東京2020のあの競技に佐世保ゆかりの選手が出場していた【させつーニュース】

みなさん東京2020はご覧になりましたか?

いろんな競技でたくさんの選手がメダルを獲得して、とても熱かったですよね!
なんと歴代最多のメダル獲得数だったんですよ~。

そんなオリンピックに実は佐世保ゆかりの選手が出場していたのはご存知でしたか?
今回はそんな選手たちをご紹介したいと思います!

目次

東京五輪 佐世保ゆかりの選手

こんにちは。『させつーニュース』のお時間です。

『させつーニュース』とは、佐世保にまつわるHOTな旬の情報や、「へぇ~」「ほぉ~」と思うような雑談ネタなどをお届けするお時間です。

先日終了したオリンピック。日本もたくさんのメダルを取りましたよね!
金メダルを27個、銀メダルを14個、銅メダルを17個の計58個!
過去最多だった2016年の41個を大きく上回る結果になりました。

とても盛り上がった東京2020、実は佐世保に縁のある選手が出場していたのはご存知ですか?

その中から柔道女子52キロ級のタイ代表、深見利佐子選手が朝長市長の元を訪れました。

深見利佐子選手はお父さんがタイ人、お母さんが日本人のハーフでタイ出身。そして生後間もなく佐世保に移住されたそうです。
出身校は山澄中学校、佐世保西高、筑波大学。このうち佐世保西高時代は48キロ級で2度もインターハイに出場されました!

初出場となった今回の五輪ではモロッコの選手と対戦して、延長で敗退。

深見利佐子選手は朝長市長に「五輪の舞台に立てたことは誇り。佐世保市全体で応援していただけたことが非常にうれしい」など語りました。

これからは柔道家ではなく、大学院で近代化遺産の保存について研究をされていることから研究者を目指されるそうです。

   

その他にもゆかりの選手がいた!

東京2020では先ほど紹介した深見利佐子選手以外にも佐世保に縁のある選手が出場されていました!
今回はそんな選手たちをご紹介したいと思います!

バレーボール

小幡真子選手

誕生日・・・1992年8月15日生まれ
ポジション・・・リベロ
出身校・・・九州文化学園高校、日本体育大学
所属・・・JTマーヴェラス
試合結果・・・グループリーグ5位で予選敗退

アーチェリー

早川漣選手

誕生日・・・1987年8月24日生まれ
出身校・・・日本体育大学
所属・・・(株)デンソーソリューション
経歴・・・佐世保市民栄誉賞受賞、佐世保商業高校スポーツ専門員、長崎国際大学にて指導など
試合結果・・・女子団体ランキングラウンド4位、女子個人ランキングラウンド16位

ソフトボール

藤田倭選手

誕生日・・・1990年12月18日生まれ
ポジション・・・投手
出身校・・・崎辺中学校、佐賀女子高校
所属・・・ビックカメラ高崎
試合結果・・・金メダル獲得

4人も佐世保ゆかりの選手がオリンピックに出場しているなんてすごいですね!
しかもソフトボールは金メダル!メダルが決まった瞬間をテレビで見ていたんですが、とても感動しました。

とても盛り上がった東京2020。出場した選手の皆さん、感動をありがとう!そしてお疲れさまでした!
パラリンピックも楽しみですね!

※この記事は長崎新聞、佐世保市役所HPを参考に作成しております。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

音楽とライブと文章を書くことが好きです。いつでも好きなものを探すセンサーを張ってる人間です。

目次
閉じる