ったとき「過去の出来事」が自分の目にどう写るか、感慨深いものです。

ayaka
大きな展開があるこの雨のシーンでは、すごくもどかしさを覚えましたが、考え方次第でどうとでも捉えられることの深さに気づかされました。

作中には長崎ワードが登場したり、クラシックギターの音色や、パリ・ニューヨークの美しい風景にも魅了されますよ!

アバウト・タイム~愛おしい時間について~(2014年)

PrimeVideo・Netflix視聴可能


あらすじ:タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。
雨が印象的なシーン
メアリーとティムの結婚式のシーン。

不運にも強風と大雨に見舞われてしまうが、そんな瞬間さえ楽しむ2人の姿を観ていると雨の日の憂鬱な気分を晴らしてくれそう。

現実ではあり得ないタイムトラベルを通して描かれている本作から、大切な人たちへの愛と感謝を見つめ直す時間を過ごせるかもしれません。

ayaka
嬉しいことや悲しいことで彩られる人生を、大切に生きようと思わせてくれる作品です。

主人公ティムを囲む家族がみんなチャーミングで心がほっこりします。

劇中に流れる音楽も魅力的で、彼らをさらにキラキラにしてくれます。

One Day~23年のラブストーリー(2012年)

PrimeVideo視聴可能


あらすじ:ロンドンとパリを舞台に23年間に及ぶ男女の愛の軌跡を描いたラブストーリー。

互いにひかれ合いながらも友人でいることを選び、親友として毎年7月15日を一緒に過ごすと決める。

雨の日が印象的なシーン
衝撃的な雨のラストシーン。

大切なひとに出会った日・恋をした日・喧嘩をしてしまった日・当たり前に過ごした「一日」に焦点を当てた2人の恋の結末は、きっと忘れらない1日を呼び覚まし、自分にとって大切な人は誰なのかを教えてくれます。

ayaka
何度も観ている私のお気に入りの映画です。

当たり前じゃない、大切な人との時を大事にしたいと思わせてくれる作品です。

純粋な思いで彼を想いつづける役を演じるアン・ハサウェイはとても可愛らしいですよ!

坂道のアポロン(2018年)

Netflix視聴可能


あらすじ:佐世保が舞台の映画。

高校一年生の西見薫は、父親の仕事の都合で横須賀からひとり、親戚のいる九州へ引っ越してきた。

それまで優等生で周囲に心を閉ざしがちな薫だったが、“札付きのワル”と恐れられる破天荒なクラスメイト・川渕千太郎との出会いが彼を変えていく。

千太郎を通じて知ったジャズの魅力、そして初めての「友達」と呼べる存在。

仲間と奏でる音楽がこんなにも楽しいなんて!アメリカの文化漂う海辺の街を舞台に、友情・恋心・音楽がまぶしく交錯する青春群像劇!

雨が印象的なシーン
冒頭に登場する雨のシーンから、この物語のはじまり。

誰もが憧れた青春の輝きとエネルギーに触れられる映画です。

実際の佐世保にあった町並みのファンタジーな世界観も見ものです。

ayaka
生まれ育った町である佐世保に、自身が味わったことのない時代の風景が新鮮でタイムスリップしたようなファンタジーさも感じました!

青春の疑似体験ができた感覚で、心温まりました。青春っていいなぁ~!!

雨の日は、おうちで映画鑑賞はいかが?

長雨の続く時期、気が滅入ることも多いかと思いますが、映画を通して雨の日を魅力だと感じることができれば雨の日も悪くないな…と思えるかも知れません。

おうち時間で映画を満喫してみてはいかがでしょう。

ぜひ映画選びの参考にしてみてくださいね!!
雨

WRITERこの記事をかいた人

ayaka

アウトドアにハマりつつあります!シーカヤックが好きで、何にも考えず海の上に浮いてるのが好きです♪カフェ巡りも好きで、毎日コーヒーは欠かせませんっ!