喉で踊れ!佐々川沿いでシロウオ漁をチョロ体験してきました

佐々町(北松浦郡)の春の風物詩、シロウオ漁が最盛期を迎えています。時期を同じくして、佐々川沿いには早咲きの河津桜も見頃を迎え、春の訪れを感じさせてくれます・・・。

 

ということで、佐々川にやってきましたー。昼間に立ち寄った時は仕掛けにはだーれもいませんでしたが、夕方にはみんなスタンバッていました。今日は夕方が満潮で水位も上がってきたからでしょうか。

佐々川の河川敷には遊歩道があり、河津桜を見上げながら散策している人がたくさんいました。今は七分咲き頃でしょうか?約1.5kmに260本の河津桜が並んでいます。
shirouo16

川沿いには至る所にシロウオ漁のやぐらが組んであります。
sirouo1

んで通りがかりに勝手に見学していると「こっち来て見てみんね」とおじさんが誘ってくれました。
shirouo15

竹の先に四角い網をつけた仕掛けでシロウオをすくいあげます。
shirouo6

おじさんが獲ったシロウオたち。シロウオは体長5センチくらいで稚魚風な風貌ですが、これでも成体なんですって。春になるこの時期に、佐々川を遡上して漁師さんにGETられるってわけです。
shirouo4

ちょっと食べさせてください!と言ったら快諾していただきました。「これ持って、風ん強かけん」
sirouo5

「他ん人は知らんばってん、オイは醤油と橙(だいだい)ば絞って、
shirouo3

「シロウオば入れて、ほらすぐ飲んで!」これが醤油に入れられ暴れまわるシロウオくんたち。ただこのジタバタ感は写真では伝わらない。ごめんよ。いただきます。
sirouo2

シロウオは口の中、喉で踊らせてその暴れっぷり喉越しを味わうものとのことでした。シロウオの食感、醤油に橙(だいだい)美味しかったです!

さらに、シロウオ漁の仕掛けをあげさせてもらいました!「風が止んであげんば持ってかるっばい(網が風にあおられて体が川に落ちるよ的な意味)」とアドバイスをいただき、風が止むまでしばし待つ。。。

 

「風の止むまで、、ま、、、、今バイ!」「は、はい!!」
shirouo14

うお、すぐ上がらない!重!う、内股になるほどに!
shirouo9

うん、じわじわあがってきた!
shirouo10

どう、どう?いる、いる??
shirouo11

「ちょっと、どいてんれ!」(ずいっ!)
shirouo8

「あ、こいはおらんばい」とすぐ仕掛けを戻され、ガックシなフジムラ。そんな簡単には獲らせてもらえませんでした。
shirouo7

今回、いろいろ体験をさせてもらった高瀬さんと記念撮影パシェリ。ご協力ありがとうございました〜。
shirouo13

  • URLをコピーしました!
無料でお知らせ追加する

イベントやお店、サークルのお知らせを無料で投稿できます。ぜひ投稿してみてください※無料で1投稿

詳しくはこちら>>フリープランのお知らせ

ライターになって地域を盛り上げる

佐世保エリアの最新情報や、させぼ通信でまだ取り上げてないお店やスポットの情報を書いてみませんか?

詳しくはこちら>>ライター募集

させぼ通信をご覧いただきありがとうございます♪
たくさんの人に情報をシェアしていただけると嬉しいです。

情報発信を通して佐世保がもっと楽しく住みやすい街へ

目次
閉じる