切らない!焼かない!『カンコロモチスティック』をご存じかしら?重尾の『かんころ餅本舗 草加屋』に行ってきた!

かんころ餅本舗草加屋

長崎県民に生まれて良かったと思う瞬間ベスト10を挙げるなら、かんころ餅がある事が絶対入るなーと思っています。1人で1本はペロリといけますAkemiです。

焼かなくても食べれるかんころ餅があるんですって⁈

かんころとはさつまいもを薄く切って天日干ししたものを指す五島地方の方言。
お米が作れないような痩せた土地でも育ちやすいさつまいもで作り保存食として食べられていたのが始まりだそうです。

かんころ餅は、かんころを混ぜこんだ餅の一種。
長崎県五島列島の郷土料理、和菓子の一つですが、九州・沖縄地方、長崎県の地域ブランド。
五島市・西海市・佐世保市などを中心に長崎県内各地で作られています。

そんなかんころ餅と言えば切って焼いて食べるのが一般的ですが、切らなくても焼かなくても食べれるかんころ餅があると読者さんからタレコミが!

これはぜひぜひ食べに行かなくてはーー!!!

レッツカンコロ!

場所は広田中学校のすぐとなり。駐車場も向かい側に6台ほど停められます。

道路を渡るときはお気をつけくださいねー。

趣のあるお店にワクワクします。

店内はおいしそうな和菓子や焼き菓子がいっぱーーい!
自家製のパンも販売されています。

贈り物にも喜ばれそうですね。

スイーツとお茶のおもてなしが。嬉しい~♪

ソフトクリームも気になっちゃう。

カンコロモチスティックみっけ♪

いろいろ目移りしてしまいますが、ありましたありました「カンコロモチスティック」。
焼かずに食べれるなんてまだ信じられません。

コレコレ。はっけーん。お味はプレーンと紫芋の2種類。
おひとつ¥162(税込み)です。

生でもおいしいってやっぱり言ってる。生よナマ…。

いざ、実食。

食べてビックリ。
焼いてないのにナニこのやわらかさ~!!
焼くのがもったいないくらいに焦げ目なくてもおいしくてビックリです!

楽しいイベントもやってるよ!

草加屋では月に1度、野菜やお菓子・くじらなどいろいろな出展者が集う野菜びいき市場が開催されています。
毎月第3土曜日に開催されていますのでカンコロモチスティックお求めがてらにお出かけされてみてはー。

かんころ餅本舗草加家
場所〒859-3224長崎県佐世保市重尾町210
[地図]
営業時間9:00〜18:00
定休日毎月第2・第4日曜日
問合せ電話:0956-38-3808
FAX:0956-38-1490
web 草加家
有限会社 草加家

WRITERこの記事をかいた人

akemi

好きな風景は海きららと愛宕山の見える場所♡ 地元から出たことのないベタベタのさせぼっ子です。 3人の子育てをしながらさせぼの楽しい場所へフラリと出没します。 させぼや県北がもっとワクワクする場所になりますように♪