海外スタイルの家に住みたい!その夢が叶った人にお家を見せてもらったら、そこは海外ドラマに出てくるような家だった!

古場様邸リビング

※この記事は[小川工務店]の提供です

海外の生活スタイルができる家

突然ですが、まだ家を建てていない方に質問です。

あなたの『理想の家』ってどんなお家ですか?

カフェ風のオシャレな家?
南欧風のかわいい家?
西海岸リゾート風のカッコいい家?

あんな家もいいな、こんな家もいいな〜。理想って言い出せばキリがないですよね〜!

そんな理想を追い求めている方に朗報!

暮らし方へのこだわりを詰めこんだ『理想の家』が完成した、という情報を聞きつけたので、理想の叶え方の参考になればと思い、潜入調査をしてきちゃいましたよ〜!

生活スタイルにこだわって『理想』が叶った人

今回お邪魔させていただいたのは、「海外風の家に住みたい!」という『理想』を叶えたKさんのお宅です。

こちらが『理想の家』のオーナーK様。笑顔がとってもキュートなオーストラリア人のK様は日本人のご主人様と結婚され、ご主人様の地元の佐世保で家を建てられました。
K様

オーストラリアでの生活が長かった奥様はどうしても、嫁いだ先の日本でも故郷の家のような「海外スタイル」で生活をしたかったのだそう。

どんな海外スタイルの生活ができる家になっているのか、ワクワクしながら、いざ潜入です!

潜入取材スタート!
まずは外観〜玄関

玄関アプローチ側から見た外観は、ダークグレーの外壁が「シンプルでカッコイイ家」という雰囲気を醸し出しています。
小川工務店K様邸

まぁーさん
この家、中はどんな風になっているんでしょ。
う~ん、期待が膨らむばかり。

玄関ドアを開けるといきなりビックリ!なんと玄関にシューズボックスやシューズクロークがありません!

そう、海外スタイルに合わせた靴を履いたまま家にあがるスタイルなのです。
小川工務店施工K様邸
いきなりの海外スタイルに驚きを隠せません。

まぁーさん
こ、こんなお家みたことない!
玄関ホールの壁紙はグレーと、これまた大人っぽいシックな雰囲気。

おいでおいでとK様に導かれ、私たち取材班も恐る恐る、目の前に続く階段を土足であがっちゃいました!

リビング・キッチン

玄関の階段をすすみ、奥にある扉を開けた瞬間ー。なんということでしょ〜!

目の前には人の家とは思えないような、まるでカフェみたいな空間が広がってました。
小川工務店施工例

まぁーさん
!!!!!!!(す、すんごい)
あまりのオシャレさに、言葉を失ってしまいました。

絶句してても仕方ないので仕事をしなきゃ。えーと、えーと、

ーリビング・ダイニングでこだわったところはどこですか?

Kさん
主人と一緒に料理ができるように、とにかく大きなキッチンにしたかったの!
最初にキッチンを決めてから、それを軸に部屋全体のレイアウトを考えたんです〜。
まぁーさん
なるほど〜!旦那様と一緒にお料理・・・ステキすぎますね〜!私も、ダーリンと、お料理してみた〜い!子どもも一緒に家族みんなでお料理なんてのすごくいいですよね〜。妄想が・・・。

STOP!!!!!!!

まぁーさん
なにこれなにこれ!!薪ストーブ!?
K様邸薪ストーブ

Kさん
このリビングの薪ストーブは私の要望なの。

何このお家、、、海外ドラマのセットですか?ここって日本だよね?

おー!とか、へー!と、もう感嘆しかでません。K様ご夫妻のこだわりがいたる所に散りばめられたリビングをキョロキョロしてしまいました。

ーリビング中央のダイニングテーブルの高さは少し高めになってませんか?

K様邸キッチン
Kさん
そうなんです!このテーブルは立ったまま食べたり飲んだりしやすいように、高さを95センチにしています。普通のテーブルより25センチくらい高くすることでホームパーティーをするのにちょうどいい高さになるんですよ。
まぁーさん
ほんとだー!テーブルの横に立ってみたらわかりますね!これ立ち飲みスタイルにちょうど良い!あ〜、ホームパーティーなんて夢のよう。私も参加してみたい〜!

リビングにはまだまだこだわりポイントがありましたが、全部聞いてしまうと日が暮れそうだったので、後ろ髪を引かれながら水回りを案内していただきました。

トイレ・浴室

まずはトイレ。ドアを開けるとそこには見たこともない漆黒の便座が。
K様邸お手洗い

このお家は扉を開けるとだいたい驚かされるんですね。まさか黒いトイレがこの世の中にあったなんて、ですね。

ーどうして黒のトイレを選んだんですか?

Kさん
部屋全体の色合いを考えて、トイレの本体もグレーか黒と決めていました。
しかもオーストラリアの家族やお友達にビックリして欲しくて、全自動トイレにしたんですよ〜!
まぁーさん
海外では日本の全自動トイレって珍しいんですね。
確かに初めてウォシュレットを使った時、ビックリしたことを今でも覚えてます。便座のフィット感も繊細な仕事を得意とする日本人ならではの技術ですね!

そして、洗面脱衣所と浴室。照明も鏡も洗面台も蛇口も全部かわいい!

K様邸浴室

そして洗面台の向かい側には、鏡がない小さな洗面台が設置されていました。

K様邸シンク

ーどうして、洗面台が2つもあるんですか?

Kさん
海外では、顔や手を洗う洗面台とは別に、靴や洋服などを洗う用のシンクを設置するのが一般的なんです。
ここも海外スタイルに合わせたかった、私のこだわりポイントです。
まぁーさん
ここでも海外スタイルが、取り入れられているんですね〜!まさに、日本にいながら、奥様の故郷オーストラリアの生活ができるお家になっているのですね〜!

ベッドルーム

最後に、ベッドルームにも案内していただきました。

壁には間仕切りがついたクローゼットが。
K様邸クローゼット

クローゼットの中に仕切りがついていて、なんだか使いやすそう!

Kさん
これもこだわりの1つなんですよ〜。クローゼットの中であっても、プラスチックボックスは部屋のテイストに合わないので絶対に置きたくなかったんです!最初から仕切りをつけることで収納しやすいクローゼットにしました。
まぁーさん
細部に渡ってのこだわりがすごいです!

全体を通して、黒やグレーなどトーンを抑えたカラーで統一された「オシャレ!」なお家。

ちなみにリビングの大きい窓を開けると…ウッドデッキとリビングがつながって大人数でBBQパーティー!

K様邸外観
Kさん
このBBQセットは、実家で使っていたメーカーと同じ物で、主人の誕生日にプレゼントしたんです〜♡
K様邸

と可愛らしい笑顔で語ってくださいました♡

理想の家の叶え方

家の中をひと通り案内していただいた後は、リビングでちょっとひと休み。

K様の理想である、「海外の生活スタイル」を叶えるためにされたことをお聞きしました。

Kさん
私たちは、海外の生活スタイルができる家を建てるために、たくさんのこだわりポイントを小川工務店さんの平山さんに相談することで実現することができました。
今回、K様と一緒にお家を案内してくれたこちらの方が、営業担当の平山さんです。
平山さん
あ、どうも、小川工務店の平山です!
小川工務店平山さん

小川工務店と言えば、黄色いゾウのマークが目印の吉岡町にある工務店。

注文住宅はもちろん、土地の測量からリフォームまで不動産についていろんな相談ができる会社なんですよ!
小川工務店

小川工務店に決めた理由

ー佐世保には工務店やハウスメーカーがたくさんあると思うんですが、その中から小川工務店さんを選んだ理由を教えてもらえますか?

Kさん
家を建てるにあたって色んなとこに相談にいきました。でもこんなこだわりの強い私達の要望に、どこよりも真剣に向き合ってくれたのが小川工務店さんだったんです。
相談をしていくうちに、私達の夢を叶えてくれるのは、小川工務店さんしかない!と思うようになっていきました。

K様ご夫妻のこだわりや要望を、親身に聞いてくださったのが小川工務店さんだったんですね。真剣に向き合ってよかったですね!

平山さん
私たちは、「お客様の夢の家づくり」のお手伝いをすることが仕事だと思っています。
今まで培ってきた経験から、お客様に対してご提案をすることもできるのですが、どちらかというとこだわりが強いお客様の方が乗り越える壁が多い分、お家が完成した時、とっても嬉しいんです。

お話を聞いているとK様と平山さんの間には、ほんとうに良い信頼関係が築けているという印象を受けます。

Kさん
ほんとうに営業さんも、大工さんも、すっごく良くしてくれました〜。こんなにもたくさんの要望を叶えてくれて、小川工務店さんにして本当に良かったと思ってます。

普通では対応してもらえないような「こだわり」や「要望」を、真剣に向き合って考え、解決してくれたのが小川工務店さんだったんですね。

是非、家づくりにこだわりの強い方は、小川工務店へ足を運ばれてみてください。

小川工務店についてはこちら

今回、施工事例を紹介していただいたのは吉岡町の小川工務店さん。こだわりを詰め込んだマイホームを実現したい方は一度相談されてみてはいかがでしょ〜!

「こんなことまで対応してくれるかな?」と少しでも悩んでいる方は、まずはお電話してみてくださいね。

お家の取材を快く引き受けてくださったK様ご夫妻、本当にありがとうございました!

会社概要
会社名株式会社小川工務店
所在地長崎県佐世保市吉岡町1981-7[地図]
電話0956-49-2611
事業内容総合建設業(建築・土木)/一級建築士事務所(建築設計)/宅地建物取引業(不動産売買仲介・不動産管理)/測量業
web株式会社小川工務店

※させぼ通信の広告についてはこちら


WRITERこの記事をかいた人

しゅがー

生まれも育ちも佐世保市の佐世保大好き人間!食べることが大好きで、絶賛ダイエット中です❤︎ 趣味はお店発掘、イベント巡り!佐世保はもちろん、長崎県内から佐賀、福岡によく出没します。 とにかく食べ物が美味しい佐世保の魅力を余すことなくお伝えしていきます!