波佐見町『COYANE』でベトナム料理はいかが?

外観

ベトナム料理といえば、まっさきに思いつくのがフォー!という方は多いのではないでしょうか?

波佐見町にフォーとカフェのお店がオープンしていますよ。

目次

COYANE

こんにちは。ほっほです。

ベトナム料理が好きな方、興味のある方、波佐見町『COYANE』で、佐世保近辺では珍しく、フォーとカフェを楽しむことができるってご存じでしたか?

こちらのお店は2020年8月にオープン、まもなく1年を迎えるところですが、じわじわと既に知る人ぞ知るお店になっている様子。

清潔な店舗に美味しい食事とフレンドリーなスタッフが迎えてくれますよ。
店内

店内

場所

『COYANE』があるのは、西海陶器のSHOP&GALLERY「OYANE」の敷地内

駐車場内の大きな屋根(oyane)の隣にある小さな屋根(coyane)が目印です。
駐車場

駐車場は、『COYANE』前、「OYANE」前のどこを使用しても大丈夫です。車が停めやすくて助かりますね!
駐車場

お楽しみのメニュー一覧

メニュー一覧がこちら。
メニュー

メニュー

料理はフードコーディネーターさんの監修によるもの。栄養士の資格をもつ店長さんが美味しく調理してくださっています。

フォー3種類はどれも人気で、前回はこれを食べたから、今回はこっち。など違う味を試し、自分のお気に入りを見つけるお客様も!

ベトナムの方を含めた外国人のお客様も来店されるそうですよ。
店内

実はこちらのお料理、とてもこだわって作られています。

ここがすごい!フォーのこだわり
➀なるべく地場のものを使用。

※スープのだしと、チキンには有田鶏。フォーのスープは、すべてチキンベース。
※季節によって地産野菜を取り入れている。

➁なるべく無添加の素材を使い、身体に優しいこと。いずれはオール波佐見産にしたい!

※砂糖はきび砂糖。塩は天然塩など。
※ゆくゆくは麺も波佐見産の米粉でつくるべく開発中!

➂あっさり目で、毎日食べても飽きない味付け。

➃小麦をほぼ使用していないので、アレルギーがある方、グルテンフリーを望む方も食べられる。

※小麦使用はフライドオニオンの衣のみ。ただし、アイスは小麦を作っている施設で製造。

注!アレルギーのある方はご相談ください

実際に食べてみました

さて、噂のフォーを実食です。黙食ですね。静かに食べます。

注文したのはシーフードのフォー。米粉麺がつるつるしています。ヘルシーだと思うと、罪悪感なく食べられて嬉しい。
フォー

にら、水菜、あさり、エビ、イカ等、たっぷり野菜とシーフードが入って満足感があります。
フォー

でもあっさりしているんですよね。

付け合わせのパクチーとライムで味変も可能!

生春巻きも、もちもちしていて、ピーナツソースをつけて食べるとまた美味しいですね~。
生春巻き

もう1品。こちらはビーフのフォー。ピリ辛です。
フォー

揚げ春巻きは、パリパリ!
揚げ春巻き

デザートのチェーはタピオカ入りココナッツミルクでほんのり甘い。
チェー

窓の外から見える風景ものんびりのどかで、気持ちもなんだかほっこりしました。

最後に、店長さんからさせぼ通信読者の皆さまへのメッセージをいただきました。

「色々なこだわりが詰まっていますので、機会があったらぜひ一度食べにいらしてください。」

フォーが食べたい。そうだ、波佐見へ行こう!が合言葉になりそうな予感がしています。

COYANE
住所|長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷2204‐4
電話|0956-56-7611
営業時間|11:30〜17:00(L.O 16:30)
定休日|火曜日
駐車場|あり
支払い| 現金のみ

インスタ
いつも使うSNSをフォローして
佐世保の情報をゲット!
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

佐世保在住4年目に突入しました。面白そうなこと、新しいこと、佐世保の様々な情報をみなさまにお届けします♪

   
目次
閉じる