相浦町の佐世保魚市場にある『魚市場もったいない食堂』を知らないと本当にもったいない!絶品フワトロなアジフライ定食をいただいてきました~

相浦町『魚市場もったいない食堂』

こんにちは!本格的に夏到来、夏生まれのひかる君です。
夏バテ防止には何と言っても新鮮な美味しいお食事ですねー。

そこで今回は知らないともったいない!『魚市場もったいない食堂』の新メニュー、フワトロなアジフライ定食の紹介です~。

相浦町にある佐世保魚市場の中に『魚市場もったいない食堂』はあります。

「魚市場って勝手に入っていいの?」と思った方もいるのではないでしょうか?
はい!フツーに入れるんです。『もったいない食堂』の前身は魚市場の社員食堂だったのですが、だれでも利用できるので今回紹介しますねー!

お店までのわかりやすい道のり編!?

市場の門を入ると右手にこのおしゃれなデザインの魚市場ビルがあります、正面玄関からはいりましょう。

入るとすぐにこの巨大なアクアリウムがあるよー!水族館に来たみたいで得した感じ。

1階にダンジョンマップがっ!フムフム『もったいない食堂』は3階だな、エレベーターで3階へ↑GO!

3階につくとさらに案内板がっ!90m先を右に!魚市場ビルは広いのだ。

あの光射す先にフワトロアジフライ定食が待っている。

着きました!『もったいない食堂』

いよいよフワトロなアジフライ定食をいただきまーす!

中も広いよー50席あります。

窓際は絶景オーシャンビュー!すごいー。

今回、店長の鈴木さんに色々教えていただきました。

『もったいない食堂』の最大の特徴は、、材料に佐世保魚市場に水揚げされる新鮮な地魚と、地元産の有機・減農野菜を主に使用してあること。
その他の食材、調味料も無添加のものを使用してあるとのことです。こだわってます!

屋号『もったいない食堂』の由来は、今や世界にも広まった日本人の思想「もったいない」そのものです。
水揚げされる魚たちは大きさ等の理由でセリにかけられないものがあり、これらもちゃんと食べてあげようというところから始まったそうです。

いよいよ来ましたーアジフライ定食!いただきまーす。

噛んだ瞬間に衣のサクッとした食感と、アジのふわっとした食感をダブルで楽しめます。
新鮮だから、臭みも全くありません。タルタルソースにつけて食べると、コクのある味わいがプラスされますよー。

アジフライ定食は630円というリーズナブルな価格。
同じく630円の日替わり定食や、1日10食限定のお刺身定食などもあります。

ただし水揚げ量や休漁日もありますのでご注意ください。
あらかじめ電話で確認されてくださいね。

地元で獲れる食材を余すことなく調理、体に優しく美味しい『魚市場もったいない食堂』利用しないのはもったいなーい。
絶対オススメです。

その他のグルメ情報いろいろ

相浦周辺で美味しい物食べたい時は、ここもオススメだよー。

ソファー席もあるよ!佐々町の『バーグ屋 あおぞら食堂』でふわっふわ柔らかなハンバークを食してきた〜。

2019.02.04

個室あり!デートでも家族でもママ会にも最適!相浦町の『まつお』に行ってきたよ。

2019.01.03

昔懐かしい雰囲気漂う。相浦町の手作りケーキとパンのお店『アップル』へ行ってきた〜

2018.12.24
魚市場もったいない食堂
場所長崎県佐世保市相浦町1563 [地図]
営業時間07:00〜14:00(O.S 13:30)
定休日日祝と市場がお休みの日
問合せ電話:0956-48-8455
web 魚市場もったいない食堂
魚市場もったいない食堂
魚市場もったいない食堂

WRITERこの記事をかいた人

ひかる君

オタク気質の佐世保大好き人間!昭和生まれなのさ。甘い物大好きでも絶賛ダイエット中です。 趣味はオタク関連。水泳プール属性!佐賀、福岡にも出撃します。 佐世保の魅力を世界にひろめたいぞ!