MENU

\取材依頼・広告掲載はお気軽にお電話ください/

↓メールでのお問い合わせはこちら↓

↓掲載料金はこちらをご覧ください↓

\集客についてのお悩みはここで解決できるかも!/

有田のスパイスカレーのお店「SPICE HOTARU」

SPICE HOTARU

有田町にあるスパイスカレーのお店「SPICE HOTARU」(スパイスホタル)をご紹介します。

地元の野菜やお肉を使いこだわりぬいて作られたスパイスカレー。

ドイツでスパイスカレー作りを重ねたご主人と有田育ちの奥様とで作っています。

テイクアウトを中心に提供していますが、茶室で一日限定一組のイートインも近々開始されるとのことですよ。

コロナ禍が収まったころに是非行ってほしいちょーちょーおすすめカリー屋さんです!

目次

SPICE HOTARU

こんにちは!望月アーモンドです。

全米が泣いた!

全米、ってコメの方です。はい。

感動のカリーに出会ってしまいました。

美味しすぎて泣きそうになりました。

本当は教えたくないほど魅力たっぷりのお店、有田町にあるSPICE HOTARUを紹介いたします!

お店は有田焼ギャラリーの中!?

場所は有田のメインストリートにあります。

お店の正面には観光客用の大きな駐車場があるのでここに車を停めましょう。

SPICE HOTARU
観光客用駐車場

建物は歴史を感じる建物ですね。実はここ窯元のギャラリーなんです。

SPICE HOTARU

SPICE HOTARUは窯元「李荘庵」のギャラリーを間借りしてカレーを販売しています。

お店に入ると有田焼が並んでいるので「あれ?間違えた?」と思うかもしれません。

でも間違っていないのでカウンターまで進みましょう。

メニュー

今はテイクアウト中心で提供しています。

メニューは全部で8種類あり、その中から平日は2種類、土曜日は3種類提供しています。日替わりメニューもあるとのことです。

SPICE HOTARU
MENU

前日の夕方にインスタやLINEでメニューをお伝えしています。

予約がおすすめ。

インスタかLINEで受け付けているとのことです。

王道のチキンカリーFUJIMAKIと艶美のエビカリーOJIYAMA

今回は特別に有田焼のお皿に入れて提供していただきました。

こちらが「王道のチキンカリーFUJIMAKI」(¥1,000)

SPICE HOTARU

ビリっとした辛さの後の爽やかな香りが特徴。

手羽元のお肉も柔らかくスプーンでほろりと取れました。

野菜の甘さや酸味も感じられます。

雑穀米もおいしかったです。有田の棚田米を使っています。

こちらは「艶美のエビカリーOJIYAMA」(¥1,200)

SPICE HOTARU

ココナッツカレーの甘い風味のあとにガツンと辛さがきます。

こちらもスプーンが止まらない!お皿にのこったカリーをペロペロしたいくらい後引く美味しさ。

メニューには「FUJIMAKI」や「OJIYAMA」と窯元の名前を付けています。もちろん使っているお皿もその窯元のお皿です。

大げさかもしれませんが、美味しくて泣きそうになりました。

「美味しいです~!」と乙女な感じで店主に叫んでいた時、多分私は「ぴえん」の絵文字の目になっていたと思われます(顔も丸いし)。

今思い出すだけでニヤニヤしちゃって、また食べたくなります

女性のリピーターが多いとのことで、ハマる理由がわかります。

まだ食べてない種類も制覇したい!

イートインは一日限定1組から

イートインは個室貸し切りタイプで一日1組から2組限定です。

2人以上(4人まで)でワンドリンク注文していただければ利用できます。

その個室なんですが……茶室なんです

ギャラリーから茶室への誘導がもう趣深くてワクワクがとまりませんよ。

アーチ状トンバイ塀をくぐって……。

SPICE HOTARU
登り窯で使われたレンガ(トンバイ塀)のアーチ

中庭に出ます。

SPICE HOTARU

そして茶室へ。

SPICE HOTARU

動画でもご紹介。

非日常空間。めちゃくちゃ癒されました。

ここでゆっくりカリーを楽しんでください。

ドイツから移住したご夫婦

SPICE HOTARUは2020年8月にオープンしました。

営んでいるのは富田夫婦。

冨田さん近影

ご主人の文彦さんは建築家で有田に来る前はドイツでお仕事をされていました。

ドイツ生活で食べたいカレーがなかなか見つからない状況から「それなら自分で作ってしまおう」とカレーを作るようになったそう。カレーの原点がドイツって面白いですね。

現在はスパイスカレーを作りながら有田に建築事務所を置いて建築のお仕事もされています。たてもののご相談もぜひ!とのことですよ!(hotarustudio

一方奥様の紗貴さんは、有田育ち。小学生時代は有田で過ごされたそうです。「子育てをするのなら故郷の有田で」という思いから、日本に戻って有田の「地域おこし協力隊」になり、地域を盛り上げる活動を行っています。

ご主人はドイツでお味噌や納豆、麴など自分で作ってしまうほど研究熱心で食に対する情熱のある方

スパイスカリーにもその情熱が注ぎ込まれていて、有田の棚田米、朝びきの有田鶏など半径20キロメートル内にある新鮮で安全な食材を使ってカリーを作っています。

お店の由来は、東京でよく通っていた飲み屋さんの名前。

飲み屋さんらしい店名ですね(笑)。

のれん分けした有田のHOTARUは移住者の希望の光としてほんのり優しく未来を照らしているように感じました。

佐世保の人にもぜひ食べてもらいたい!」とお話してくださいました。

今後営業日やメニューなどの変更もあるとのことですので、インスタやLINEでお店情報は事前に確認されてから行ってみてくださいね。

SPICE HOTARU
住所|佐賀県西松浦郡有田町岩谷川内1丁目3-7
電話|なし
営業日|火・木・土 11:30〜13:30
駐車場|なし(正面に観光駐車場あり)
支払い| 現金

させぼ通信をフォローして
佐世保の情報をゲット!
  掲載や情報発信に関する
↓お仕事のご依頼はこちら↓
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!丸顔主婦、望月アーモンドです。相棒メル子と一緒に取材しています。
好きなものは、宇宙、音楽、映画、読書、絵本、エコなどなど。
特技は太ること。グルメ記事の度に特技発動中!

マイブームはピアノと藤井風。

お仕事のご依頼

させぼ通信は、ホームページ全般のサポート、SNS運用サポート、デジタルマーケティング、ITツール導入、求人採用マーケティング、写真撮影、広告用取材ライティングなど、情報発信コンテンツ作成を得意としています。また、メディア内広告も承っています。お気軽にお問い合わせください。

Pick Up!

Sponsored

   
目次
閉じる