今話題の生食パンを発見!下京町の『Epiciel(エピシェール)』の生食パン「みず穂の和み」をご紹介〜!

エピシエール

『Epiciel(エピシェール)』の生食パン「みず穂の和み」

パン好きライターでおなじみyukariです!

パンのご紹介を疎かにしていたので、今日こそ皆さまに素敵なパンをお届けしようと、マチをウロウロ・・・。

下京町の『Epiciel(エピシェール)』にやってまいりました。
京町バス停のすぐ目の前のパン屋さんですね。
エピシエール

ここでなんと、こんな看板を見つけました。
エピシェール

「1日 7500本売れてます!」ですってよ!
(※エピシェール全店舗の総合計)

こりゃ、食べてみらんば!!!ってことで購入してきましたよっ!

生食パンに出会ったぁ

『Epiciel(エピシェール)』の店内には、様々な種類のパンがずらぁ〜り
エピシェール

外はカリッとしつつ、バターたっぷりの「塩パン」。グラスフェッドバターと言うバターを使用しており、普通のバターよりもヘルシーなんだとか。
塩パン

「練乳台湾ドーナツ」など、変わったメニューもあります。練乳のシュガーをまぶした、外はザクザク、中はふわふわもちもちなドーナツなんだそう!

様々なパンがありますが、今回はやっぱり生食パン!こちらが、生食パン「みず穂の和み」です!
生食パン

店内に焼き上がり時間が掲示されているので、焼きたてホヤホヤを味わうこともできますね〜!
生食パン

このフォルムを眺めているだけで、ワクワクが止まらなくなります。
生食パン

生食パン「みず穂の和み」を実食

生食パン「みず穂の和み」、紙袋に入れてもらえるので、高級感も増します。
お友達のお家へお邪魔する時の手土産や、ちょっとしたお礼の品としても良さそうです。
生食パン

手でちぎってみると・・・このフワッフワ感。食べた食感は、「しっとりもちもち食感」と言う言葉がぴったりな感じ。
生食パン

スライスして焼いて食べても良さそうですが、シンプルにそのままちぎって食べるのが、やっぱり良いかと思います。

ちぎって食べていたら、気づかぬうちに全部食べちゃったとならないように注意してくださいね。

パン好きの方はもちろん、いつもはご飯派ですよって方も、『Epiciel(エピシェール)』の生食パン「みず穂の和み」を口にして、しっとりもちもち食感を実際に味わってみてはいかがでしょうか〜?

パン好きな人にはコチラもどうぞ

パン好きな人は、コチラにも佐世保のパン屋さんをたくさんご紹介してますので、参考にしてみてね〜。

Epiciel(エピシェール)
場所長崎県佐世保市下京町9−13 [地図]
営業時間7:30〜20:00
定休日1月1日のみ
問合せ電話: 0956-24-7031

WRITERこの記事をかいた人

yukari

いつでもどこでも、温泉に浸かっていたいほど、温泉が好きです。 "させぼ弁"と"おおいた弁"を話すことができるバイリンガル的ライターです。