換えまっしょいでお馴染みの初夏の風物詩!『早岐茶市』が今年も開催するよ~!

早岐茶市

早岐茶市 2019

ゴールデンウィークも終わりを迎えましたが、早岐の初夏の風物詩とも言える『早岐茶市』が始まりますよ~!
毎年、ゴールデンウィークが終わったら早岐茶市のスタートというイメージが強いですよね。

開催期間中、【初市】【中市】【後市】【梅市】と分かれて開催される早岐茶市、今年2019年のスタートは5月7日(火)からとなっております!

会場は、お馴染みの早岐瀬戸沿岸一帯。
JR・バスなどの公共交通機関を利用してのご来場をオススメされています。

ちなみに、早岐駅から徒歩5分、早岐中町バス停から徒歩1分、田子の浦バス停から徒歩5分となっておりますよ~。

そもそも、早岐茶市って?

スクリーンショット 2016-05-07 7.22.44 PM

400有余年の歴史をもつ「早岐茶市」。
安土桃山時代の頃から海陸共に交通の要であった早岐で、山に住んでいた猟師や山武士達が獲った鳥獣の皮等と、海辺に住む漁師が獲った魚や海藻等と物々交換をしていたことから自然発生的に「市」が立つようになり、田植前の農閑起で、初夏の素晴らしいこの季節に縁起のいい「七・八・九」のつく日に市が開かれるようになりました。

5月、この頃がちょうど季節の変わり目で、爽やかな風と共に茶市がくると夏がやってきます。
「茶市ん風にあたるぎんた、そん年は風邪ひかんとバイ」と、昔からいわれています。

換えまっしょい、換えまっしょいって言おう

早岐瀬戸の周辺は「換えまっしょい、換えまっしょい」と海や山の幸を交換する人々、数万の人出があったと伝えられております。

早岐茶市は、何と400余年の歴史があるんですね~。
お茶だけでなく、海産物や水産加工品も販売されていますよ。
現代に引き継ぎ、今でも活気に溢れている歴史ある市なのです!
早岐茶市 片付け

ステージでは、ダンスショーなどの催しやイベントも開催されますよ~!
イベントについてはコチラよりご確認ください。

初夏の早岐は茶市が熱い!

多くのお客さんで賑わう早岐茶市は、もはや初夏の早岐の風物詩とも言える恒例イベント。
佐世保市外からも足を運ばれるお客さんも多いんだそう~。

会場の早岐瀬戸を海だと思ってる人も多いけど、瀬戸だからね!
こちらの記事を見てから行くと、早岐のことがもっと分かるよ~。

させぼあるある:早岐人はツッコミたくて仕方がない?その理由とは…

2019.02.20

カフェ激戦区でもある早岐エリア。
茶市とあわせて、カフェ巡りもいかが~?

早岐1丁目に『イワモトコーヒー』がNewオープン!本格サイフォンコーヒーが楽しめますよ〜♡

2019.02.22

可愛いラテアートで有名!権常寺のみのるCafeにいってきたよぉー。

2018.12.13

早岐町にほっとひとやすみできる「cafe ハイク」がオープンしてたよー

2018.07.14
早岐茶市
開催期間
  • 初市:5月7,8,9日
  • 中市:5月17,18,19日
  • 後市:5月27,28,29日
  • 梅市:6月7,8,9日
電話0956-38-1503
(早岐商工振興会)
web 早岐茶市公式ホームページ

WRITERこの記事をかいた人

しゅがー

生まれも育ちも佐世保市の佐世保大好き人間!食べることが大好きで、絶賛ダイエット中です❤︎ 趣味はお店発掘、イベント巡り!佐世保はもちろん、長崎県内から佐賀、福岡によく出没します。 とにかく食べ物が美味しい佐世保の魅力を余すことなくお伝えしていきます!