世界の首脳が食べた!佐世保産のマンゴーが「G20大阪サミット2019」で振る舞われたって知ってた?【させつーニュース】

させつーニュース 佐世保のマンゴーがG20で採用されました

こんにちは。突然始まりました『させつーニュース』のお時間です。

『させつーニュース』とは、佐世保にまつわるHOTな旬の情報や、「へぇ~」「ほぉ~」と思うような雑談ネタなどをお届けするお時間です。

さて、今回は2019年6月に開催された「G20大阪サミット2019」の首脳晩さん会で佐世保産のマンゴーが振る舞われたニュースをお伝えいたします。

G20とは
G20(ジートゥエンティ)は、”Group of Twenty”の略で、主要国首脳会議(G7)に参加する7か国、EU、ロシア、および新興国11か国の計20か国・地域からなるグループである。

Wikipediaより

堀内フルーツファーム「プリンセスマンゴー」

2019年6月、大阪にて開催された主要国首脳会議「G20大阪サミット2019」。

各国の首脳たちが大阪に集まり、国内でも注目を集めましたね!
そんな「G20大阪サミット2019」の晩さん会で使用されたマンゴーが佐世保産って皆さんご存知でしたか?

今回使用されたマンゴー「プリンセスマンゴー」は、佐世保市の堀内フルーツファームが生産しているんですって。

※写真はイメージです。

農園は、光町にある建設会社堀内組のグループ会社堀内商事が運営しています。
10年ほど前から栽培していて、マンゴーは年間約1万5千個を生産しているんだって!

鉢植え栽培を取り入れ、水分や肥料を調整したプリンセスマンゴーは、17~20度の高濃度の甘さが実現されているそうですよ~!

ちなみにブルーベリーも栽培してるよ!

世界の各首脳が食した「プリンセスマンゴー」が注目されている堀内フルーツファームですが、こちらではマンゴーの他にもブルーベリーも栽培されてるみたい。

相浦にある 「食彩の里 よかばい相浦」では、堀内フルーツファーム産のブルーベリーを使った、ジャムやドライフルーツなどブルーベリーの加工品が販売されていますよ!

実は私も行ったことあるんですが、この季節はブルーベリーを使ったソフトクリームがとってもオススメ!
程良い酸味と甘みで、サッパリと楽しめるヒンヤリ冷たいスイーツは絶品ですよ!

ブルーベリーとバニラのミックスソフトクリーム

もしかしたら、プリンセスマンゴーも販売されているかも!?
※生産状況によります。

堀内フルーツファームは「G20大阪サミット2019」で採用されたことで注目を集めていますが、今後も「地元の人に喜んでもらうために、いいものを作り続けたい」という想いが強いそう。

これからも、佐世保の美味しいフルーツが食べれるのを楽しみにしています!

※この記事は、 こちらのニュース(Yahoo!ニュース)を参考に作成しております。

WRITERこの記事をかいた人

しゅがー

東京と佐世保を行き来して生活している、都会に馴染めきれない佐世保大好き人間。食べることが大好きで、絶賛ダイエット中です❤︎ 趣味はお店発掘、イベント巡り!とにかく食べ物が美味しい佐世保の魅力を余すことなくお伝えしていきます!