丁寧なヒアリングと提案で一緒に家を作り上げていく。デザインも素材も”本物志向”のオシャレ空間『アルファ建築空間 佐世保オフィス』をご紹介。

※この記事は[株式会社 アルファ建築空間 佐世保オフィス]の提供です

株式会社 アルファ建築空間 佐世保オフィス

最近、福石町にできたこちらのオフィス。

「もしかして新しいショップができた?」と気になっていた方もいらっしゃいますか?

まるでおしゃれカフェの様な外観。
実は、こちら福石町にある『アルファ建築空間 佐世保オフィス』の事務所なのです。
A-プライスの通りにあり、駐車場も事務所近くにあります。

「本物」にこだわる価値のある家づくりを提案してくれる『アルファ建築空間 佐世保オフィス』
どんなところか、どんな家を手がけられてきたのか、ご紹介いたします。

シンプルでくつろげる空間

もちろん、事務所の内装も本物の素材にこだわった、シンプルで「居心地の良い」空間に統一されています。

ムラや汚れのあるコンクリート壁も、その歴史がつくり出す1点物。
そんな、見落としがちな本当の価値を引き出すオシャレな事務所は、そこにいるだけでセンスが磨かれそうです。

実際に事務所に入ってみると感じるのですが「〇〇調」では言い表すことのできない本物の質感。

そして、不思議と緊張感漂う空気はなく、落ち着いてお話をすることができるんです。

ここ、『アルファ建築空間 佐世保オフィス』は、注文住宅もリフォームも、どうしたいか具体的に決まっていなくても大丈夫。

ただ、「こんなイメージで」「こんな感じが好き」という素直なメッセージから、色んなことを聞き出してくれて、それに合わせた提案をしてくれたり、そしてそれが良いものなのか話し合ったり・・・。

そんな風に、とことん一緒に家づくりを楽しんでくれる貴重な建築事務所なのです。

モデルハウスで感じる家の素材感

まずは、「本物の素材」にこだわった家がどういうものなのか、モデルハウスを見に行きました。

今回のモデルハウスは、子育て世帯の生活にスポットを当てて考えられた住宅。

機能性とデザインがバランスよく混在していて、長く住むことを考えるととても満足度の高い家です。

「好きなもの」をいつでも感じることのできる“絶妙なバランス”で家づくりの提案をしてくれるので、愛着もひとしおになります。

#MODEL HOUSE

玄関を入るとすぐ暖かい雰囲気のリビングが迎えてくれる。帰宅が楽しみになる風景。

奥のアクセントになるレンガの壁は、クロスでなく本物のレンガ。凹凸やいびつな形が素材の味を出している。

存在感のあるオープンキッチンも、シンクとテーブルが一体となった機能的なもの。 それでいて空間の主役になるようなデザイン性も忘れていない。

玄関から直接バスルームに続く動線も確保。 子どもたちが泥だらけで帰ってきてもお風呂へ直行でき、ママのストレスも半減。

明るい子ども部屋。床材はどの部屋も基本的に無垢材を使用。合板などと違いキズも経年の味にしてくれる。

左右の大きさがあえて違うアンバランスな窓。2階からの景観を楽しむため、網戸の面積を最小限にできるよう、この設計をしたそう。 設計時は更地だったはずなのに、2階からの景観を予想してこんな設計をしてくれるのは、さすがプロの目だ。

子ども部屋とは変わり、落ち着いた雰囲気の寝室。クローゼットも広く機能面も充実。

寝室の壁は木のチップをセメントで固めた“木毛セメント板”を使用。アートな雰囲気を漂わせる独特のザラザラした質感が、暗すぎず落ち着いた部屋にまとめてくれる。照明スイッチ一つとっても“好み”を考えて提案してくれる。

次のページでは、実際にお客様の要望を形にした「フルオーダーの家」をご紹介します。
いろんなデザイン・好みを聞き取り、丁寧に実現されています。

アルファ建築空間 佐世保オフィス
住所長崎県佐世保市福石町5-11 [地図]
時間09:00〜18:00
定休日水曜日
電話0956-59-7677
web アルファ建築空間佐世保オフィス
アルファ建築空間佐世保オフィス
alpha.as.sasebo

WRITERこの記事をかいた人

フカフカさん

初めまして。趣味人間フカフカです。 お出かけ大好き!食べ歩き大好き!好き嫌いはありません♪釣り人の夫と二人の娘と楽しいことを探して日々を送っています。 好きなタイプは「おしりたんてい」さんです。 頭の良さと紳士っぷりにメロメロです。