プログラミングが必修科目に!?一足早く体験してみよう!プログラミング・ものづくり体験イベント開催。

わくわくドキドキふしぎな理工系の世界!プログラミングと、ものづくりにチャレンジ!

こんにちは、ママライターのミッキーです。
プログラミングって最近よく耳にしませんか?実際どんなことをするんだろー?とかプログラミングに興味を持っているお母さん方必見!

2018年10月27日にプログラミングと、ものづくりが体験できるイベントが開催されるんです!

去年の様子はこちら 佐世保工業高等専門学校

そもそもプログラミングってなに?

プログラミングって、パソコンで記号やアルファベット(プログラム言語)を複雑に並べたりしてコンピュータプログラムを作ることでしょ、って頭に浮かぶ方も多いと思います。

しかし今の子供たちに必要とされているのは、プログラミングのスキルではなく、プログラミングの考え方やパターンなどのプログラミング的思考なんです。

プログラミング的思考っていうのは「課題を解決・目的を達成するまでの手順をあれこれ試行錯誤して、うまく解決できる筋道を考えていく論理的思考」のことなのです。

しかも、!2020年に必修科目になるっていうじゃない!

なぜ必修になるのでしょう?
それは今の小学生が社会に出る2030年はAIの技術が今よりもっと発展・導入されているでしょう。

そんな、これからの世界の変化についていくために、最も必要な力とされているのが「課題を見つけ、解決するための行動が出来る」力、いわゆるプログラミング的思考なのです。

この思考は今までの教育では培うことが難しいため、2020年からプログラミング教育が必修化となりました。学校ではパソコン上ではなく、算数や理科のあらゆる教科の中でプログラミング的思考を学んでいくことになります。

イベントではどんなことをするの?

イベントの内容はこんなことが学べる
★わくわくチャレンジ!★
 プログラミングでロボットを動かそう!

★ドキドキチャレンジ!★
 デンキパン!

★ふしぎチャレンジ!★
 光で伝わるオルゴールづくり♪

3つもチャレンジ出来ちゃうんですって〜!デンキパンってなんなんでしょうね??ビリビリきちゃったりするのかな?

プログラミングでは、ロボットを動かすなんて!楽しみながらプログラミングが勉強できそうですね〜!

2020年まで、あと1年!必修になる前に親子でプログラミングをすこ〜し触れてみてはいかがでしょう?

残念ながら、低学年の枠はうまってる様です・・・詳しくはお電話にて問い合わせてみてくださいね。

わくわくドキドキふしぎな理工系の世界!プログラミングと、ものづくりにチャレンジ!
日時2018年10月27日(土)10:00~12:30
材料費500円(当日徴収)
会場アルカスSASEBO2階「スピカ」 [地図]
対象/定員小学生の男女
1~2年生:20名、3~6年生:40名
申込電話番号0956-23-3828(スピカ窓口での申込みも可能)

WRITERこの記事をかいた人

ミッキー

おいしい たのしい ステキ!をいつも探しているミッキーです。 生まれ育ったこのさせぼの宝を発掘し、発信していきます。