12月1日『映画の日』って知ってた?映画が1,000円で観られるよ!

映画の日 アイキャッチ

みなさん映画鑑賞はお好きですか?

映画館には行かないけど、家でAmazonプライムやNetflixで映画を観てるよーって方も多いのでは?

そんな方に、『映画の日』とはなんぞやをご紹介します。

目次

映画の日

12月1日は『映画の日』を記念して、日本映画界の各団体が、多年にわたり日本映画に貢献してきた人々への記念式典や、上映会、トークショー、映画館の入場料割引など、映画を劇場で見ることの魅力を広く知ってもらおうとしているそうですね~!

「今年の表彰は誰かな?」などと、予想を立ててみるのも面白いかも!

映画をみる以外の観点からも『映画の日』を楽しむのはいかがでしょうか。

なぜ12月1日が『映画の日』?
明治29年(1896年)、神戸市で日本で初めて映画が上映されたのを記念して、昭和31年(1956年)に映画産業団体連合が12月1日を『映画の日』と制定したようです。

全国一律1,000円!

通常映画チケットは、各劇場により異なりますが、だいたいが一般1,800~1,900円だと思います。

それが12月1日『映画の日』には、全国一律で映画鑑賞料が1,000円!!

シネマボックス太陽 外観

我らが佐世保、シネマボックス太陽でも『映画の日』割引サービスがあり、1,000円で映画が楽しめます!

2021年の12月1日は水曜日です。仕事帰りなどに、映画館で映画を楽しんでみては♪

シネマボックス太陽
住所|長崎県佐世保市島地町1-17
電話|0956-24-5151
駐車場|なし(近隣のコインパーキング利用&駐車券の提示で、駐車券割引あり)

ホームページ

ここからは「へぇ~」「ほぉ~」と思えるような、映画にまつわる雑学です!

「キネトスコープ」とは?

キネトスコープは、エジソンが発明した映画の上映装置です。

当時、日本で初めて一般公開された映画は、現在のスクリーンに映写されるタイプではなく、「キネトスコープ」と呼ばれるもので1人ずつ立ったまま覗き込んで見ていたそうΣ(・ω・ノ)ノ!

1人ずつしか鑑賞ができないため、1894年からアメリカでは「キネトスコープ」を複数台並べた”キネトスコープ・パーラー”が流行していたようです!

また、エジソンは映画を撮影する装置、「キネトグラフ」も発明していました。

ayaka
はぁ~~!初めはこんな装置が使われていたなんて知らなかった~!!面白い!

映画~スクリーン上映の始まり~

1890年代後半に、「シネマトグラフ」が登場します!

このシネマトグラフは、スクリーンに映像を投影する現代のスタイルであり、一度に多数の観客が映画を鑑賞出来るようになったようです。

「シネマトグラフ」とは?

エジソンの”キネトスコープ・パーラー”の流行と同時期に、リュミエール兄弟が「シネマトグラフ」を発明します。

「シネマトグラフ」は、映像をスクリーンに投影する装置です。

1895年、世界で初めて映画がスクリーン上映された記念日として、12月28日『シネマトグラフの日』となったようですね!

こうして、映画が誕生日した模様ですね\(◎o◎)/!

まとめると…

12月1日 エジソン発明「キネトスコープ・キネトグラフ」により制定された『映画の日』

12月28日 リュミエール兄弟発明「シネマトグラフ」により制定された『シネマトグラフの日』

どちらも映画の誕生には欠かせない記念日が制定されているようですね!!

  • URLをコピーしました!
無料でお知らせ追加する

イベントやお店、サークルのお知らせを無料で投稿できます。ぜひ投稿してみてください※無料で1投稿

詳しくはこちら>>フリープランのお知らせ

ライターになって地域を盛り上げる

佐世保エリアの最新情報や、させぼ通信でまだ取り上げてないお店やスポットの情報を書いてみませんか?

詳しくはこちら>>ライター募集

佐世保のホームページ制作とリニューアルは集客専門ウェブロ

させぼ通信をご覧いただきありがとうございます♪
たくさんの人に情報をシェアしていただけると嬉しいです。

情報発信を通して佐世保がもっと楽しく住みやすい街へ

目次