佐世保に行ったら行っておきたいおすすめの観光スポット5選

佐世保おすすめスポット

佐世保観光スポット5選

佐世保に旅行に行きたいけれど、佐世保と聞いて思い浮かぶのは多くの場合ハウステンボスや佐世保バーガーではないでしょうか?

同じ九州に住んでいる人でも、佐世保に何があるのか、どこを観光したら良いのかという事はなかなか知らないという方も多いようです。

また何度目かの佐世保旅行で、たまには違うところに観光に行きたいと思っている方も少なくはないですよね。

そこで今回は、佐世保のおすすめの観光スポットを5つご紹介します。

絶景の海のロケーション九十九島

西海国立公園に指定されている九十九島は208もの島々が集まっています。

九十九島では自然によって作られたそのままの形の海岸を見る事ができ、クルージングで雄大な自然を堪能する事ができます。

九十九島はトム・クルーズ主演のハリウッド映画、ラストサムライの撮影地でもあります。

実際に撮影がされた石岳展望台は絶景のスポットとして多くの観光客や、カメラマンが訪れる人気の場所となっています。

しかし子供連れで言っても、子供が喜ばないから九十九島には行かないと思っている方も少なくはないですよね。

九十九島には子供が楽しめる施設もありますので、行かないと決めつけるには早いと言えるでしょう。

子供連れのご家族におすすめしたいのが、九十九島水族館海きららです。 

この海きららでは九十九島の大自然の中で生きている多くの生物たちと出会う事ができるでしょう。

また海きららには多くの種類のクラゲが展示されており、クラゲの作りだす幻想的な空間は非日常を体感できるため、日々の喧騒を忘れて観光に没頭できること間違いありません。

海上自衛隊佐世保資料館 

佐世保と言えば、旧日本軍の海軍基地があった場所ですし今では米軍基地や海上自衛隊の基地がある町として知られていますよね。 

そんな佐世保市には、海上自衛隊や旧日本海軍の歴史をたどる事ができる海上自衛隊佐世保資料館があります。 

自衛隊の資料館に行って何が楽しいの?と思う方も少なくはありませんが、行ってみると意外と楽しめるという方も多いので足を運んでみてはいかがでしょうか。

海軍佐世保資料館は7階建てで最上階には展望ロビーや映像ホールがあり、展望ロビーからは佐世保市街が一望できるだけではなく海上自衛隊や米軍基地の艦船を見る事ができます。

海上自衛隊佐世保資料館は、日本海軍の遺産を多く見る事ができるため、遺産を継承する施設としてセイルタワーの愛称で呼ばれている施設です。

佐世保駅からバスで、数分で行く事ができますので、佐世保最初の観光としてコースに加えてみてはいかがでしょうか。

また足の不自由な方にも、車いすの貸し出しがありますので気兼ねなくいく事ができる施設の一つではないでしょうか。


三浦町カトリック教会

佐世保と言うと、歴史的な観光資源というよりも自然や自衛隊、自然に関する観光が多いように感じている方も少なくはないでしょう。

しかし佐世保も、長崎県です長崎と言えば島原を代表する隠れキリシタンやキリスト教が激熱だった場所として学校の授業でも習った方が多いのではないでしょうか。

 そんな長崎県佐世保市にも、しっかりとカトリック教会が残っています。

 それがカトリック三浦町教会なのです。

教会の三代目の主任司祭であった脇田浅五郎師が全国を行脚して資金調達を行い約2年の歳月を経て完成した教会で、昭和6年の2月に早坂久之助司教によって「イエスの御心」に献堂されました。

戦時中には軍の命令により外壁にコールタールを塗られ空襲を避けるために真っ黒になっていましたが、今は元の白い教会になっています。 

佐世保駅の裏手に見えますので、佐世保の街中を散策しながら向かってみてはいかがでしょうか。

針尾無線塔

佐世保から長崎空港へ向かう途中に現れる3本の煙突のような建物、煙突にしては先が細くなっているので、煙突ではないのだろという事が直ぐにわかる建物です。

この建物は大正時代に建てられた日本最古の無線塔で、自立式電波塔としては古さだけではなく高さも日本一を誇ります。

太平洋戦争時には有名な真珠湾攻撃時の「ニイタカヤマノボレ」を中継した施設の一つと言われています。

ボランティアによる説明や案内もされているので、時間のあるかたは行かれてみてはいかがでしょうか。

無窮洞

佐世保市に残る戦争遺産の一つ無窮洞。

普通の防空壕とは違いこの防空壕を掘ったのは、宮村国民学校の教師と生徒600人が掘った防空壕だという事です。

500人の生徒が避難できたこの防空壕は、幅約5メートル、奥行き約20メートルととても広く、19438月から終戦の1945815日まで掘られていた防空壕です。

小学生の手で掘られたとは思えないほど天井のアーチは美しく仕上がっています。 

戦時下の次代背景を知る事ができる数少ない施設ですので、是非家族でお子さんと平和を考える一つとして行かれてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

佐世保にはハウステンボスや佐世保バーガーだけではないと感じていただけたでしょうか。

商業の都市として知られる佐世保にも、自然を感じる事ができる場所や戦争の痕跡を伝える場所、時代を伝える場所が多く残っているようです。

確かに、ハウステンボスは有名どころで多くの方が訪れますが、その後にどこに行こうと思う方も多いようです。

今回ご紹介した場所以外にも多くの観光地がありますので、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。




WRITERこの記事をかいた人

させぼ通信 編集部

させぼのニュースやグルメ、開店・閉店情報とか、佐世保市民にしかわからないような雑談ネタをお届けするよ。