MENU

\取材依頼・広告掲載はお気軽にお電話ください/

↓メールでのお問い合わせはこちら↓

↓掲載料金はこちらをご覧ください↓

\集客についてのお悩みはここで解決できるかも!/

【秋の釣りシーズン】佐世保で釣れた魚まとめ!!

秋は釣りの季節です。この秋ひろたっきが佐世保の海で釣った魚たちをまとめました。

一年でもっとも釣れやすいこのシーズン、釣って釣って釣りまくって、おいしい秋の魚たちを堪能しましょう!

目次

秋は釣りのシーズン

みなさん、こんにちは!いかがお過ごしでしょうか、ひろたっきです!

秋も深まりだいぶ寒くなってきましたね。ですが釣り的に言えば、海の中はまだまだ釣りシーズンまっただ中!

今回は、この秋例年になく好調なひろたっきが釣った魚たちとその調理をご紹介しますよー!

釣れた魚たち

佐世保の海は実に多種多様な魚たちがいます。宝の海ですね。

この秋釣れた魚たちをご紹介しますね。

アオリイカ

やはりまずは佐世保の釣りの秋の名物アオリイカでしょう。

アオリイカ
佐世保名物アオリイカ

前回の記事にも書きましたが「釣ってヨシ食べてヨシ」の人気ターゲットですね。

あわせて読みたい
贅沢朝ごはん!釣ったイカでイカ刺丼!! ルアー釣りの中でも人気の高いイカ釣り。そのイカ釣りの中でも人気なのはアオリイカ釣りです。 釣って楽しい、食べて美味しいアオリイカ。 秋はそんなアオリイカがもっ...

サワラ

続いてはこちらも佐世保湾釣りの秋の名物サワラ(サゴシ)です。

サワラ
サワラ(サゴシ)。佐世保湾釣りの秋の名物。

秋になると佐世保の海に現れるのがサゴシと言われるサワラの幼魚です。

幼魚と言っても大きさは30cmくらいから、大きいものだと60cm前後のものもいて、引きも強く釣れると楽しい魚です。

釣りにはブリやヒラマサ、カツオなど『青物(あおもの)』と呼ばれるターゲット魚たちが居て、その引きの強さから人気なのですが、こちらのサゴシも青物の仲間です。

比較的簡単に釣れる青物、ということで人気のターゲットな一方で、その鋭い歯で仕掛けをスパッと切ってしまう厄介者でもあります。

味は大きければ大きいほど美味しい!

記事の後半でサゴシの料理編もありますので、ぜひ最後までご覧ください!

ヒラメ

今年も無事釣れました!高級魚のヒラメさん!

ヒラメ
今年もヒラメが釣れました。ありがたやー。

ひろたっきは1年に1回くらいのペースでポロっと釣っているヒラメ。ただ狙って釣ったことはないですがネ。

ご褒美ですね。1年釣り頑張ったね、って。

勝手にそう思い込んでます。

ヒラメの調理は以前の記事で紹介しましたので今回は省きますが、やっぱヒラメ美味しいですね!

あわせて読みたい
釣り好きライターが行く!ヒラメ釣ったバイ!編 みなさん、こんにちは!いかがお過ごしでしょうか、ひろたっきです! 11月某日、某相浦地区の地磯(歩いて行ける磯)で釣りをしていたところ、なんと!ヒラメが釣れまし...

アコウ(キジハタ)

こちらはアコウ(キジハタ)です。

アコウ
おいしいアコウさん

『根魚(ねざかな)』と呼ばれる種類の魚で、海底の岩場とか物陰に住む魚です。

引きも強く、味も美味しい、「釣って楽しい食べて美味しい」魚ですが、今回は小さかったのでリリースしました。

大きくなってまた帰ってこいヨ!

アオナ(アオハタ)

こちらはアオナ(アオハタ)ですね。

アコウと同じく根魚系の仲間です。

アオハタ
なかなかレアなアオハタさん

あまり陸から釣れることは少ないのですが、やっぱりぼくの腕が良いんですかネエ・・・(遠い目)。

こちらも小さかったのでリリースしました。

フグ

この秋一番釣れたのがこちらのフグ!

フグ
憎めないかわいさ

釣り人の天敵といえばクサフグで、クサフグはなんでも食ってきてホイホイ釣れちゃうおジャマ虫ですが、この秋は違った種類のフグがよーく釣れましたよ。

恐らくカナトフグと呼ばれる無毒で美味しいフグなのですが、正直よくわからないのでリリース!

良くわからないものは素手で触らない、持ち帰らない、食べない、が鉄則です。

ダツ

ある日の早朝に釣れたのがこちらのダツ

ダツ
ダツの鋭く尖った口は人にも刺さるので危険デス。

その尖った口や鋭い歯は危ないので要注意。死亡例もあるくらい危険です。

味もマズイと言われてますのでこちらも(へっぴり腰で)リリース。

イトヨリダイ

こちらは見た目がめちゃくちゃ美しいイトヨリダイです。

イトヨリ
イトヨリさん超きれい

「なんでこんなに」というくらい色鮮やかで、「なんでこんなに」というくらい長い黄色の尻尾を持つおしゃれさん。

スーパーでもよく売られていますが、味もおいしいです。

ただ今回は小さかったので、さようなら、リリースです。

コウイカ

イカはアオリイカだけじゃない!コウイカだって釣れるんだい!

甲イカ
宇宙人と言われても信じちゃうな

釣り人からすればアオリイカが当たりで、コウイカはハズレ、みたいな扱いですがコウイカだって美味しいんですよね。

「墨イカ」と呼ばれるくらい人一倍墨を吐くコウイカさんは、やっぱりイカスミ料理によく使われます。

こちらのコウイカの調理もこの後ご紹介しますね。

   

釣った魚を食べよう

釣りの楽しみのひとつはそのおいしい魚を味わえること!

ということでレッツ調理!

サワラの炙り刺身

サワラを適当に捌いて、バーナーで炙ります。

炙りサワラ
脂で勢いを増す炎!ふぁいやー!

あとはネギや大葉などお好きな薬味でもまぶして完成。

炙りサワラ2
この秋一番のヒット作

このサワラの炙り刺身はこの秋一番のヒット作でした。

めちゃくちゃ美味かった!

サワラのから揚げ

子どもたちは刺身を食べないので、半身はから揚げに。

漬け込み
おいしくなーれ(命令)

調味料にしばし漬け込んで揚げれば完成です。

からあげ
決してコゲてません。決して。

子どもより親のほうがバクバク食べたのは誤算でしたが、こちらも美味でした!

イカスミパスタ

釣りでもしない限りなかなか自宅でイカスミを使った料理はしないかと思います。

今回は見た目のハードさとは裏腹にとってもおいしいイカスミパスタを作りましょう。

スミ袋
スミ袋。取り扱いは丁重に…。

適当に切った野菜とイカの身を、ニンニクで香り付けした油で炒め、イカスミ投入。

そして適当にコンソメやら塩コショウで味付けをして、ある程度混ざったら茹でたパスタを投入します。

パスタ調理
すべて黒に染まっていくぅ

すべてを無に帰すような黒!漆黒の黒!

その圧倒的なスミの威力になんだか興奮してきます。無駄に。

麵とスミが絡んだらお皿に盛って粉チーズでも振りかければ完成です。

イカスミパスタ
食後の歯磨きで歯ブラシまで黒に染める黒さ

これも美味かったー!

生臭さもなく、でも旨味が濃く、とっても美味でございました。

ちなみに子どもたちは見た目でアウト。食べませんでした。ぶう。

釣りしませんか

さて、思ったより長い記事になってますが、いかがでしたでしょうか。

釣り行きたくなったでしょう?(*^^*)

釣り
釣り中のひろたっき

シーズンだからと言って必ず毎回釣れるわけではないですが、行かないと釣れないわけで。

ひろたっきのモットーは「釣りは上手いから釣れるんじゃなくて、釣りに行くから釣れるんだ」です。

まずは一度釣りに行ってみませんか?

そしてマナーを守って佐世保の自然を楽しみましょう!

お知らせ

趣味から起業副業に役立つフォトライティングというスキルの入門講座を開催します!興味ある方は覗いて見てくださいね〜
フォトライター入門講座▶▶

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

趣味は釣り。苦手なことは釣り。釣りを愛し釣りに愛されない男。釣りの帰りに魚を買う買い物上手。

目次
閉じる