花開く才能・・・佐世保市の就労支援事業所「MINATOMACHI FACTORY」

こんにちは、キャンパー兼させつーライターの西村ヒロシです。

みなさん、アートにふれてますか?

アートは趣味や娯楽としてだけでなく、ビジネスや健康面においても良い効果があると言われますよね。

私は、絵が好きな娘の影響で漫画家の原画展や県美術館で開催されている美術展や書道展をよく観に行きます。 

作品にふれることによって気持ちの落ち着きを感じます。

さて、今回、紹介する事業所は佐世保市にある就労継続支援B型事業所「MINATOMACHI FACTORY」です。

目次

就労継続支援B型事業所 MINATOMACHI FACTORY

この事業所は、利用者さんの才能を見極め、様々なクリエイターやデザイナーとコラボしながら、商品の企画・開発から、デザイン、製造、販売まで一貫体制で事業を展開されています。 

利用者さんは『アーティスト』として才能を開花させ、佐世保の街並みをイラストを独特なタッチで描くなど日々作品作りに取組んでいます。

今回、障がいのある方の仕事と雇用を創りだされています取組内容のお話を伺ってきました。

事業所を視察

長崎県佐世保市の就労支援事業所
MINATMACHI FACTORY-就労継続支援B型|株式会社フォーオールプロダクト|長崎県佐世保市|障がい者就労支援... うつ、難病、障がいなどを抱えて就労と向き合うあなたをサポートするパートナー、株式会社フォーオールプロダクトの就労継続支援B型事業所のMINATOMACHI FACTORYの紹介ペー...

佐世保市湊町にあるMINATOMACHI FACTORYの事業所にお邪魔してきました。

エレベーターで2階に上がり作業所に入ると、10数名のアーティストが黙々とカラーペンを走らせています。      

日頃見慣れた佐世保の街並みや、造船所のクレーン群が鮮やかな色彩で表現さてれいます。

色彩豊かで個性輝く作品ばかり。

独特な色彩で書き起こされた佐世保の街並み

佐世保に来たことがない人はこのイラストを見るだけでも、こんな素敵な場所が本当にあるのなら一度は訪れてみたいと思うでしょう。

造船所のクレーン群

アーティストの皆さまの絵は、ポーチ、名刺入れ、コースター、絵はがきなどに商品化されています。

動物や魚の絵が描かれた森きらら(動物園)、海きらら(水族館)のオリジナルグッズは子どもたちに人気だそうです。

過去には、コメダ珈琲店のポスターや菓子袋のデザインに採用されたこともあるんですって。

才能をどうやって開花させるのか?

才能の見つけ方について、ブランディングマネージャーの坂井佳代さんにお聞きしました。

ブランディングマネージャーの坂井佳代さん

そんな才能ある人材をどこでスカウトしてくるのかが気になり、スタッフの坂井佳代さんに尋ねたところ、「スカウト活動など何もしていないんですよ。」とのこと。

ただ、こちらでは新規の利用者さんにとりあえず絵を描いてもらうのだそうです。未経験でも面白い絵を描き、描くことでリラックスする方も多いのだそうです。

もちろん、縫製やパッケージなどの作業を好む方もいれば、その日の気分に合わせて、いくつかの仕事を掛け持ちする方もいるんだそうです。

障がいのある方の仕事を単純な軽作業に限定せず、やりたいことをしてもらい各人の才能を開花させているのですね。

そのために、商品企画をして、同時に販売先を探してくる、縫製・印刷などの機械を揃える、利用者さんの調子に合わせて生産スケジュールを段取りするなど、スタッフの皆さまのご苦労も一筋縄ではないのだろうなと感じました。

アーティストの皆さまの仕事ぶり

改めてアーティストの皆さまの作業の様子を見てみましょう。迷うことなく一気に線を描けるのは、きっと既成概念に捉われず、自分の感性のままにペンを動かすからなのでしょうね。

その集中力やスピードは、私にはとても真似できません。アーティストの皆さまを基準にすると、私は、「空は青、森は緑」といった既成概念から抜け出せないし、作業を長時間続けられないし、線を描くときいちいち迷うし、全然ダメ人間ですね。大丈夫かしら? 

アーティストの皆さまのご紹介と作品はこちらのサイトで見られます。ネットで商品の購入もできますよ。 http://andbasic.shop22.makeshop.jp/view/page/artist

現在、させぼ五番街TSUTAYA BOOK STORE・海きらら九十九島水族館・森きらら九十九島植物園・佐世保観光情報センター・SPARROWSスパロウズ(波佐見町)・長崎県立美術館・東急ハンズにて商品が並んでいます。

見つけた際は手に取ってみてくださいね。

原画展を西海みずき佐々支店で4月8日(金)まで開催中

さて、アーティストの皆さまは、毎日たくさんの原画を描いていてストックがたまっています。

それを見て感動したのが、西海みずき信用組合佐々支店の支店長の前川さん。

是非自分の店のロビーで原画展を開催しましょうと発案しました。

また、佐々町の風物詩のシロウオ漁や皿山公園などの名所を題材に新たに描き下ろしてもらい、それをプリントしたグッズも製作していただいたとのこと。

佐々の風物詩のイラストと印刷されたポーチなどの商品が完成し、発案からわずか2カ月後の3月上旬から開催中です。

MINATOMACHI FACTORY 原画展
期間|2022年3月9日〜2022年4月8日
開催場所|西海みずき信用組合 佐々支店 
〒857-0311 長崎県北松浦郡佐々町本田原免84−1[地図
電話|0956-62-2118

  • URLをコピーしました!
無料でお知らせ追加する

イベントやお店、サークルのお知らせを無料で投稿できます。ぜひ投稿してみてください※無料で1投稿

詳しくはこちら>>フリープランのお知らせ

ライターになって地域を盛り上げる

佐世保エリアの最新情報や、させぼ通信でまだ取り上げてないお店やスポットの情報を書いてみませんか?

詳しくはこちら>>ライター募集

佐世保のホームページ制作とリニューアルは集客専門ウェブロ

キャンプが趣味、お笑い芸人の西村とヒロシ。
2人の名前を合わせた、西村ヒロシです。
休みの日は、プライベートキャンプ場でゆっくりと
一人の時間を過ごすのが楽しみです。

目次