3

ヒット絵本「えんとつ町のプペル」の映画が佐世保でも上映になるって!


この記事は映画えんとつ町のプペルについて紹介しています。

どうも、ふじむらです。ご無沙汰ですが、記事の更新をサボっているわけじゃなく、様々なジャンルでおもしろい記事を書いてくれる発信パートナーさんにお任せできているため、「出る幕なし」って感じなのです。はい。

映画「えんとつ町のプペル」

皆さん「えんとつ町のプペル」って絵本ご存知?絵本すべてのページが 公式サイトや、Instagramで公開されているという話題作。

お笑い芸人そして絵本作家でもあるキングコング西野亮廣氏が脚本&監督をつとめ、発行部数50万部を突破し日本にとどまらず海外でも翻訳されるなど大ヒットとなっている絵本。

全編をインターネットで公開されたことだけでなく、 製作費の一部がクラウドファンディングで集められたり、制作が分業で作られたことでも話題になりましたよね。

映画公開はクリスマスから

そんな人気の絵本、話題の映画もわがまち佐世保唯一の映画館シネマボックス太陽にて上映が決まっております。
シネマボックス太陽と映画えんとつ町のプペルのフライヤー

映画の公開日はクリスマスの12月25日。ポケットモンスターの映画「劇場版ポケットモンスター ココ」とダダ被っていまして、クリスマスから多くの人が映画館に足を運びそうです。

はまり役の声優(俳優)陣

制作総指揮を執っている西野亮廣氏が自らオファーしたという豪華声優さんの顔ぶれがこちら。

ゴミから生まれたゴミ人間プペル:窪田正孝
星を信じ続ける少年ルビッチ:芦田愛菜
ルビッチの父ブルーノ役:落語家の立川志の輔
ルビッチの母ローラ役:小池栄子
おしゃべり鉱山泥棒のスコップ:藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
えんとつ町を統べるレター15世:野間口徹
星を信じるルビッチを笑うアントニオ:伊藤沙莉
陰の独裁者トシアキ:宮根誠司
アントニオの友達デニス:大平祥生(JO1)
えんとつ掃除屋のスーさん:飯尾和樹(ずん)
頼れる煙突掃除屋アイパッチ:山内圭哉
えんとつ掃除屋のボスであるダン:國村隼
(敬称略)

個人的に、ずんの飯尾さんが好きなのでえんとつ掃除屋のスーさんが楽しみ。

2020年を代表するアニメ映画の本編前予告にて

ニュースになっている映画「劇場版鬼滅の刃 無限列車編」は、公開3日間で全国動員342万人、興行収入が46億円を超え、日本歴代映画で一位を記録したと。

そんな全国の大人子どもがたくさん観ている映画の本編上映の前に、映画「えんとつ町のプペル」の予告編が流れていました。

映画えんとつ町のプペル公式サイトではポスターやバナー画像が自由に使えるようにされているので、私も早速ダウンロードして名前を入れてみましたぜ。

私はクリスマスは映画を観て過ごしちゃいますからね。

映画えんとつ町のプペル
上映場所シネマボックス太陽
住所長崎県佐世保市島地町1-17 [地図]
電話0956-24-5151

いろいろな応援が続々と

この映画えんとつ町のプペルは、お笑い芸人のオリエンタルラジオがYOUTUBEで応援したり、アーティストの Play.Gooseがカバー曲を作ったり、 OWNDAYS代表の田中修治さんのような起業家の方が全社をあげて盛り上げたりと各方面からいろいろな形で応援する動きが出てきているのも面白いですよね。

P.S.
映画「えんとつ町のプペル」もニュースになる

私、ふじむらは集客のコンサルなどで地元企業様のビジネスのお手伝いをさせていただいていますが、そのインプットの一つとしてオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」に入会しています。

日本一会員数が多いオンラインサロンの収益を活かした数々のチャレンジや、マーケティング、経営に関わる示唆に富んだ投稿が見れるんで経営者のみならずビジネスをしている人に様々な気づきを与えてくれます。

詳しくは言えませんが、今回の映画は興行収入とはまた違ったニュースになるための仕掛けが全国で一斉に実施されるので映画に関する年末あたりのニュースをお楽しみに。



WRITERこの記事をかいた人

フジムラタカシ

■させぼ通信立ち上げたキングダム好きな人
■佐世保生まれ佐世保育ち(赤崎小学校出身)
■アイデアが溢れすぎて溺れ流され元いた場所に戻れないタイプ
■得意分野:企業の集客に関すること メールにて個別に集客無料相談実施中! (websiteアイコンをクリック)