3

『おこだでませんように』の作者 くすのきしげのりさんの講演会があるよ!


児童文学作家くすのきしげのりさん講演会

こんにちは!絵本大好き望月アーモンドです。

今日は、絵本『おこだでませんように』の作者、くすのきしげのりさんの講演会のお知らせです!
くすのきしげのりさん講演会チラシ

イベント詳細

イベント詳細
講演会タイトル:「子供たちに生きる力としての読書のよろこびを」
日時:2020年10月11日(日)10:00~12:00
場所:山澄地区公民館3階講堂(佐世保市潮見町14-14)
申込/不要(参加無料)
定員/80名

くすのきさんは、小学校の先生の経験を経て児童文学作家となり、30年以上作品を作り続けています。
タイトルは100以上とのこと!絵は描いておられません。お話を作る作家さんです。

有名な作品といえば、そう!『おこだでませんように』(小学館、2008年)

おこだでませんように表紙

『おこだでませんように』

~あらすじ~
家でも学校でも怒られてばかりの不器用な男の子。

「ぼくはいつもおこられる…。
どないしたらおこられへんのやろ。
どないしたらほめてもらえるのやろ…。
ぼくは「わるいこ」なんやろか…。」(引用)

男の子は七夕の短冊に「おこだでませんように」と願いを書きます。
先生もお母さんもその一生懸命書かれた短冊を見て「はっ」とさせられるお話です。

くすのきさんの作品には子供たちのまっすぐに生きようとする姿と、それを優しく見守る大人たちが描かれています。

教育にとって大切なことは「周りの大人が環境を作り、モデルとなること」。
これが作品を通したメッセージです。

講演会では、作品に託す願いを、くすのきさん自身が読み語りをしながらお話してくれます。
講演内容は大人向けではありますが、小学生くらいなら一緒に楽しめる内容だと思います。

お話を聞きながらみんな泣いちゃうんですよ…。
ええ、私、2回講演会行って、2回とも泣きました。

汚い心がするすると洗い流されていきますよ。よごれっちまった大人には是非、くすのきさんの作品に触れてほしいです。

申し込みも不要とのことですので、気軽にいかれてみてくださいね。

作品をちょっと紹介

せっかくなので、望月アーモンド厳選のくすのきさんの作品を紹介!

1.『ぼくのジイちゃん』くすのきしげのり・作 吉田尚令・絵 佼成出版社、2015年

ぼくのジィちゃん表紙

『ぼくのジィちゃん』

10月末に小学校の運動会がありますね。この時期にオススメなのがこの本。
ドラマチックな展開におもわずゾクゾクっとしちゃいます。
とにかくこのジイちゃん最高です。

2.『みずいろのマフラー』くすのきしげのり・作 松成真理子・絵 童心社、2011年

みずいろのマフラー表紙

みずいろのマフラー

ちょっと弱気な男の子が主人公です。
男の子は掃除当番を押し付けられたり、帰り道ランドセルを持たされたり、いやな役回りばかりさせられています。
クラスの男の子はいじめのつもりではないんだろうけど。
そんなある日、主人公の男の子が転校することに。
事情を聞いたクラスの男の子は慌てて男の子の家へ走っていきます。

命や友情をテーマにした作品です。
あー思い出しただけで涙腺が…。

3.『たべるたべるたべること』くすのきしげのり・作 小渕もも・絵 おむすび舎。2020年

たべるたべるたべること表紙

『たべるたべるたべること』

「たべるたべるたべること たべることはいのちをはぐくむということ
たべるたべるたべること たべることはいわうこと」(引用)

食べることで、人は命を繋いでいます。
1人の女性の一生を追いかけており、これもまた感動の涙です。

他にも沢山素敵な作品がありますよ!

市立図書館にはくすのきさんの作品コーナーも設けてあります。
作品リストは 佐世保市立図書館おすすめの本から閲覧できます。

よかったら手に取って読んでみてくださいね。

イベント情報

イベント中止や延期もありますが、ちょっとずつ開催もされてきていますね。
こちらでイベントチェックしてね。

くすのきしげのり講演会
会場山澄地区公民館(3階講堂) [地図]
時間10:00〜12:00
入場料無料
問合せ電話:0956-22-5618
web 佐世保市立図書館


WRITERこの記事をかいた人

望月アーモンド

こんにちは!丸顔主婦、望月アーモンドです。好きなものは、宇宙、音楽、映画、読書、絵本、エコなど。マイブームはピアノ。