こんな働き方もできる!させぼ通信が2030年に向けて取組んでいるSDGsと女性(ママ)が嬉しい働き方についてご紹介〜

みなさんこんにちは。2030年には、48歳のアラフィフになるフジムラです。今は、人生100年時代なので2030年でもまだ半分。人生って長いですね〜。

フジムラ

新元号「令和」が発表されましたね。「昭和レトロ」という言葉があるように、「平成」も懐かしい雰囲気の代名詞になる日もそう遠くはないでしょう。

さて、いつもはグルメやイベント、など地元の情報を紹介しているさせぼ通信ですが、今回はちょっと趣向を変えています。

させぼ通信の働き方とさせぼ通信を運営するFRIMEが取り組んでいる「SDGs」について知ってもらいたくこの場をお借りしました。興味のある方だけ読み進めてくださいね〜。

させぼ通信は「SDGs」を始めているよ

まずは働き方の紹介の前に、SDGsについてお話ししたいと思います。SDGsって何?って感じですよね。

2020年の東京オリンピックでも取り組まれるようですね。 オリンピック・パラリンピックと持続可能性

実は大人の私たちよりも高校生や大学生のほうが知っているかもしれません。授業の中で紹介されている小学校もあるみたいですよ。

SDGsってなに?

エス・ディー・ジー・ズって読みます。「持続可能な開発目標」という意味の英語の頭文字をとった言葉です。

2015年に国連サミットで採択された、2030年までにこんな方向性で行こうよ!未来の世界を現在より良くしていこう!っていう国際社会全体で決めた目標なんです。

これから日本は人口減っていきますけど、地球規模ではどんどん増えていくと予想されていて、そのまま人口増加してしまうと今まで以上に様々な問題が起こると予想されています。

なので、まずは今、国際社会が抱えている、貧困やエネルギー問題、経済成長・雇用、気候変動などの課題に向き合い、2030年までに社会の課題を解決に向けた取り組みをすることで、その後も持続可能な国際社会の実現を目指していこう、というわけなんです。

なんで始めるの?

SDGsを知った時、させぼ通信の目標に多く当てはまることがあると感じたからと、単純に世界を良くしていくために地域の情報発信している私たちが率先してやらなきゃ!と感じたからです。

させぼ通信(FRIME)が取り組む目標はこれだ!

させぼ通信を運営している株式会社FRIMEはSDGsのなかで以下の目標にそった取り組みを実行しています!一つ一つご紹介〜。

4.質の高い教育をみんなに

4.質の高い教育をみんなに
新しい技術、将来役に立つスキルを仕事を楽しみながら身につける。そんな職場を目指しています。

副業は本人のスキルアップ・成長になるのでもちろんOKです。

5.ジェンタ―平等を実現しよう

5.ジェンダー平等を実現しよう
させぼ通信を運営しているメインのメンバーは女性です。すでに女性が活躍していますが、もっと活躍できる場を増やし、能力を備えた女性リーダーを地域に多く輩出できる組織にしたいなと思います。

また、子育てが働き続けられない理由にならないよう、ICTの活用、環境整備を行い、在宅ワークやカンガルー出勤・子連れ出勤をさらに進めていきます。

8.働きがいも経済成長も

8.働きがいも経済成長も
だれでも働きがいのある仕事をしたいですよね。人には得意不得意があるのを組織として受け入れ、その人の能力に応じた仕事を生み出す風土づくりを大切にしていきます。

そして、地元の文化・地域産品を恒久的なものにすること、地域の観光を促進するためのいろんなアイデアをこれから実現していきますので、乞うご期待!

10.人と国の不平等をなくそう

10.人と国の不平等をなくそう
性別関係なく、年齢関係なく、人種も、障がいも関係なく、平等な社会になるっていいことですよね。

ダイバーシティですよねこれからの時代。いろいろな人と仕事をしていきたいですね。

11.住み続けられるまちづくりを

11.住み続けられるまちづくりを
地域の情報発信をすることで、地元の人や観光客を地域サービスにつなげる役割になりたいと、させぼ通信をはじめました。

これからも地域の情報をもっともっとインターネット上に配信していきます。

17.パートナーシップで目標を達成しよう

17.パートナーシップで目標を達成しよう
させぼ通信だけではできることは少ないと思っています。スタッフが何人いようと1社だけで奮闘しても大きなインパクトにはなりません。

地域の企業と一緒になって課題に取り組むことが地域社会に良い影響を与えることができます。

私たちは、長く付き合っていただける企業様をパートナーと呼ぶようにしています。

具体的な自社での取り組み

目標の中でも働き方に関する取組みについて一部ご紹介しちゃいます!

カンガルー出勤・子連れ出勤


預けられないときや春休みなどの大型連休などには子どもを連れてきてもいいルールとしています。子どもを寝かしつけながら、遊ばせながら、宿題をさせながら、横で親は仕事をする。ときには一緒にお菓子を食べながら。子どもが職場にいることで会社も明るくなります。

出勤できない人とビデオ会議


出勤できる人だけが仕事をする、ではなく、色々な状況であってもだれでもどこでも仕事ができるような働き方を取り入れています。出勤できない状況でも、テレワークを希望するスタッフがいても業務を進めていくために便利な時代になりましたね。

情報共有ツール

仕事の生産性を高めるために活用しているサービスを一部をご紹介します。

GoogleDriveによるフォルダファイル管理


基本的なファイルはgoogledriveにて作成し、共有フォルダ内で管理しています。ファイルを共有することで不要な複製を防ぎ、無駄なデータをなくします。権限によるアクセスコントロールを行い情報の管理ができています。

GoogleCalenderで予定管理


業務の予定をカレンダーで共有しています。業務の予定に限らず、休みや私用で抜ける時間も共有することで、業務の振り分け方をチーム内で考えることができます。

Chatworkで日報・業務連絡


業務の報告や連絡事項はグループで共有し、対応できる人がリアクションして業務を遂行していきます。休みの日はグループでのやりとりをスルーしてもいいルールとすることでストレスを少なくしています。

こんな感じで業務の効率化を考えて便利なツールを導入するだけで、働きやすい環境ができ、結果的にスタッフみんなに喜んでもらえる職場になってきました。

ですが、会社でも自宅でも仕事ができる環境の構築はまだ始まったばかり。これからも、働きやすい環境になるもっといいツールないかな?という意識で新しいサービスを探して導入していきたいと思います。

お知らせ&アンケートにご協力ください!

いかがでしたでしょうか。させぼ通信が取組んでいることがなにか地域の企業や人に参考にしていただければ幸いです。

ちょっと長かったですけど、最後まで読んでいただきありがとうございました。これからも色々な取り組み、情報発信していきますね。

最後になりますが

一番下に、アンケートにご協力をお願いします。いろいろな声を聞いて、より良い地域づくりをしていきたいと思います。そしてもう一つ、、、
させぼ通信はママのプロジェクトメンバーを募集します!

プロジェクトメンバーってどんなことするの?といいますと、

させぼママプロジェクト
地元企業とのママ向け商品開発(衣食住に関するサービス)プロジェクトのときのアンケートやヒアリング、意見出し、などママならではのアイデアを形にしていくプロジェクトです。困っているママ、これからのママのためになる商品を一緒に作っていきましょう!
させぼママライフワーク(仮)
地元のママが子育てや育児で忙しい中でも、空いた時間を有効に使えるように、させぼ通信や地元企業と一緒になってママでもできるお仕事を作っていくプロジェクトです。登録していただいたママに簡単で短時間のものから、お仕事を依頼できる仕組みを作っています!

させぼ通信と一緒に様々なプロジェクトに参画したい、意見言ってみたいという方、また、させぼ通信を運営するFRIMEでお仕事してみたい、働きたい、興味があるという方、単純にさせぼ通信に物申したい方、下のフォームからアンケート&応募してください〜たくさんのご意見待っています!


WRITERこの記事をかいた人

佐世保生まれ佐世保育ち。 世知原茶と九十九島とらふぐと赤マテ貝をこよなく愛するマン。佐世保をものすっごっくオモシロイところにしたいと絶賛妄想中。そんな仲間も募集中!どこからか連絡くださいね!