超危険!?『度胸試しの橋』に行ってきた!【鹿町・橋岩山】

鹿町町にある『橋岩山』、通称『度胸試しの橋』に行ってきました。

度胸試しとはいったい・・・?

気になりますよね。実際に見てきましたのでご紹介します!

目次

橋岩山(度胸試しの岩)

みなさん、こんにちは!いかがお過ごしでしょうか、ひろたっきです!

突然ですが、みなさんは佐世保にある『度胸試しの橋』をご存知でしょうか。

某検索サイトで「佐世保 度胸試し」と、ぐぐっと入力するとヒットします。

全国放送の有名TV番組でも紹介されたらしいのですが、わたしは知りませんでした。

検索で出てくる情報や画像では「橋」というより「岩」・・・。

でも名前は「山」で、通称だと「橋」・・・。

混乱するひろたっき

ねえ、度胸試しってなに?
橋なの?岩なの?山なの?
ねえねえ???

百聞は一見に如かず。わたしは現地へ飛びました。

ここにあるよ

場所はこちら。小佐々町と鹿町町のちょうど境目あたり。

小佐々方面から鹿町町へ入ってすぐのところを右折です。

「ようこそ鹿町町へ」の看板が目印

右折して少し進むと「はしいわ山入り口」の看板があります。

手作り看板がいい感じ

看板が指す方を見ると・・・。

ワイルド
動揺するひろたっき

え?ここ登ると?

あまりにワイルドな山道に動揺しますが、ここまで来たんだから、登るしかない、このワイルド山道を!

車は厳しそうなので、看板付近のスペースに車を止め、徒歩で登ります。

ワイルドにもほどがある

登ってみると舗装こそされていませんが、草木をはらってあってちゃんと道として不自由なく歩けます(それでも車は厳しいかな)。

そして意外とすぐに斜面上の方に”それらしき岩”が見え、なんだ余裕じゃん、なんて思って歩いていましたが、いつの間にか通り過ぎてしまいました。

あれ?道は一本道で間違えてないはずだけど?

引き返してみても上の方に見える”それらしき岩”の方へ行く道はない。

どうやら更なるワイルドを越えて行かないといけないようです。

このワイルドを越えて行くのだ
諦めのひろたっき

山道ですらない

ワイルドの先にあるもの

覚悟を決め、山道ですらないワイルド斜面を登ります。

事前に調べた検索サイトによるとここは「観光名所」となっていますが、果たしてこれは観光なのか。

道も無ければ、柵も無い斜面を登った先に『度胸試しの橋』はありました。

じゃーん

なるほど、確かに「山」の上にある「岩」が挟まってできた「橋」です。

情報に嘘偽りなし。

更に「度胸試し」と言うからには、これを渡れば度胸があると認められるのだろうと思ったら・・・。

え?

一休さん以来の橋の往来禁止令です。

なので一休さん作戦で、橋の真ん中を通るとんちでもカマしてやろうかと思い石橋の上に登ってみました。

思った以上にむきだしです

石橋の端から下を見るとリアルな高さ。

リアルな高さ

そして更なる「石橋渡るな」看板を発見。

2個目の「渡るな」看板

なるほどね。

こりゃ渡るのは止めておこう。

一瞬「渡るな」って言うのもちょっとした恐怖を煽る演出の一部かと思いましたが、これはマジのやつだと判断。

ひろたっきは大人なのでルールには従います。

虚勢のひろたっき

ビビったわけじゃねえし。

渡らずとも絶景

『度胸試しの橋』を渡ることはできませんでしたが、橋のたもとに立って眺める小佐々・鹿町の風景は絶景でしたよ。

一見の価値あり

この眺めの良さがまた恐怖を煽るわけです。

あ、いや、ビビッてねえし。

自然に出来たというこの『度胸試しの橋』は、この絶景も含め、自然の神秘や雄大さを感じられるスポットでした。

興味がある方は一度行ってみられてはいかがでしょうか。

なかなか行く目的も、相手も選ぶ場所ではありますが(^^;)。

話のネタになるかも知れませんヨ。

行かれる際は決して無理をせずケガなどにお気を付けくださいね。

橋岩山(度胸試しの橋)
住所|長崎県佐世保市鹿町町長串

趣味は釣り。苦手なことは釣り。釣りを愛し釣りに愛されない男。釣りの帰りに魚を買う買い物上手。

目次
閉じる