Taxi! 的士! 택시!第一交通のタクシーは通訳を介してのご利用も可能に!

タクシー

長崎第一交通グループ 多言語通訳システム

タクシーの運転手の方と雑談してたら、天気予報見る必要ない位詳しくなっちゃう説を提唱しております、のぶと申します。「明後日からまた雨のごたっですけどねぇ〜」といつも教えて貰っています。

日本語を話さなくてもタクシーを呼べる!

長崎第一交通グループでは、2018年9月14日から、佐世保地区で多言語(15ヶ国)通訳システムを導入されているそうです。タクシーの予約や配車をする際などに、希望する人は、無料で通訳サービスが受けられるんですって。英語は勿論のこと、中国語、韓国語、フィリピンのタガログ語なんかもOK。しかも24時間365日。ほぉ〜こりゃ便利。

流れとしては、

  1. 電話(0956-48-7191)をかけ、担当者に通訳サービスが必要な事と、何の言語の通訳が必要かを伝える
  2. 通訳に電話を転送してもらい、要望を伝える
  3. 担当者が通訳してもらった要望を聞き、対応する

という感じなようです。これなら何も心配せずタクシー呼べますね!

外国人が困る言葉の壁

我々日本人は、当然ながら自分達でタクシーを手配できますし、そこに何の不自由もありません。
ですが外国の方は、呼びたい場所や行き先を上手く説明しづらい時、大体の運賃なんかを知りたい時など、きっと大小様々な場面で言葉の壁が立ちはだかります。

そうした悩みを解消する、非常に便利なサービスが、佐世保のタクシー業界にはあるのです。

また一つ佐世保が便利になった

米軍基地や有名な観光地がある佐世保市には、日本語が母国語でない方が沢山います。言語の壁を取り払い、どんな人にもウェルカムな街であってほしいし、より多くの人に「明後日からまた雨のごたっですけどねぇ〜」って教えてあげて欲しい。

書いてて思いましたが、”長崎は今日も雨だった”と”明後日からまた雨のごた”は語感も意味合いも似ていますね。はい、そんな秘めたる想いを胸に、今回タクシーのお話をしました。

皆さんには、直接は関係ない話題かもしれませんが、もし身近で、タクシー呼びたいけど困ってるって外国の方がいたら、第一交通さんを紹介してあげてくださいね〜。

長崎第一交通グループ 佐世保地区総合配車センター
電話0956-48-7191
時間24時間365日対応
web長崎第一交通グループHP

タクシー

WRITERこの記事をかいた人

のぶ

佐世保生まれ佐世保育ち佐世保住まい。この街をより面白く、より魅力的にしていくために今日もどら焼きを食べるが、ついぞ便利な道具は出せなかった。英語が少しできると思い込んでいる。