晴れても、雨でも絵本を手に。親子でゆったりくつろげる、佐世保唯一の家庭文庫『はれてもあめでも』

『はれてもあめでも』

太りすぎて、いびきをかくようになった望月アーモンドです、こんにちは。

みなさんは「家庭文庫」をご存知ですか?

こういうものでございます。

家庭文庫
家庭にある本や絵本を地域住民に自由に読んでもらう私設図書館。
団体で運営していることもあります。
貸し出せるほどの本の量、書棚に並べてみたいですね。

実はその家庭文庫、佐世保に一か所だけあるんです。そう、ハイソな町、広田に。
ハイソは語弊がありますね、子供がたくさんいる町、広田

今回は、佐世保唯一の家庭文庫『はれてもあめでも』に行ってきました~。

壁一面の絵本、ゆったり気分で読書タイム♬


広田公園のすぐ近くに佇む一軒家。
木の壁と青々と茂る照葉樹の植木が印象的なおうちです。

(渡邊篤史風に)ん~なるほど、いいですね~。
子供のかわいい字で立て看板がおいてあります。

引き戸の玄関をあけておじゃましまーす。

長い廊下を抜けて中に入ると壁一面、というか壁三面に本がびっしり!

絵本だけでなく、厚めの児童書、図鑑、漫画、大人向けの本もあります。
宇宙に関する本もいっぱい!!わーい(*´▽`*)
絵本は作者ごとに分類されています。

そして、おすすめの本は表紙を見せるように置かれています。

せっかくなので、『はれてもあめでも』を運営している谷口さんに色々きいちゃおう。

望月アーモンド
何冊あるんですか?
谷口
児童書と一般書あわせて1000冊くらい…かな。
望月アーモンド
1000冊!すごいですね!
谷口
いや、1200やったかな。あかん、何冊かわからへんわ…
そう、谷口さんは大阪出身です。
コテコテの関西弁です。(以下便宜上、標準語に翻訳しまーす。)
望月アーモンド
どうやって集めたんですか?
谷口
最初自分の子供の本が600冊くらいあって、そのあと佐世保市の奨励金(「子育て支援アイディア」)、ララコープの補助金(「元気ネット」)で購入しました。
「子どもゆめ基金」にも応募し、100冊寄贈してもらいました。寄付してくださる方もいます。

本棚には新しい本から昔から読み継がれている本まで


望月アーモンド
谷口さんは子供の頃から本が好きだったんですか?
谷口
私自身は子供の頃全然本を読まない子でした。図書館も近くになくて、本に触れる機会があまりなかったんです。子供ってなかなか自分では図書館にいかないですよね。
望月アーモンド
たしかに。親が本好きなら行く機会もあるけど、なかなか子供だけでは行かないですよね。
谷口
自分が子育てをして、読み聞かせをするようになって、絵本が大好きになりました。子供たちにもっと本が身近な存在になってもらいたいと思い、思い切って文庫を開くことにしました。
望月アーモンド
誰でも利用できますか?
谷口
もちろん!初めて利用する小さいお子さん(小学生未満)は保護者と一緒に来られてください。登録料はかかりません。貸し出しは、1人10冊までで、貸出期間は2週間です。

「はれてもあめでも」facebookより。以前NHKでも取材がありました。

家庭文庫の良いところは、まさに「アットホーム」な雰囲気

リビングでくつろぐように、寝っ転がりながら、おしゃべりしながら、クッションを抱きしめながら、好きな本を次から次へと読めます。読み聞かせもしてくれますよ。

それに、谷口さんが「ザ・ 関西のおかん」で、飾らない人柄。
なのでとっても話しやすい!
ママ同士の憩いの場にもなりそう。

併設『あおぞら文庫』-ちいさな図書館って?


玄関をみると、看板の横に小さなおうち。これは??

谷口
『あおぞら文庫』と名前をつけましたが、「小さな図書館」です。通りかかった人が借りれるんですよ。
小さな図書館
アメリカ発祥の活動。英語でLittle free library。
東京や大阪などではマイクロ・ライブラリーという呼称で普及している。自宅や会社の前、駅や喫茶店などに本棚を置いて、市民が自由に本を借りることができるシステム。

ホームページ Little free library org
礒井 純充他著「マイクロ・ライブラリー 人とまちをつなぐ小さな図書館」参照

なるほど、中にはノートがあって、借りた本と借りた人の名前が書いてあります。今までちゃんと全部戻ってきてるそう。佐世保市民の良心を感じます。

この「ちいさな図書館」も佐世保市ではこの『あおぞら文庫』だけ。難しいルールなどなく、玄関先など置く場所さえあればだれでも始められるとのこと。

谷口
我が家の本棚を近所の子ども達も自分の本棚だと思ってほしいです。
絵本を通して地域の子育ての輪が広がるといいですね。

イベントも時々行っているそうなので、ぜひfacebookもチェックしてくださいね。

はれてもあめでも
場所長崎県佐世保市広田3丁目(広田公園北側近く) [地図]
開館時間15:00〜18:00
開館日金曜日
問合せ電話:080-2713-5969
web 家庭文庫 はれてもあめでも

WRITERこの記事をかいた人

望月アーモンド

こんにちは!丸顔主婦、望月アーモンドです。好きなものは、音楽、映画、読書、絵本、料理、エコなど。最近のマイブームは宇宙と岡崎体育。