小麦粉と製法にこだわったパン『山下パン』

こんにちは、キャンパー兼させつーライターの西村ヒロシです。

今回、東彼杵郡波佐見町の人気のお店『山下パン』を紹介します。

目次

人気の山下パン

山下さんがオーナーの『山下パン』は、波佐見町に1月にオープンして以来、地元はもちろん、町内外からも多くのファンが足繁く通うパン屋さん。

添加物、防カビ剤、乳化剤も一切使用せず、こだわりの材料を使ったパンは、高齢者の方や、妊婦の方、赤ちゃんも安心して食べることができます。連日お昼頃には売れきれるほどの人気ですよ。

山下パンの場所はこちら

場所は波佐見町折敷瀬郷舞相交差点から西の原方面へ向い、ダイハツさんの看板見えたら左手、嬉野側からなら右手です。

鮮やかなブルーとブラウンが塗装された建物、「焼きたてパン」のノボリが目印です。

看板とお店のカラーになにか意味があるんですか?と、オーナーの山下さんに尋ねると、

「波佐見といえば個人的なイメージは「blue 」だったんです。それにパンの茶色をイメージしてます。 」

と教えてくれました。お店の内装も明るい気持ちでの日々仕事ができよようにと奥様が壁紙を提案してくれたそうです。

パンのこだわり

熊本製粉・南のめぐみ

小麦粉は九州・熊本産その他全ての材料は国産のものを使用し、添加物は一切使用していないという、身体に配慮したパンづくりをされています。

また、パンの種類を絞って破棄ロスを出さないSDGsの取組みも行っています。

お店のようすとオススメ

オーナーの山下さんは佐世保市出身で、大阪の洋菓子店で修行されました。

帰郷後、佐世保のフランス菓子店でパティシエ、パン職人として20年の経験を積まれました。

また、短大製菓コースの講師やNPO法人の職業指導員の実績もあり、ハウステンボス「ホテルヨーロッパ」のベーカリー課を退職し念願の山下パンをオープンされたそうです。

店内のようす

店内はカウンターの上に出来立てのパンがずらりと並びパンのいい香りが店内に広がります。

対面販売で、お店の方は話しやすいので、会話を楽しみながらパンが選べるのもポイントです。

熊本玉名産小麦食パン

食パンは、熊本玉名産の小麦粉と石臼挽き粉、バター、生クリームで作られています。

食パンを口に入れると小麦の香りの余韻が残ります。素材を厳選されている食パンは2斤サイズ。

南のめぐみバケット

バケットは、熊本産小麦「南のめぐみ」で作られていて、周りはパリパリ、中はふわふわで噛みしめるほど小麦粉の味わいが口いっぱいに広がります。

南のめぐみブリオッシュ

こちらは人気の商品「ブリオッシュ」です。九州小麦である南のめぐみと本物のバターを織り込み、ふわふわの柔らかい口当たりでリッチな風味です。

紹介したようなシンプルな素材パンだけでなく、原材料に贅沢な素材も使用したバターの香り高いクロワッサンや、フルーツを使用したパンなど種類も幅広く用意されていますよ。

こだわりの焼きたてパンが次々と焼き上あがり、できたてのパンがすぐ食べることができるもの魅力の一つです。

さいごに

波佐見は景色がいいところ、窯元めぐり、ドライブ道すがらにお土産としてもオススメです。是非お越しください。とのことです。

贅沢な原材料、製法にこだわったひと味違ったパンを、是非ご賞味ください。

素材にこだわったひと味違ったパンを、是非ご賞味ください。

山下パン
住所|長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷1693-1
時間|10:00〜売り切れ次第終了
定休日|火・水
駐車場|あり
支払い|現金のみ

  • URLをコピーしました!
無料でお知らせ追加する

イベントやお店、サークルのお知らせを無料で投稿できます。ぜひ投稿してみてください※無料で1投稿

詳しくはこちら>>フリープランのお知らせ

ライターになって地域を盛り上げる

佐世保エリアの最新情報や、させぼ通信でまだ取り上げてないお店やスポットの情報を書いてみませんか?

詳しくはこちら>>ライター募集

佐世保のホームページ制作とリニューアルは集客専門ウェブロ

キャンプが趣味、お笑い芸人の西村とヒロシ。
2人の名前を合わせた、西村ヒロシです。
休みの日は、プライベートキャンプ場でゆっくりと
一人の時間を過ごすのが楽しみです。

目次