1億円分の花火が消える?耳栓が売切れ続出?長崎県のお盆行事 『精霊流し』≪2019年の会場も≫

精霊流し(しょうろうながし)

さて今年も、祖先の霊を祭る「お盆」がやってきますね!
長崎県のお盆は、お墓で花火をしたり「精霊流し」があったりと、花火をとてつもなく消費する時期で、その金額は毎年1億円を超すとも言われています。

長崎では当たり前の夏の行事ですが、県外から来た人はすっごくビックリする伝統行事ですねー。
お墓で花火をするとか、普通だったら怒られますもんね。

まずは、精霊流しについて知らない人は、これ読んでみてね。

長崎市を始め、長崎県内各地でお盆に行われる伝統行事である(ただし、県内でも海から遠い波佐見町等にはこの風習はない)。隣県である佐賀県の佐賀市や、熊本県の熊本市、御船町などにも同様の風習が見られる。初盆を迎えた故人の家族らが、盆提灯や造花などで飾られた精霊船(しょうろうぶね)と呼ばれる船に故人の霊を乗せて、「流し場」と呼ばれる終着点まで運ぶ。
毎年8月15日の夕刻から開催され、爆竹の破裂音・鉦の音・掛け声が交錯する喧騒の中で行われる。精霊船は山車(だし)を連想させる華美なものであり、見物客が集まる。「祭り」と誤解されることもあるが、あくまでも故人を追悼する仏教の行事である。

あくまでも故人を追悼する仏教の行事

佐世保でも、市内の道路を精霊船という大小様々な船を引いて、鐘の音や掛け声、爆竹を鳴らしながら終着点まで運びます。

爆竹を鳴らす理由というのは、当初は、「精霊船が通る道を清めるために鳴らされた」とも言われているんだそう。

その爆竹の音・量が尋常じゃないもんですからお祭りと勘違いされる事もあるようですが、あくまでも故人を追悼する行事ですからね。

ちなみに、道路上での花火は、腕章を着用した人以外は使用できないので、どさくさに紛れてぶっ放すなんてことはダメ絶対なようです。

それでも爆竹を鳴らしたいって方へ:NHK効果音 爆竹の音
【オススメ】爆竹を投げるモーションのあとに再生するとよいでしょう!

※一部端末では再生できないこともあります

2019年 佐世保市 精霊流し会場

今年も8月15日に各地で精霊流しが行われますよ!
交通規制がかかるところもあるので、ご注意ください。

会場主催・連絡先時間・場所
名切連絡先は市環境政策課
0956-31-6520
19時00分~21時30分
中央公園スポーツ広場
早岐早岐地区自治会連合会
0956-38-2213
18時00分~22時00分
東町海岸(早岐瀬戸)
日宇日宇商工振興会
0956-34-1296
18時00分~20時30分
高専グラウンド横
中里皆瀬中里皆瀬地区自治協議会
0956-49-2114
18時00分~21時00分
中里皆瀬支所駐車場
相浦相浦地区自治協議会
0956-80-1429
17時30分~21時30分
陸上競技場駐車場
吉井吉井町万灯籠流し実行委員会
0956-64-2078
18時00分~21時30分
ポットホール公園駐車場
世知原栗迎六区青年部
0956-76-2211
18時00分~20時30分
躍進の泉公園
小佐々小佐々町保健環境自治連合会
0956-41-3111
18時00分~21時30分
大悲観公園駐車場、楠泊バス停前広場
鹿町ふれあい口ノ里会
090-1193-1957
18時30分~21時30分
口ノ里埋立地横防波堤

精霊流しってこんな感じ

映像のように爆竹の音がずーっと鳴り続けます。
耳栓は準備しておいたがいい」と言われていますから、今すぐお近くのドラッグストアや100円ショップ、ホームセンターなどにGOですね!

さだまさしさんの名曲「精霊流し」もお忘れなく。

長崎の夏の風物詩を肌で感じましょうー。


WRITERこの記事をかいた人

させぼ通信 編集部

させぼのニュースやグルメ、開店・閉店情報とか、佐世保市民にしかわからないような雑談ネタをお届けするよ。