MENU

\取材依頼・広告掲載はお気軽にお電話ください/

↓メールでのお問い合わせはこちら↓

↓掲載料金はこちらをご覧ください↓

\集客についてのお悩みはここで解決できるかも!/

させぼあるある:佐世保を思い出しちゃう紙袋

目次

佐世保を連想するアレコレ

佐世保→福岡→東京→佐世保とわかりやすいUターンをキメて、約3年。どうも、イケメン好きの既婚男子ハマウチヒトシ35歳(プレパパ)です。

たっちょんが困ってます。やらかしにはご注意ください!あと、JUMP担のみんなは今が頑張りどき!堪えて!

東京でもアピールしているのだ

さて、東京に住んでた頃、渋谷のセンター街に広がる九十九島の広告を見つけて「なんで渋谷で?」と困惑するなど、ちょくちょく佐世保を思い出すタイミングがありました。

その紙袋って・・・

そんな、佐世保の民たちは東京で「お。」っとなる瞬間があります。

そう、バラが描かれた紙袋を目撃してしまうから。

「お、玉屋。」となっちゃいます。

違うんです。あなたがいる場所、新宿なんです。その紙袋、高島屋のやつです。

そうだったんだ。あのバラの柄

これは玉屋が高島屋主体の「ハイランドグループ」に加盟して、同じバラのシンボルマークを採用しているからなのです。

※高島屋のショッパーはここ何年かでデザインが変わったので見なくなりましたね。

バラの花のデザインを見ると自然に連想されます。

あの回転するお菓子売り場、甘いサンドイッチ、屋上遊園地。おもちゃ売り場に入るエスカレーターが吹き抜けで、ワクワクしませんでした?

いつ思い出す?

EXILE TAKAHIROや、ポカスカジャンを見ると、佐世保を感じていたのですが、県外に出た方たちは、どんなきっかけで思い出しますか?

特に東京以外の場所が気になります。

そして、この記事拡散して外にいる佐世保の民たちに思い出させてやりましょう。愛・佐世保。

他のあるある記事はこちらからどうぞ。

みなさまからの佐世保トリガーお待ちしておりますし、SNSでもコメントやらメッセージもすごく楽しみにしてます。本当に期待してます。あるあるあるー?まだとっとっとー?

させぼ通信をフォローして
佐世保の情報をゲット!
  掲載や情報発信に関する
↓お仕事のご依頼はこちら↓
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

させぼ通信の代表です。させぼ通信を今後もよろしくおねがいしますね。

私は、デジタルマーケッターであり、求人ライターです。

・デジタルマーケティング支援
・求人票の書き方支援
が得意です。
ご依頼はインスタグラムよりDMくださいませ

お仕事のご依頼

させぼ通信は、ホームページ全般のサポート、SNS運用サポート、デジタルマーケティング、ITツール導入、求人採用マーケティング、写真撮影、広告用取材ライティングなど、情報発信コンテンツ作成を得意としています。また、メディア内広告も承っています。お気軽にお問い合わせください。

Pick Up!

Sponsored

   
目次
閉じる