ハイレベルなデザイン・アート性を誇る『As design』住宅の住み心地がとんでもなく快適なワケ

アズデザイン

快適&安全性をかなえる「省エネ住宅」のひみつ

こんにちは~!お邪魔します!

もくもく・・・

もくもく・・・

・・・みなさん、かなり集中していらっしゃいますね。これは話し掛けていいものか。

古田さん
大丈夫!わたしがついてます。

あれっ、この声はさっきから聞こえていた・・・あぁ、思い出しました、この声は、As design社長の古田さんではありませんか!

アズデザイン古田さん

As design社長の古田さん登場!

まさかのテレパシーという特殊能力をお持ちとは!

古田さん
あまりにさせぼ通信さんが心配で、能力が目覚めてしまいました。

わー、建築の知識がほとんどないのが見破られている!

しかしおかげで、思う存分質問が出来ます。とっても心強いです!

ではさっそく。

おお。内壁になにかがびっしりと丁寧に敷き詰められていますけど、これは・・・。

断熱材か!省エネ住宅のキーアイテムですね。

古田さん
そうなのです!こちらは高性能断熱材「ネオマフォーム」。高い断熱性と長期断熱性能、安全性と環境性能を兼ね備えたスーパー断熱材なんです。他の断熱材と比較しても、トップクラスの薄さと性能なんですよ。
断熱の重要性
室内側と室外側の熱移動を遮断して外気温が室内に伝わりにくくする“夏は涼しく冬は暖かい”住宅を実現する基準になる。結露の発生も防止。断熱が不十分だと、冷暖房効率がダウンし、内部結露で建物が傷みやすくなるなどの弊害も。

外壁に使われているものも同じものなんですか?

古田さん
いえ、あれは「タイベック®」と呼ばれるもので、デュポン社が独自開発した高密度ポリエチレン不織布です。優れた透湿・防水性能と、抜群の強度と耐久性を誇ります。建築資材として世界中で人気なんです。

古田さん
透湿・防水シート、遮熱シート、屋根に使われる建築資材としてとても高い評価を得ています。

「ネオマフォーム」「タイベック®」も、その性能の高さから、私たちは自信をもって採用しているんです。

外側と内側からの鉄壁のガードと放湿。この2つが揃って初めて理想の暮らしが手に入るということかぁ。

家は一生をかけてお付き合いしていくものですから、長く保つためにも、建築資材の性能にもきちんと目を向けなければいけませんね!

古田さん
はい!もっとも重要なポイントになります。器の性能が高い住宅のメリットってなんだかわかりますか?

えっと、さきほどお話に出てきた、夏は涼しく冬は暖かいというやつでしょうか?

古田さん
もちろんそれも含まれるのですが。

さっき「家を長く保つためには・・・」とおっしゃってましたが、住まい手のみなさんにも健康に長生きしていただかないといけないですよね。

た、たしかにー!

古田さん
器の性能が高い住宅のメリットは、ズバリこちらです。
健康状態の改善
戸建て住宅で現在の省エネルギー基準(平成11年基準)を満たす住宅に住み替えた居住者の各種疾病にかかっている人の割合が改善されることを示しています。

●アレルギー性鼻炎
●アレルギー性結膜炎
●アトピー性皮膚炎
●気管支喘息

・・・etc.

ええーっ、すごい。

生活のほとんどの時間を過ごす家だからこそ、室内環境は健康のウェイトを占めているわけですね。

そういえば、病気とはまた違いますが、よく冬場にヒートショックというワードを耳にします。これも室内環境と関係が?

古田さん
はい、大アリです。

うぉ、びっくりした。

古田さん
家庭内事故で亡くなる方は、交通事故で亡くなる方の約3.8倍。その原因のほとんどが、ヒートショックといわれています。
ヒートショックとは
急激な温度差が体に及ぼす影響のこと。急激な温度差によって血圧が上がり脈拍が早くなったり、心臓に負担がかかる。

断熱性・気密性の高い住宅は、健康面での不安も少ないということですね!

床下や基礎部の断熱性を高めればさらに万全さ!

ところで、“省エネ住宅”って基準があるものなんですか?

古田さん
はい、「省エネ指数」という数値で表すことができます。2020年には義務化される予定だったのですが、適合義務化延期になりました。工務店さんの省エネに対する習熟度や一般的な認知度の低さなど、課題が多かったことが原因です。環境や健康を含めたのちのちの生活のためにも、私たちがみなさまにコツコツと大切さをお伝えしていきたいですね。
冷暖房効果をカットすることで、環境エネルギーの消費量をおさえようという取り組みだけど、まだまだ一般化するには長い道のりか。

これからの時代になくてはならない大切なことなので、皆さんで考えていきたいですね。

 

本当に、職人さんたちは良い仕事をされているんだなあ。お疲れ様です!

がんばってください!

それにしても重機カッコいいな。

とにかく真面目、とにかく真摯。

建築と丁寧に向き合う職人さんたちのテシゴトは、暮らしの快適さをつくるだけでなく環境にも貢献しているのでした。

 

家を引き渡してからが本当の家づくりのスタート

完成はいわばスタート地点にすぎません。住んでから本番よ!

家を建てるまでが、家づくりのゴールではありません。

住まい手に引き渡してからが本当のスタート。

As designでは、安心の『家価値60年サポート』をはじめ、数々の保証サービスを実施しています。

・長期修繕(メンテナンス)計画作成サービス
・住宅履歴管理・報告
・定期点検、報告(3ヶ月・1年・3年・5年・10年)
・防蟻工事&防蟻保証 5年

and more…

これなら安心してお任せできますね。

毎日が楽しくなる家づくりのパートナーとして、As designにご相談してみてはいかがでしょうか?

As designのコトをもっと知りたいかたは

As design住宅の魅力、おわかりいただけたでしょうか。

しかし、この記事や公式サイトを見るだけではなく、実際に足を運んでみられることをオススメします。

建築の技術が結集したとってもオシャレな空間を、ぜひのぞいてみて下さいね♪

As design 株式会社
所在地長崎県佐世保市谷郷町1-24[地図]
電話0956-80-3653
事業内容新築建築工事の請負及び設計・管理
web As design

WRITERこの記事をかいた人

PKやまもと

関心ごとはグルメ・アート・音楽・演劇・イベント・B級スポット・読書・させぼの歴史などなどです。猫への愛が止まりません。