癒されたい方必見!佐世保のパワースポット淡島神社と八大龍王神

目次

九十九島の絶景も楽しめる!淡島神社と八大龍王神

日常生活で「疲れた」「癒されたい」と思うことありますよね〜。そんな時には、パワースポットに足を運んで日頃の疲れから解放されてみませんか?

パワースポットとは、自然や建物からパワーを感じ、「元気がもらえる」「癒やされる」などの効果を感じられる場所を指すそうです。

今回は、佐世保市船越町にあるパワースポット「淡島神社」と「八大龍王神」をご紹介します。パワーをもらえるだけではなく、九十九島の絶景も楽しめますよ。ぜひ記事を参考に、お出かけしてみてください!

アクセスと駐車場

淡島神社は、九十九島パールシーリゾートからも近く車で約2kmです。カーナビは「長崎県佐世保市船越町168」で検索してくださいね。

森のパン屋さん くるりん(鹿子前店は土・日のみの営業)の看板が見えたら、右手前方にある下り坂の方へ進みます。

佐世保の淡島神社へのアクセス

途中『淡島神社』の貼紙があるので目印に進みましょう。住宅地の道は狭く離合できない箇所があるので、ご注意ください。

佐世保の淡島神社へのアクセス

到着しました〜!広い無料駐車場があります。

佐世保の淡島神社の駐車場

目の前は九十九島の海で、穏やかな波の音に癒されます。ちなみに、田崎真珠の養殖場は九十九島のココ1カ所みたいですよ。

佐世保の淡島神社の駐車場看板

淡島神社は、西海国立公園「九十九島」の島の一つにあります。橋を渡って島へ行きますよ〜。

佐世保の淡島神社の入り口

鳥居から社殿までプチ散歩

淡島神社の鳥居です。鳥居をくぐることは穢れを払うという意味もあるので、鳥居をくぐる前に軽く一礼し神様に挨拶しましょう。

佐世保の淡島神社の鳥居

淡島神社の由来には、「淡島様は特に女性をお守りくださる神様で妊産婦の方にも慈悲深い淡島様として親しまれております」と説明があります。

佐世保の淡島神社の由来

参道は、階段と坂道の2つあります。妊婦の方は階段の方がいいみたいです。私も階段で歩いて行きます。

佐世保の淡島神社の参道
佐世保の淡島神社の参道

階段は意外と短く、残りの参道は綺麗に舗装されいる緩やかな坂道で歩きやすかったです。多くの木に囲まれており、歩くだけで良い気分になってきました。

佐世保の淡島神社の参道

途中、右手に「八大龍王神参道(はちだいりゅうおうじん)」と書いてある細い道がありますが、こちらはあとで行きますよ〜。

佐世保の淡島神社の参道

そして、程なく行くと本殿が見えます。

佐世保の淡島神社の社殿

安産や子宝にご利益がある神社

淡島神社はこじんまりとしていますが、少彦名命をはじめとする神様が3柱祭られているそうです。安産や子宝、婦人病の治癒などにご利益があるといわれる、女性にうれしい神様です。

佐世保の淡島神社の社殿

戌の日の安産祈願も受付ていますよ〜!

佐世保の淡島神社の祈願について

このご時世なので、インパクトがある赤い目の狛犬様の足元にはアルコールスプレーがありました。

淡島神社の狛犬とアルコールスプレー

納札箱には、お札やお守りだけを袋から出して納めましょう。

佐世保の淡島神社の納札箱

おみくじ・絵馬・御守りはありましたが、御朱印はなかったです。

佐世保の淡島神社のおみくじかけ

石灯籠には、スマホ撮影用のホルダーがありました。

淡島神社にある撮影用ホルダー

境内からは、九十九島の絶景が眺められます。

佐世保の淡島神社からの眺め

くぐると願いが叶うミニ鳥居

拝殿の向かいには、小さな鳥居があります。大きさは、大人が腹ばいでなんとかくぐれる感じでしょうか。

淡島神社の願いが叶う小鳥居

説明によると、鳥居をくぐることにより、身を清め、願いが叶います(老若男女問わず)

「オンソラソバ・テイエイソワカ」と3回唱え、願いを込め、3度同じ方向からくぐります。

肩幅などでくぐれない場合は、左回りに3度回ります。特に、妊婦(5ヶ月と8ヶ月過ぎ)、子宝にご利益があります。

淡島神社の小鳥居の説明

小鳥居用の敷物は神社正面に用意されています。これを敷いて・・・

淡島神社の願いが叶う小鳥居

意外とすんなり通れました〜!汚れても良い服で、是非トライしてみてくださいね!

淡島神社の願いが叶う小鳥居

八大龍王神参道から龍神橋へ

帰りは先程の分岐点、八大龍王神参道へ。

佐世保の八大龍王神参道入り口

八大龍王神参道は舗装されていません。波の音や鳥のさえずりが聞こえてきて癒されます。

佐世保の八大龍王神参道

途中、九十九島が見えました。

八大龍王神参道からの九十九島

少し歩くと龍神橋へ出ます。

九十九島にある龍神橋

いやぁ~この景色!思わず写真を撮りたくなるインスタ映えスポットです。赤い手すり、青い海と空、緑の木々のコントラスが絵になりますね。

九十九島にある龍神橋

波によって浸食された岩も見る価値アリです。素敵な景色を目の当たりにすると、それだけで心が洗われる気がします。

九十九島にある龍神橋

八大龍王神

龍神橋を渡り、八大龍王神へ向かう階段を登ります。

佐世保八大龍王神参道

草木が生い茂った道を進みます。

佐世保八大龍王神参道

ようやく八大龍王神とご対面です。

佐世保の八大龍王神

右が雄龍で左が雌龍、後ろには九十九島が見えます。

佐世保の八大龍王神

スニーカー・長ズボンがおすすめ

八大龍王神参道は、舗装されてなかったり雑草が伸びていたりするので、ヒールやサンダルではなくスニーカーに長ズボンが良いと思います。

淡島神社や八大龍王神は観光ガイドブックには載っていない知る人ぞ知る穴場で、島全体がパワースポットともいわれる場所です。自然を身近に感じられるのも魅力のひとつでしょう。

ドライブがてら、佐世保でも屈指のパワースポットを訪れてみませんか。

淡島神社
住所|長崎県佐世保市船越町168
電話|0956-28-5391
時間|終日開放
駐車場|無料駐車場あり

インスタ
  • URLをコピーしました!
無料でお知らせ掲示板に書き込む

イベントやお店、サークルのお知らせ掲示板へ無料で投稿できます。ぜひ投稿してみてください※無料で1投稿

詳しくはこちら>>フリープランのお知らせ

ライターになって地域を盛り上げる

佐世保エリアの最新情報や、させぼ通信でまだ取り上げてないお店やスポットの情報を書いてみませんか?

詳しくはこちら>>ライター募集

佐世保のホームページ制作とリニューアルは集客専門ウェブロ

2019年春に、佐世保へ引越してきたアラフォーです。
【好きなもの】カレー、餃子、コーヒー、本屋、アウトドア、宅トレ【自慢】100kmウルトラマラソン完走

目次