YC1系車両が展示!させぼ公共交通ふれあいフェスティバル(市営バスは今年最後)

第8回 させぼ公共交通ふれあいフェスタ

好きな駅はスイッチバック運転が見られる早岐駅、好きなバス停名は佐世保市営バスの「鯛の前(船越町)」PKやまもとです。

スイッチバック運転ってあれですよ、方向転換するやつ。

けっこう珍しいよねと思っていたんだけど、他県の人からよく言われるのは「座席の向き変えないってウケるんですけどw」というセリフ。

みんな後ろ向きのまま発車しちゃう光景のほうがインパクトがあるみたい。

だって早岐駅→佐世保駅って距離短いじゃないすか…。いいじゃん、ねえ。

話がそれました。

11月17日(土)に「第8回 させぼ公共交通ふれあいフェスタ」が開催されるというのを小耳に挟んだんですよ。


電車とバスに、ふれあえる、まつり!
(そのまんま)

とってもワクワクしたので皆さんにもお伝えしま〜す!

乗りもの好きには鼻血モノな内容!?


あくまでファミリー向けのライトなイベントですね。

しかしここ数年「鉄オタ」「撮り鉄」なんてワードを耳にするようになってから思うのは、実は、結構ディープなイベントなんじゃないでしょーかと。

そんな大人から子どもまで楽しめるコンテンツの一部をご紹介(ぜ~んぶ無料)!

JR九州
・ミニ「或る列車」に乗ろう!(10:30~14:00)
・きっぷ販売体験、こども制服試着体験など(9:30~14:00)
松浦鉄道
・MR佐々駅車両基地見学(9:10~11:39)先着30名
・マックスくんと行く無料乗車体験(12:12~13:16)親子先着15組
西肥バス
・貸し切りバス試乗会(11:00~/13:20~)各回先着40名
・西肥バスの運転席体験(9:00~14:00)
市営バス
・駅前営業所見学(10:00~/12:20~)親子各10組

ほかにも「かえっこバザール(10:00~)」や佐世保市内・佐々町内共通1日乗車券(17日のみ有効)の販売もありますよ。う~んボリューミー。

先着順のものは駅前ひろばにて9:00から受付開始だよ。おはやめにGOGO~

次世代の「YC1系車両」が展示されるよ!

画像提供:JR九州長崎支社

このイベントにあわせて、佐世保駅構内では新型車両「YC1系車両」が展示されるぞ~!

JR九州初のシステムを搭載した「蓄電池搭載型ディーゼルエレクトリック車両」なんですって~

JR九州が「(非電化区間における)次世代車両」として2018年1月26日に発表した、JR九州では初となるディーゼル・エレクトリック方式による畜電池搭載形のハイブリッド気動車。

「YC」は821系とともにコンセプトとしている「さしくて持ちの鉄道車両」から取られた「YASASHIKUTE CHIKARAMOCHI」の略になっている。

ウィキペディアより引用

やさしくて力持ち…。日本語由来のネーミングなんですね。

展示場所は佐世保駅6番のりばで時間は9:15~14:00まで。

ホームへは入場券が必要なので、券売機での購入を(大人160円、小人80円)。

これはなかなかお目にかかれない機会かも。デザインはもちろん、最新技術が駆使されたハイブリッド車両ならではの構造にも注目ですね。

カメラをひっさげ突撃だ~!

ここだけでしか手に入らないアイテムも

会場ではバス・鉄道グッズの販売もあり。各社から個性的なアイテムが集結するというウワサ!

過去には時刻表や古いバス停の標柱、乗りものの部品といったマニア垂涎のアイテムが並んだことも。

思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれませんね。当日なにが並ぶかは、行ってみてからのお楽しみ~

市営バスは最後になっちゃうのかなァ…


みなさんちょっと気になってるかもしれませんが…。

92年の歴史があり、2019年3月で運行が廃止されるという佐世保市営バス。残念ながら今年で参加がラストなんだそうです。

佐世保の街を走る黄色い車体に、皆さんもいろんな思い出が詰まっているんでしょうね~

このイベントでぜひ、たくさんふれあってみてくださいね。

ファミリーはもちろん、乗りものファンのひとたちも11月17日(土)は佐世保駅前ひろばに集合だ!

第8回 させぼ公共交通ふれあいフェスタ
開催日時2018年11月17日(土)9:00~14:00
会場佐世保駅前ひろば(長崎県佐世保市三浦町21-1) [地図]
参加費無料
お問い合わせ0956-24-1111(佐世保市企画部地域交通課)
web 佐世保市役所
佐世保市役所

WRITERこの記事をかいた人

PKやまもと

関心ごとはグルメ・アート・音楽・演劇・イベント・B級スポット・読書・させぼの歴史などなどです。猫への愛が止まりません。