『佐世保でやさしい日本語~繋がるコミュニケーション~』開催!「やさしい日本語」を学んで留学生と話してみよう!

佐世保でやさしい日本語

『佐世保でやさしい日本語~繋がるコミュニケーション~』

みなさんこんにちは。
佐世保にきて13年目の望月アーモンドです。

このまえ「だらしか」という佐世保弁をきいて衝撃を受けました。まだまだ佐世保弁の勉強不足を感じている今日この頃です。

佐世保にきて間もない頃の話ですが、「やぐらしか」の意味がわかりませんでした。
あるご婦人に意味を尋ねると「やぐらしい、という意味よ」と答えてくれました。

それ以上聞けませんでした…。

また、旅先でアメリカ人に「O.K.」の意味をきいたこともあります。
「O-K-A-Yだよ」と答えてくれました。

さっぱりわかりませんでした。

言葉を説明するって難しいものですね。

ところで、困っている外国人に出会うことがありませんか?助けたいけど、どう話しかけたらいいかわからず、
「英語しゃべれんけん、どがんしよう…」
「中国語だ…でもあれは広東語だ…」
と、結局なにもできないまま、もやもや…もぞもぞ…もじもじ…

そんなあなたに朗報です。
外国語がしゃべれなくてもコミュニケーションをとれる方法があることを知ってほしいのです。

それが今回紹介するイベントです!
佐世保でやさしい日本語チラシ
開催日 2019年10月6日(日)13:00~16:00
開催場所 アルカス佐世保イベントホール

どんな人に来てほしいイベントかというと…

  • 会社で外国人を雇うときにコミュニケ―ションの不安がある
  • 病院に外国人の患者さんが来て説明に困っている
  • 近所に外国人が住んでいる
  • 施設やお店のサービスを伝えたい

などなど、外国人とすでに関わっている方、これから関わる可能性が高い方には是非参加してほしいイベントです。
日本語しかしゃべれない!そういうあなたにこそ来てほしいイベントです。

イベント名にもあるように、外国人とのコミュニケーションのためにカギとなるのが「やさしい日本語」です。

「やさしい日本語」とは?

「やさしい日本語」とは、「日本に住んでいる外国人にも理解しやすい日本語」のこと。
つまり「優しい」&「易しい」日本語ということですね。

1995年の阪神淡路大震災の折、外国人の人々が日本語がわからず、必要な情報を受け取ることができませんでした。これを背景に、災害時にも外国人が理解できる有効な日本語が考え出されました。

「やさしい日本語」は災害時のみならず、普段の生活にも使える「共通言語」として、行政や地域社会などで活用され始めています。

今回のイベントの背景にも、沢山の外国人が今後佐世保に移住することが予想されているからなんです。特に中国、ベトナムなどのアジアからの移住者が増加することが見込まれています。

佐世保市の在住外国人は、外国人のうち最も割合の高かった国・地域は中国・台湾で、全体の25.8%(463人)、次いでフィリピン18.7%(335人)、韓国・朝鮮の17.0%(304人)、ベトナム12.7%(228人)、アメリカ11.4%(205人)となっています。
留学生は中国(香港・台湾含む)の227人(44.6%)が最も多く、次いでベトナム95人(18.7%)、韓国65人(12.8%)、ネパール60人(11.8%)、ミャンマー24人(4.7%)、フィリピン23人(4.5%)と東南アジアからの留学生が約4割を占めています。(平成30年度末)
佐世保市ホームページ統計資料より

佐世保に来る外国人がみな英語を話せるともいえませんし、多言語翻訳では賄いきれません。そこで考えられたのが「やさしい日本語」なのです。

さて、「やさしい日本語」。例をあげて説明しましょう。
みなさんは気づいていましたか?佐世保市の防災行政無線放送が「やさしい日本語」なんです。では聞いてみましょう…

「やさしい日本語」使用の場合
こちらは、防災佐世保市です。
この地域にたくさんの雨が降りました。
●●川から水があふれるかもしれません。
安全な場所に逃げてください。
これは避難勧告の発令です
ちなみに、やさしい日本語未使用の場合は…
「やさしい日本語」未使用の場合
こちらは防災佐世保市です
○○川の水位が、避難判断水位を超えたことに伴い、避難勧告を発令しました。
沿岸の住民は直ちに避難場所へ避難してください

どうですか?どちらが聞いてわかりやすいですか?

このやさしい日本語での無線に切り替えて、「とても聞きやすくなった」と市民の声が届いているそうです。
外国人だけでなく、小さな子供や、お年寄り、また障害をもった方にもわかりやすいのが「やさしい日本語」なんですね。

「土足厳禁」どう変換しますか?

先ほどの防災無線のように、身近な言葉で「やさしい日本語」を考えてみましょう。

「土足厳禁」…どういえば伝わりやすいでしょう?

今回のイベントでは、講演会と一緒にこのような身近にある日本語で「やさしい日本語」で考えるワークショップもおこなわれますよ。

みんなで学びながら「やさしい日本語」が身につくプログラムになってます。

プログラム
1 講演「多文化共生について」13:00~
 「やさしい日本語」に大切な異文化理解。自分と相手の「違い」についての考え方を学びます

2 異文化体験ゲーム
 知らず知らずのうちに自分が今まで身に着けていた「常識」「ルール」が通用しない異文化におかれた時、どのように対処していくのか簡単なトランプのシミュレーション・ゲームを通して疑似体験します

3 講演「やさしい日本語について」14:00~
 多文化共生と異文化への理解が進んできたところで「やさしい日本語」について学びます

4 ワークショップ「実践!やさしい日本語」15:00~
 外国人留学生にグループに参加してもらい、図形当てゲームや、日常使う言葉を「やさしい日本語」に置き換えて伝えるなど、実践型のワークショップで「やさしい日本語」の考え方を身につけます

プログラムが終わるころには「やさしい日本語」マスターに近づいていそうですね。

あなたも「やさしい日本語」を話せる「やさしい佐世保人」に

このイベントには、外国人を地域コミュニティーの中に受け入れ、市民が外国人と、どんどんコミュニケーションをとっていけるグローバルな街に佐世保をしていきたいという思いが込められています。

それに、外国人にとってわかりやすい日本語は、子どもやお年寄り、障害者にもわかりやすいというメリットがあります。

佐世保弁も文化として育てつつ、「やさしい日本語」を活用して、あらゆる人が平等に心地よく住み続けられる佐世保のまちをみんなで作っていきたいですね。

参加には申し込みが必要です。以下の3つがあります。
【お申し込み方法】
●お申し込みフォーム: コチラから
●電話:0956-22-2483「やさしい日本語への申込み」とお伝えください
●FAX: チラシ裏面に必要事項を記入の上0956-22-5303まで送信ください

締め切りは2019年9月30日まで。是非ご参加くださいね~。

行楽シーズン到来!秋は楽しいこといっぱいだよ~

佐世保でやさしい日本語~繋がるコミュニケーション~
会場アルカス佐世保 イベントホール [地図]
時間13:00〜16:00(開場12:30~)
入場料無料(要申し込み)2019年9月30日まで
問合せ電話:0956-22-2483
web 一般社団法人 佐世保青年会議所 研修国際委員会
一般社団法人 佐世保青年会議所

WRITERこの記事をかいた人

望月アーモンド

こんにちは!丸顔主婦、望月アーモンドです。好きなものは、音楽、映画、読書、絵本、料理、エコなど。最近のマイブームは宇宙と岡崎体育。