歴史ある長崎市の街並みをあじさいが彩る『ながさき紫陽花(おたくさ)まつり』【期間限定さるくも開催】

画像提供:ながさき旅ネット

ながさき紫陽花(おたくさ)まつり

こんにちは、PKやまもとです。

もうすぐ梅雨の季節がやってきますね~。

ちょっぴりゆううつな季節ではありますが、そんな梅雨に鮮やかに咲き誇り、わたしたちの目を楽しませてくれるお花があります。

そう、紫陽花(あじさい)です!

画像提供:ながさき旅ネット

ピンクやブルー、紫といったグラデーションを見ていると、気持ちがなんだか穏やかになりますよね。

派手さはあまりないものの、とても美しく気品のあるたたずまいが魅力的です。

そんな紫陽花が長崎市の街中をうめつくす恒例イベント『ながさき紫陽花(おたくさ)まつり』が、5月25日(土)~6月16日(日)に開催されますよ。

出島の商館医シーボルトが、この地で出会った最愛の女性『お滝さん』にちなんで“おたくさ”と名付けたことでも有名なあじさい。

『イネ』という娘をもうけながら、国外追放による30年間の苦難を経て再会したという二人の愛のあかしでもある花なんですね~。とってもドラマチック。

かつて貿易で栄え、さまざまな文化が往来した街並みは、まるでシーボルトとお滝さんの足跡を示すかのように、あじさいで彩られます。

 

市内4ヶ所を中心にあじさいが楽しめます

今年は、19種類約3000株のあじさいが長崎市内の各所(中島川周辺・シーボルト記念館・出島・グラバー園など)に咲き誇ります。
※関連資料はこちらから ダウンロード

期間限定イベント

☆シーボルト記念館☆
企画展『シーボルトとオタクサ』が6月9日(日)まで開催中(祝日をのぞく月曜は休館)。

シーボルトが帰国後に発表した『日本植物誌』をはじめ、彼とあじさいにまつわる資料が展示されています。

☆新大工町☆
古くから続く市場で賑わう新大工町商店街では、イベント期間に合わせて『味彩(あじさい)まつり』が開催されます。

あじさいにちなんだ期間限定のお菓子やお総菜などが味わえます。

シーボルト記念館を見学した帰りに立ち寄ってみてはいかが~。

★眼鏡橋周辺★
あじさいの即売会が5月25日(土)・26日(日)10:00~16:00に開催されます。

生産者によるあじさいのお手入れ相談(無料)もあり。

☆グラバー園☆

画像提供:ながさき旅ネット

イベント期間中5月25日(土)~6月16日(日)の毎週金曜・土曜日限定で、夜間開園『NIGHT GLOVER GARDEN』を実施

この日は、開園時間が21:00までとなります(最終入園受付は20分前)。

あじさいが咲き誇るグラバー園内を柔らかな灯りが包み、より異国情緒あふれる景色が楽しめます。

完全予約制さるくも

『ながさき紫陽花(おたくさ)まつり』期間中は、完全予約制のガイド付きイベント『ながさき紫陽花さるく』が開催されます。

シーボルトとお滝さんの愛と再会の奇跡を、長崎を知り尽くした地元ガイドが各所をめぐりながら紹介します。

・『ながさき紫陽花さるくⅠ シーボルトと愛のお滝さん花~眼鏡橋渡って、興福寺へ~』

画像提供:ながさき旅ネット

長崎市の花「あじさい」が咲く中島川一帯を散策します。最後は興福寺内の美しいあじさいを鑑賞します。

開催日5月25日(土)~6月16日(日)
コース出島表門橋公園→楠本イネ宅跡→銅座跡→旧柳通り(ベルナード観光通り)→アルコア中通り→袋橋→眼鏡橋→興福寺(拝観料込)
集合場所出島表門橋公園(史跡「出島」表門橋付近)[地図]

※出発10分前までに集合

所要時間約120分(9:30~17:00の間で好きな時間を選択)
参加料中学生以上:1200円/小学生600円/未就学児無料
(ガイド料・保険料・興福寺拝観料・お土産つき)※1名のみでの参加は1000円追加。
※小学生以下は保護者同伴
定員1グループ10名

・『ながさき紫陽花さるくⅡ シーボルトの寄り道~あじさいの里 鳴滝散歩~』

画像提供:ながさき旅ネット

シーボルトの私塾「鳴滝塾」を訪ね、日本の近代化に果たした役割を学びます。

また、紫陽花に“おたくさ”と名付けた愛のエピソードなどから、その素顔にも迫ります。

開催日5月25日(土)~6月16日(日)
コース長崎市民会館(路面電車移動)→長崎街道ここに始まる碑→桜馬場天満宮→春徳寺→鳴滝岩→シーボルト宅跡→シーボルト記念館(入館料込)
集合場所長崎市民会館2階ロビー[地図] ※出発10分前までに集合
所要時間約120分(9:30~17:00の間で好きな時間を選択)
参加料中学生以上:1200円/小学生600円/未就学児無料
(ガイド料・保険料・シーボルト記念館入館料料・お土産つき)※さるくⅡのみ、路面電車での移動に別途運賃130円が必要
※1名のみでの参加は1000円追加。
※小学生以下は保護者同伴
定員1グループ10名

いずれも事前申込が必要です。

長崎の歴史に詳しいガイドさんの紹介を聴きながら街を巡れば、より一層深みのある景色に見えること間違いナシですよ~。

 

紫陽花まつり限定『そっぷ』が味わえる

画像提供:ながさき旅ネット

長崎市ご当地グルメの期間限定バージョンも要チェック!

「そっぷ」とは、オランダ語でスープのこと。

鎖国時代、オランダ人が食べていたそっぷ(スープ)を、長崎の魚を使って現代風にアレンジしたものが新しいご当地グルメ『長崎そっぷ』です。

『ながさき紫陽花まつり』期間中は、市内各所の飲食店で、あじさいをイメージした期間限定の『長崎そっぷ』を味わうことができます。

長崎の美味しい魚を新感覚で味わうことができるこの機会をお見逃しなく!

詳しくはこちら→ 長崎市公式サイト

 

あちこちに咲く美しいあじさいを眺めながら、歴史のあしあとが残る街並みを散策してみるのも、素敵な梅雨の過ごしかたですね。

ちょっと足を延ばして、期間限定の景色とグルメを味わってみてはいかがでしょう。

 

初夏の風物詩を楽しんで

夏の到来を伝える、この時期にしか楽しめない景色を楽しみましょう!

全国ニュースでも話題に!江迎町の寿福寺で『逆さ新緑』が公開!絵のような初夏の景色をながめてみよう

2019.05.08

換えまっしょいでお馴染みの初夏の風物詩!『早岐茶市』が今年も開催するよ~!

2019.05.06

 

 

ながさき紫陽花(おたくさ)まつり
開催日5月25日(土)~6月16日(日)
会場
  • シーボルト記念館(長崎市鳴滝2丁目7-40)[地図]
  • 中島川公園(長崎市築町6-100)[地図]
  • 出島(長崎市出島町6-1)[地図]
  • グラバー園(長崎市南山手町8-1)[地図]
問合せ電話:095-822-8888
web ながさき紫陽花まつり(ながさき旅ネット内)

WRITERこの記事をかいた人

ヤマモトチヒロ

関心ごとはグルメ・アート・音楽・演劇・イベント・B級スポット・読書・させぼの歴史などなどです。猫への愛が止まりません。