「長崎は今日も雨だった」ところで佐世保は雨が多いのか?

佐世保は雨が多いのか?

佐世保の雨

長崎県は雨が多いという印象が強いというイメージが強い方は多いのではないでしょうか。

その為長崎県である佐世保市に旅行に行くのに、雨の心配をしてしまうという方も珍しくはないでしょう。

そこで今回は佐世保の雨の状況と、佐世保で雨が降ってしまった場合のオススメの散策コースをご紹介します。

佐世保は本当に雨が多いの?

長崎は雨が多いというイメージがある方も多いですが、長崎県は本当に雨が多いのかという事を考える為に雨の状況をご説明する必要が有りますよね。

長崎県で一番降水量が多い場所は普賢岳のようです。

佐世保から普賢岳まではかなり距離がありますので、普賢岳周辺で雨が沢山降ってもさほど影響はないかと思います。

しかし長崎間で一番雨の多い普賢岳でも降水量のランキングとしては、47都道府県で43位となっています。

そう考えるとそんなに大量に雨が降るという感じではないようです。

また長崎県の雨のランキングはと言うと、12位となっていますので雨の日は多くそこそこ降るというイメージはあながち間違いではないのかもしれませんね。

しかし九州の南部3県に比べると圧倒的に雨は少なく天気のいい日が多いというのが九州の人からのイメージはあるようです。

特に九州で豪雨により災害があっても、長崎県ではなかなか災害もなく長崎県で災害があったのは30年ほど前の長崎水害が最後でした。

このように実は長崎県はそんなに雨が多いわけでは無く、そんな県の中にある佐世保市もそんなに雨の多い場所ではないと言えるのです。

長崎は雨が多いイメージはなぜ?

長崎県や佐世保が雨が多いというイメージは「長崎は今日も雨だった」という歌がある事からではないでしょうか。

確かに九州は梅雨前線がかかりやすいので、他の地域に比べると今日も雨か!と思う紐あります。

しかしそれほど雨ばかりの日は続きません。

実は長崎は今日も雨だったがヒットした年も長崎県は水不足だったのです。

更に長崎水害と相まって長崎は雨が多いと思う方が増えてきたようです。

余談ですが長崎水害時には長崎は今日も雨だったは自粛されていたようです。

佐世保で雨に降られたら行ってみたいおすすめの場所は?

しかしいくら雨の少ない長崎県佐世保市であっても、たまたま訪れていた時に雨が降ってしまうという事はありますよね。

そんな時、やっぱり雨が多いのではないかと思ってしまう方もいらっしゃるかもしれんせんが、そんな時には雨や佐世保を恨まずに、楽しめる場所に出かけてみましょう。

佐世保で雨に降られてしまった時にオススメなのが直線的なアーケードとしては、日本一長いアーケード、さるくシティ403アーケードです。

さるくとは散歩するや歩き回るという意味が有ります。

403の意味としては、四ヶ町商店街の4、佐世保玉屋の〇、三ヶ町商店街の3の総称です。

アーケードの直線距離は1キロあり多くのお店が立ち並んでいるので、雨の日でも楽しいショッピングが楽しめる場所となっています。

立ち並ぶ店舗の中にはしっかりとお食事処やお土産屋さんもありますので、一日中散策しても飽きないアーケードなのです。

また時期によっては様々なイベントが開催され、かの有名なYOSAKOI佐世保祭りやキラキラフェスティバルも開催されている為、雨に関係なくアーケードに訪れる方は多く、どのような年代の方が訪れても楽しめる場所となっています。

雨の日も出かけると雨が上がる事も

雨だからとガッカリせずに出かけてみると、意外に雨が上がるという事も多いでしょう。

特に全国的に降水量が少ない長崎県の一部ですから、一日中雨に降られる事はあまりないでしょう。

もしも一日中フラれてしまっても佐世保には日本一のアーケードがあり、その他にも楽しめる場所が沢山あります。

晴れの日のプランだけではなく雨の日のプランも考えておくと、佐世保の雨も楽しむことができるかもしれませんね。