東映アニメ×国際大 佐世保のアニメ『URVAN』プロジェクト【させつーニュース】

urvan 佐世保アニメ

東映アニメと国際大の学生が佐世保を舞台にしたアニメをリモートで制作!サイバーパンクで神秘的な佐世保のアニメ映像が1月末に公開されるよ!

目次

東映アニメ×国際大 『URVAN』プロジェクト

こんにちは。『させつーニュース』のお時間です。

『させつーニュース』とは、佐世保にまつわるHOTな旬の情報や、「へぇ~」「ほぉ~」と思うような雑談ネタなどをお届けするお時間です。

長崎国際大学の尾場ゼミと、プリキュアやワンピースなど日本を代表するアニメの制作をしている東映アニメが、佐世保を舞台にしたアニメを制作しました。
urvan 佐世保アニメ

リモートによる共同制作!佐世保を舞台にした新しいアニメ

タイトルは『URVAN』。公開は1月末にYouTubeで配信予定です。

『URVAN』(ウルヴァン)とは?
『URVAN』とは、「お盆」すなわち「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の語源といわれる、紀元前7世紀頃の古代アヴェスター語「ウルヴァン(霊魂)」を指します。
長崎県佐世保市を舞台に、霊を迎え入れ、そして送り出すお盆をモチーフに、「非日常」と「日常」が交錯する、神秘的でどこかなつかしい、サイバーパンクアクションです。

ロケハンは組まず、国際大観光学科の尾場ゼミの学生が現地から写真を撮り、東映スタッフにチャットアプリ「slack」などで共有。

有名な観光スポットだけでなく、地元の人だからこそ知っている風景・特産品・文化等をピックアップしているそう。

そしてその資料をもとに、東映スタッフがイラストとして作品を仕上げました。

コロナ禍の2020年6月から始まったプロジェクトだったため、ほぼリモートでやり取りが行われたそうです。

12月のきらきらフェスティバルで発表会も予定していましたが、コロナ感染拡大が危惧されたため、お披露目会も中止となってしまいました。

サイバーパンクな佐世保

動画は、もうちょっと待っていただきますが、いくつかイラストを紹介しましょう。
uruvan
佐世保独楽が飛んでますね。
uruvan
遊覧船も空に飛んでいきそう。

どうですか?
これが、サイバーパンクというものだそうです。現実とバーチャルのはざまにいるような感じですね。

普段みる佐世保の風景もこんなかっこよくなっちゃうんですね。

佐世保豆乳や九十九島せんぺいとかも登場するみたいですよ。

オリジナルキャラクター碧波みなと

また、「碧波(あおば)みなと」というキャラクターが出てきます。
urvan 佐世保アニメ みなと
こちらもゼミでプロデュースしたとのこと。
かわいいですね。お洋服も佐世保っぽくセーラー服です。

現在、インスタ、ツイッターなどで佐世保の色々なところを紹介しています、よかったらフォロ-してみてくださいね。

ということで、公開をお楽しみに!

尾場ゼミは絵本も製作してるよ

ゼミの学生が聞き取りをし、イラストはOGが制作。

URVAN
web プレスリリースについてはこちら
碧波みなと⚓
碧波みなと⚓
いつも使うSNSをフォローして
佐世保の情報をゲット!
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

させぼ通信の代表です。させぼ通信を今後もよろしくおねがいしますね。

私は、デジタルマーケッターであり、求人ライターです。

・デジタルマーケティング支援
・求人票の書き方支援
が得意です。
ご依頼はインスタグラムよりDMくださいませ

   
目次
閉じる