MENU

\取材依頼・広告掲載はお気軽にお電話ください/

↓メールでのお問い合わせはこちら↓

↓掲載料金はこちらをご覧ください↓

\集客についてのお悩みはここで解決できるかも!/

氷窯アイスこめたま – 波佐見町・西の原

目次

氷窯アイスこめたま

オーダーを受けてから氷窯(こおりがま)で混ぜてつくられる、作りたてアイスが人気の「氷窯アイスこめたま」。波佐見や西の原でのカフェタイムや散策にイチ押しのアイス専門店です。

お店は西の原の一番奥

こめたまは、波佐見町にある西の原エリアの一番奥にあります。西の原は、カフェ・レストラン・雑貨店があり観光名所にもなっている人気スポットですよ。

駐車場は、西の原の共同駐車場になります。第1駐車場20台、第2駐車場50台と広いですが、連休のランチタイムには駐車場が混む場合があります。こめたまに行くだけならその時間帯を避けての来店がオススメかもしれません。
氷窯アイスこめたまの駐車場
車を停めたら、お店まで2〜3分ほど歩きます。この看板が見えたら、右の坂をのぼっていきますよ〜。
氷窯アイスこめたまがある西の原エリア
自然が豊かで、気持ちのいい道です。
氷窯アイスこめたまがある西の原エリア
坂を登っりきった一番上に、お店があります。山小屋みたいな外観が素敵です。
氷窯アイスこめたまの外観

アイスやドリンクなどのメニュー

お店に入ったら、まずカウンターで注文します。
氷窯アイスこめたまの店内
一般的なアイスクリーム屋さんでは、色とりどりなアイスがショーケースにズラリと並んでいますが、こめたまではアイスではなく氷窯が並んでいます。

注文はレジ向かいにあるメニューボード、または外のメニューボードを見て決めますよ。
氷窯アイスこめたまのメニュー
外のメニューボードはこんな感じです。川棚の虚空蔵山の天然水氷でつくった、フワフワかき氷も美味しそうです。
氷窯アイスこめたまのメニューボード
アイスは8種類、バニラ・抹茶・塩麹キャラメル・季節限定のフルーツ味などがありました。

アイスの種類
・卵バニラ 460円
・チョコバナナ 460円
・抹茶 470円
・塩麹キャラメル 470円
・キウイミルク 470円
・焼きとうもろこし 470円
・ももミルク 480円
・メロンミルク 480円
食べ方は4種類から選べます。
アイスの食べ方
【店内・テイクアウト】
・米粉のコメコーン
・カップ
【店内のみ】
・自家製モチ米のモッフル(+60円)
・焼き立てベルギーワッフル(+80円)
アイス以外にも、カタラーナやプリンなどのスイーツもありました。
氷窯アイスこめたまのテイクアウトメニュー
自家製のジンジャエールや梅ジュースなどのもドリンクもありますよ。
氷窯アイスこめたまのドリンクメニュー

   

焼きとうもろこしアイス×モッフル

焼きとうもろこしアイス(470円)、自家製モチ米のモッフル(+60円)を注文しました。モッフルには、きな粉と黒蜜が付いてきました。
氷窯アイスこめたまのアイスとモッフル
焼きとうもろこしアイスは、大村産のとうもろこしを使用しています。甘すぎず、素材の味が生きています。味は濃厚ですが、さっぱりと口溶けがいいです。

上にかかっている醤油黒蜜ソースと一緒に食べると甘じょっぱくて焼きとうもろこし、そのまんまの味でした。
氷窯アイスこめたまの焼きとうもろこしアイス
モッフルは、自家製の川棚米からつくったもち米を使っています。ワッフルメーカーで焼いているので、ほんのり温かいです。

外はサクサク、中はモチモチしていて、もち米だけを使っているだけに結構お腹いっぱいになります。冷めると固くなるので、温かいうちにいただきましょう。

モッフルは米粉100%なので小麦アレルギーの方も食べられますよ(米粉のコーンには、多少小麦粉が入っています)。
氷窯アイスこめたまのモッフル
モッフルにアイスをのせ、きな粉と黒蜜をかけると違った味わいを楽しめます。
氷窯アイスこめたまのアイスとモッフル

美味しさの秘密

アイスもモッフルも美味しくて大満足でした。こんなに美味しい理由は、作り方も原材料もこだわり抜いているからです。使う卵、卵を産むニワトリ、ニワトリの餌までお店で育ています。
氷窯アイスこめたまの製造工程

アイスの卵は、こめたまで平飼い飼育した川棚米卵の卵黄だけを贅沢に使っています。卵の品質はニワトリの食べた餌に大きく影響されることから、飼料生産にも乗り出し米づくりも始めたそうです。

アイスをつくるために米づくりから行うので、こめたまのアイスクリームは約1年かけてつくられているんです。こだわり具合が、想像をはるかにこえていて驚きです。
氷窯アイスこめたまの製造工程
こだわりの米卵は、お店で買えますよ!
氷窯アイスこめたまのこだわり卵
店名の「こめたま」の由来を教えてもらいました。

こめたま
ニワトリの主食となるお米を栽培して、そのニワトリが産んだ卵のことを「米卵」といいます。

米卵でアイスをつくるので、店名をシンプルにわかりやすく「こめたま」にしました。

店名の「氷窯」とは、特注の製氷機で作ったボウルのこといいます。
こめたまの氷窯
注文を受けてから自家製アイスとフレーバーソースを氷窯で混ぜてアイスをつくります。氷窯で混ぜると味が混ざりやすく、適温になるそうです。
こめたまの氷窯
フレーバーとなる果物や野菜も、波佐見周辺や長崎産のものを使用しているようですよ。

イートインもテイクアウトもOK

氷窯アイスこめたまは、イートインもテイクアウトもできます。赤ちゃん連れの方は、ベビーカーを畳んで入店してくださいね。
氷窯アイスこめたまの入り口
店内には、テーブルが16席あります。ゆったりくつろげる空間です。
氷窯アイスこめたまの店内
お冷やおしぼり、紙ナプキンはセルフサービスになっています。
氷窯アイスこめたまの店内セルフサービス
手洗いスペースがあるのもうれしいです。
氷窯アイスこめたまの店内手洗いスペース
屋外には、日よけつきのテラス席やベンチもあります。夏は暑いかもしれませんが、外で自然を見ながら食べるのも気持ちいいでしょうね!
氷窯アイスこめたまのテラス席
氷窯アイスこめたまのベンチ席
その時期しか食べられない、季節限定の果物や野菜を使用したフレーバーが登場するので、何度も訪れてみてはいかがでしょうか。

そして、7月24日(土)23:30〜放送のテレビNIB「よル〜じげトゥギャザーしようぜ!!」で氷窯アイスこめたまが紹介されるそうです。是非チェックしてみてくださいね!
https://www.instagram.com/p/CRGNzXRJAyP/?utm_medium=copy_link

氷窯アイス こめたま
住所|長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2179
電話|0956-59-6841
営業時間|12:00〜17:30
定休日|水曜日、他不定休あり
駐車場|あり(西の原駐車場を利用)
支払い| 現金

インスタ facebook
させぼ通信をフォローして
佐世保の情報をゲット!
  掲載や情報発信に関する
↓お仕事のご依頼はこちら↓
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2019年春に引越してきた佐世保在住3年目のアラフォー。転勤族で日本全国転々としています。
【好きなもの】カレー、餃子、コーヒー、本屋、アウトドア、宅トレ【自慢】100kmウルトラマラソン完走

お仕事のご依頼

させぼ通信は、ホームページ全般のサポート、SNS運用サポート、デジタルマーケティング、ITツール導入、求人採用マーケティング、写真撮影、広告用取材ライティングなど、情報発信コンテンツ作成を得意としています。また、メディア内広告も承っています。お気軽にお問い合わせください。

Pick Up!

Sponsored
   
目次
閉じる