ハイレベルなデザイン・アート性を誇る『As design』住宅の住み心地がとんでもなく快適なワケ

アズデザイン

※この記事は[As design株式会社]の提供です

『As design』住宅の住み心地が快適なワケ|As design株式会社

そろそろ夢のマイホームがほしい。
アズデザイン
家族のこだわりをふんだんに詰め込んで、最高の暮らしをゲットしたい。
でも、たくさんある建築会社のなかからどこを選んでいいのかわからない・・・。

と思いつつ、家づくり雑誌を手に取ろうとしているそこのアナタ。

そこに、あなたの求めている答えは、ないかもしれません。

なぜなら、あなたはきっと特別なこだわりをお持ちで、とにかく“平凡なおうちはイヤ!”なのではないでしょうか。

SNSなどの普及で、だれもが自由に自分自身の生活を表現し、デザインできるようになった時代。

夢のマイホームだって、自分でデザインできちゃうのです!

それを叶えてくれるのが、『As design(アズデザイン)』が手掛ける住宅。

きっとこの中に、あなたが求めている『答え』があるはずですよ。

アトリエ建築家があなたのライフスタイルをデザイン

アート的視点を取り入れた、ハイレベルなデザイン性を誇るAs design住宅。

シンプルかつスタイリッシュでありながら、周囲と溶け込むよう洗練されたデザインが魅力的ですね。

この会社では、一級建築士や工務担当のほか、現代画家やアパレルショップオーナー、パン教室の講師など多彩なメンバーが家づくりに携わっています。

▼個性豊かな皆さん、代表の古田さんのポリシーがわかるこちらの記事でもご紹介してます!▼

あなたにルールはありますか?整えるひと。As design-アズデザイン-「古田 明子」の7つのルール

2019.02.22

そのなかでもカギを握るのは、アトリエ建築家。住宅建築のデザインを専門にしている建築家のことで、工務店やハウスメーカーに属さない独立系の一級建築士のことを指します。

As designでは、一戸建て住宅を専門としているアトリエ建築家さんが家づくりに参加。
アズデザイン

ロケーション・敷地調査からの構想をもとに、土地(敷地)を最大限に活かしてくれることに加え、住まい手の家族構成や生活習慣、趣味や価値観といった、現在のライフスタイルをしっかりリスニングし、将来を見据えた柔軟性のあるデザインを提供してくれるのです。

だから、As designの家は、一棟として同じ間取りがありません

1人1人の個性と同じですね。

「和室は必要?」「子供部屋は何部屋?」といった、パターンにあてはめた提案は行いません。

なぜなら、理想の暮らしのプロというのは、住まい手であるあなた自身。

As designが行うのは、あなたが思い描く理想の暮らしを引き出すためのお手伝いなのです。
アズデザイン

大切なのは快適な住み心地、室内環境と安全性

As designが家づくりで大切にしているのは、“快適な住み心地”。そして“室内環境”と“安全性”です。
アズデザイン 玄関

そもそも快適な住み心地って?人それぞれでしょ?とピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。

まず、生活の快適性は、室温が大きく関わっているそうです。
アズデザイン
シンプルなお話ですが、夏の暑さや冬の寒さに影響を受けないことって、とても理想的ですよね。

エアコンも必要がないくらい、快適に過ごすことができたなら。

カラダにも家計にも限りなく優しいのです。

As designが最も重要だと考えているのが、『高気密・高断熱住宅』だということ。

住宅の気密性を表すC値(相当すき間面積)では1未満という高気密。

さらに、断熱性能はZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の基準以下のUA値0.55前後という、安心で住みやすい性能を備えた家づくりを提案しているのです。

どんな住宅かというと、

●省エネルギーで、冬は暖かく夏は涼しく快適
●部屋間の温度差が少ない(ヒートショックが起きにくい)
●疾病割合が下がる
●結露やコールドドラフトが起きにくい
●カビやダニが発生しにくく、花粉・じん埃が侵入しにくい
●防音効果が高い
といった特徴があります。

天の声
「コールドドラフト」とは、冬に暖房をつけているときに、外壁面やガラス面で冷やされた空気が流れることです。これにより温度差が発生するので、不快さを感じたり体調を崩したりといった原因になってしまいます。

なるほど、ご説明有難うございます。

・・・ん?どこからか声が・・・。

 

次に大切なのは、地震などによる災害から守ってくれるための安全性

これからの時代、いつなにが起こるか。

要は、頑丈で長持ちする家ということですね。

地震大国日本と言われて久しいですが、ここ佐世保でも、万が一の備えとして耐震構造などが見直されています。

As designでは、耐震性の確保のため、木造2階建ての建築では義務付けがされていない構造計算を全棟行っています。

耐震等級は3を保証。耐震性の強さを3段階で示す判断基準のうち、木造では最高クラスを誇るんですって!

天の声
わかりやすく言うと、震度6強~7の地震でも、軽い補修程度で住み続けられるレベルということですね。

へぇ~。

・・・あれ、また聞き覚えのある声が!

ところで、そんなステキなおうちって、いったいどうやって造られているんでしょうか?


天の声
実際にその目で、確かめてみてください・・・

あれれ、またまた誰かが頭の中でささやいている!

なぜだろう、ものすごく現場に行かなきゃいけない気がします。

 

というわけで、いま建築中のAs designの現場に、ちょっとだけお邪魔してみました。

詳しくは次のページで〜!(※次のページボタンを押してください)

As design 株式会社
所在地長崎県佐世保市谷郷町1-24[地図]
電話0956-80-3653
事業内容新築建築工事の請負及び設計・管理
web As design

WRITERこの記事をかいた人

PKやまもと

関心ごとはグルメ・アート・音楽・演劇・イベント・B級スポット・読書・させぼの歴史などなどです。猫への愛が止まりません。