島地町『洋懐石 紀の川』へ佐世保在住のアメリカ人Tunyaさんに聞いて行ってみた。あなただけの最高の一皿をゆったり味わえます!

紀の川

本当は教えたくないお店シリーズ~洋懐石 紀の川~

早すぎる異動で、よこはまよこすかぁー♪に引っ越すことになりました、Kimmyです。

佐世保在住のアメリカ人Tunyaさんが興奮して教えてくれた、”So cool!”なレストランに、佐世保にいるうちにと思って急いで行ってきましたよ。

場所は、島地町。川沿いにあります。
よく分からない方は、 GoogleMapでも確認してみてくださいね。

レンガ造り、レトロなたたずまいの『洋懐石 紀の川』に到着しました!

エントランスが建物より、かなり奥に入り込んでいます。
気づかずに通り過ぎてしまわないように、注意です。

車でお越しの方、申し訳ございません(ペコリ)。
専用駐車場はありません。
そのままお店を過ぎ、10mほど進むとコインパーキングがあります。
そちらをご利用くださいませ。

隠れ家的な空間でゆったりと流れるひととき

さて、例の入り込んでいる入口のドアを開けると、、、、。
落ち着いた雰囲気の店内です。

常連客らしきマダムが「コートはここよ。」と、まるで我が家のようにアンティークなクローゼットを教えてくださいました。

店内の席数は5テーブルほどで、こじんまりと営まれていますので、予約は必ずお願いします。

そうそう、入って正面に、隠れ小部屋的なテーブル席があります。
お・し・の・びでのご来店の方、内緒話をしたい方は、こちらをご指定くださいませ。

メニューを頂いた後、じーっくり考える時間もらえます。

ランチメニュー、がっつりいくか、可愛くいくか、
お肉?お魚?両方?

Kimmy
本日のお魚は何ですか?
店員さん
本日は、九十九島産牡蠣のグラタンとエビのグリルです。

牡蠣大好き、Kimmyは即「魚ランチ」に。
友人は、「牛ロースステーキランチ」に決まりました。

メニューの金額に、プラス消費税、よろしくです。

メニューやお客様に合わせた有田焼の器

まず、本日のスープとサラダが運ばれてきます。
スープはコーンポタージュでしたが、丁寧に作られた、深いお味。
お腹に優しーくしみわたっていきます。

続いて、バーン!
紀の川

あっつあつ、牡蠣のグラタンが有田焼の大皿で運ばれてきました。
同じメニューなのに、お隣の方のお皿とは全然違います。

Kimmy
私の雰囲気に(あつっ)合わせてくれたのかな(あつっ)とってもシック(ハフハフ)。

※シック:いきなさま。あかぬけしているさま( デジタル大辞泉より)

お皿は細かい模様の入った、すごくシックな有田焼の器なのですが、うれしくてカメラ近づけすぎてしまい、分かりにくくなってしまいました・・・。

友人は、こちら。
紀の川

こちらのお皿は、お店の人いわく、お肉のボリュームに合わせたそう。

たしかに、一口大にカットされた佐賀牛が、際立ちます。
こちらもおいしそう!

ランチには、更にご飯とお味噌汁もついてますよ〜!

器、箸置きに至るまで、これらも1人1人違った仕様。
すごいこだわりです!素敵です!

撮るのも話すのも忘れて、ペロリ、完食致しました。

デザートも選べます!

本日のデザートは、パンナコッタ、アイス盛り合わせ、ぜんざいから1つ。
季節によって変わります。
Kimmyは、パンナコッタ。友人は、ぜんざいに。

ぜんざいです。
これまた、分厚い器、蓋を開けると・・・
紀の川

あっつあつの焼きもち入りのぜんざい。ほっこり度、マックスです!

ラストには、皆にほうじ茶が。
この後もゆっくり、ゆったり過ごすことができました。

次回は、がっつり、「プレミアムコース」かな?

こんな個性派和食もいかが?

まだまだ、こんな和食のお店もありますよ。
コンプリートしてみてくださいね。

佐世保駅から徒歩3分の好立地!ランチも楽しめる佐世保ワシントンホテルの『日本料理 桜川』をご紹介!

2019.11.03

とびきりのお酒を上質な和食で頂く!下京町の『和食ダイニング 橘川』は全席個室で大切な人のおもてなしにピッタリ!

2019.11.02

本当は教えたくないお店をコッソリ教えます!本島町の『和の食 かつき』をご紹介

2019.10.23
洋懐石 紀の川
場所長崎県佐世保市島地町11-26[地図]
営業時間11:30-14:00
17:30-21:00
定休日月曜日
問合せ電話:0956-22-0612

WRITERこの記事をかいた人

kimmy

横浜から引っ越してきました。佐世保市民が当たり前、と思っていること、もしかしたらどれもこれもお宝かも! 「させぼ」の、魚・野菜・酒、温泉・・・音楽・映画・イベント・・・、そして何より「人」が面白いんです!全方向で「させぼ」のよかとこ発信します!佐世保弁も身につけたい(頑張ります!)