もっと知ろう~佐世保の事!SASEBOクルーズバス『海風』に乗って佐世保観光してみた~。

SASEBOクルーズバス『海風』

突然ですが、皆さまは、2時間、お時間があり、いつもと違うことに使うとしたら何をしたいですか?

この2時間の使い道の話になり、させぼ通信編集部は、佐世保市の町の中で見かける白いバスSASEBOクルーズバス『海風』のツアー行きたい!っと思い、『海風』に乗ってきました!

今回はBコースの九十九島をパノラマで楽しむ「展海峰(てんかいほう)コース(100分コース)に乗車しました。

SASEBOクルーズバス『海風』チケットの買い方

まずは乗車チケットを買いに行きます。
佐世保駅構内に販売所があります。

こちらの佐世保観光情報センターで乗車チケットを買えます。こちらの他にもハウステンボス観光佐世保バスセンターでも購入可能です。

チケット購入~。

チケットを購入したら、こちらのバス停で待ちます。

SASEBOクルーズバス『海風』へ乗り込もう

では、早速出発!

こんな豪華な内装のバスは私の人生では初めて!
この後ろの席!モデルになった気分!グループで行ったときにこの席に座れたら、かなり盛り上がりそうですね。

お席は全部牛皮でできてるんです!!座り心地最高です。

本日、ガイドを担当してくださったのは、こちらの田中さんです。

まず、バスで回ったのは、アメリカ米海軍基地前。でも、米海軍基地のお写真はNGなんです。
なので、ガイドの田中さんの歴史から法律までの興味深い情報を紹介してもらいながら目に焼き付けます。

佐世保重工業(東門前)

次に向かったのは、佐世保の歴史と深くかかわっている通称SSK(佐世保重工業)の入り口。

入口から斜め上を見上げると、佐世保市民お馴染のこちら。
SSKの目印的存在。ハンマーヘッド型クレーン(ジャイアント・カンチレバー・クレーン)。高さが62メートルもあり圧巻の大きさ。

そして更に驚くことは、このクレーンが竣工したのは、な・な・な・なんと大正2年(1913年)。100周年記念の際にペンキの塗り替えがされましたが、それ以外は当時のまま。もちろん稼働していて、今でも現役なんです。

赤レンガ倉庫群

そして歩いて、ポイントを移動。色んな歴史をたどり今は海上自衛隊が保有しているこちらのレンガ造り赤レンガ倉庫群
ここで、突拍子もない質問。

編集部
このレンガはアメリカ式ですか?
ガイドの田中さん
(笑顔ですぐに)イギリス式ですよ

とにかく、どんな質問にも答えてくださるので、ガイドの内容が面白い!

第4ドック

SSKの第4ドック。海賊が海賊王を目指す某人気マンガの影響で、このドックを見るのがとっても楽しみでした。
このドックの詳細の説明にも興味津々です。ここで、また突拍子もない質問してしまいました。

編集部
今作ってる船は国内発注の船ですか?
ガイドの田中さん
海外発注の船を今は製造していますよ。
何を聞いてもお答えしてくれるとツアーって本当に面白いですよね。

一隻を作るために使われるこの重機の数。迫力満点!

さ~次はどこかなぁ。

展海峰(てんかいほう)

佐世保が誇れる大迫力の人工物のあとは、佐世保自慢の大自然。
じゃじゃぁーん。『展海峰(てんかいほう)』
この写真の右奥に小さく写ってる、三角形のお山。

ここで、ぼそっと独り言。。。

編集部
あの右の三角形の山、富士山みた~い。
ガイドの田中さん
あっ、あれは、愛宕山(あたござん)ですが、別名、相浦富士とも呼ばれているんですよ。

『展海峰』に向かうときに通るこの場所、春には菜の花畑、秋にはコスモス畑になるんです。その時期が楽しみ~。

展海峰のあとは、パールシーリゾートに寄ってくれます。こちらで降りたい方は、ここで降りて、九十九島パールシーリゾートで遊んで食べて帰ることができます。
その際は、ガイドさんから佐世保駅までの市営バスの無料乗車券をもらえますよ。

佐世保のことにものすごく詳しくなれたこのツアーも佐世保駅で終点です。

ありがとうございました。ばいばーい。

皆さまも、豪華なバスSASEBOクルーズバス『海風』に揺られながら、佐世保についてさらに詳しくなってみてはいかがでしょうか~。

SASEBOクルーズバス『海風』
住所長崎県佐世保市三浦町21-1(JR佐世保駅構内)[地図]
営業時間9:00~18:00
定休日年中無休
電話0956-22-6630
webSASEBOクルーズバス『海風』

WRITERこの記事をかいた人

させぼ通信 編集部

させぼのニュースやグルメ、開店・閉店情報とか、佐世保市民にしかわからないような雑談ネタをお届けするよ。